梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年9月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2021/10/20 二年振りの公演がスタート
2021/10/18 ラッキーの連続
2021/10/17 120周年記念
2021/10/16 熟年の集い
2021/10/15 やっと動いたぁ!

直接移動: 202110 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2016/09/10(土) 満員御礼
 土曜日の朝も平日と同じパターン。
 ただ、娘が学校へ行った後、一時間ほど寝ました。
 それからは、パソコン作業の山・・・いつまで経っても終わりがありません。ボチボチ、今年の鉄道落語を書き始めないと間に合いません。ぼんやりと、構想だけは頭の中にあるんですけど。
 午後からは、今夜する噺を一回ずつ繰ってみました。二席とも最近、高座に掛けてません。
 小梅は我々よりも早めに繁昌亭へ向かいました。
 嫁さんと二人で15時過ぎに自宅を出発・・・16時半前に楽屋入り。間も無く、いなせ家半七師が楽屋入りしました。
 文鹿師、智丸君がお手伝いに来てくれてます。
 お客さんは、200名を超える大入満員・・・私と半七師共通の知人I氏が一生懸命に動いてくれて、知人・友人が大勢来てくれました。それに半七師が出た成蹊大学の落研OB・OGの皆さんも・・・中には、東京から来たという方も・・・ホンマに感謝です。
 番組は「犬の目」小梅・「教科書にかける情熱」半七・「ねずみ」梅團治〜中入〜「付き馬」半七・「野ざらし」梅團治でした。
 終演後は、近所の居酒屋で打ち上げ・・・参加者は50名。よく店内に入ったもんです。
 23時頃にオヒラキ・・・いやぁ、疲れました。ホッとしました。
 娘は学校から帰って来ると言っていたんですが・・・結局、留守番をしてました。
 帰ったら、バタンキュー。

◎今週から新しくなった繁昌亭の座席・・・少し広くなりました◎
 


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.