梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年6月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2020/04/04 桜は満開
2020/04/03 家族も十人十色
2020/04/02 無観客の高座
2020/04/01 長期戦の覚悟
2020/03/31 春なのに・・・

直接移動: 20204 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2016/06/19(日) やっと、終わった「ホッ!」
 今朝は、見るべきテレビも無いので、9時前まで寝ました。嫁さんは9時過ぎに京セラドームへ嬉しそうに出掛けて行きました。「嵐」を観に行くとの事・・・撮り鉄仲間の三重K氏の娘さんと一緒だそうです。
 小梅と娘は昼前まで寝ていました。
 二人が起きて、朝昼兼用の食事・・・冷蔵庫に入っていたものを整理。
 それから、雨の降る中、衣装と鳴物、チラシなどを車に積み込んで13時前に小梅と出発・・・師匠宅に寄って奥さんにご挨拶をしてから会場へ向かいました。豪雨です。そう云えば、師匠春團治は雨男だったなぁ。水も滴る良い男です。
 さて、会場の住吉区民ホールは、準備の真っ只中・・・「三代目桂春団治師匠を囲む会」の役員の人達がやってくれています。
 今回の「ほろ酔い寄席」は「噺を聴いて師を偲ぶ会」として開催・・・15時開演で、最初に会長さんのご挨拶。師匠の奥さんも横に並ばれました。
 番組は「明ばん丁稚」小梅・「寄合酒」春雨・「寿限無」梅團治・「有馬小便」春若・「お玉牛」ざこば〜中入〜「代書屋」小春團治・「皿屋敷」春之輔・「南瓜屋政談」福團治。
 お客さんも満足とはいきませんが、そこそこ入ってくれたので「ホッ!」としたのか?・・・打ち上げ会場で、鼻血がタラタラ。この間の小梅と一緒やがな。まぁ、小梅の場合は鼻のほじり過ぎですけど。
 打ち上げにも参加してくれた、ざこば師匠は20時に帰られて、オヒラキは21時過ぎ。タクシーで春之輔師、それから福團治師、春若師と順番に・・・残ったメンバーで二次会。
 カウンターだけのスナックで、23時過ぎの電車で帰れる時間まで続きました。
 疲れと安心からか・・・帰宅したら、いつの間にか寝てました。

◎打ち上げ会場にまだ出演者だけしかいない時に小梅が撮影・・・役員さんはまだ会場の後片付けの最中◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.