梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年7月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/08/09 自宅で過ごす
2020/08/08 赤字を回避
2020/08/07 さらば福岡
2020/08/06 福岡最終日
2020/08/05 豪華な旅

直接移動: 20208 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2017/07/30(日) 朝も夜も大盛況
 まだ、暗い内に目が覚めてしまいました。雷が鳴ってます。蒲団でゴロゴロ、ウトウト。
 7時に起きて、7時半に嫁さんと二人で朝食・・・豚饅と春雨スープ(かきたま)です。
 小梅がやって来てから、車に乗って嫁さんと二人で繁昌亭へ・・・阪和線は大雨で不通になってますが、今は晴れてます。
 繁昌亭に着いたのは、ジャスト9時・・・今日は10時からの朝席で、花團治師、春雨師、福車師、そして私の四人でやっている「花菱の会」。親子で楽しめる落語入門編という企画です。夏休みで家族連れの方も大勢来てくれて、一階席は満席という盛況。受付をしてくれた嫁さんは大忙し。
 番組は「田楽喰い」治門・「道具屋」梅團治・「饅頭怖い」花團治・「時うどん」福車・「金明竹」春雨で、11時半に終演。
 終演後、車屋さんへ直行・・・昨夜から急に助手席のドアが、内側から開き難くなったので直してもらいました。
 13時過ぎに帰宅して、パソコン作業・・・その頃、小梅は14時開演の「福矢・壱之輔・小梅の三人会」で、動楽亭へ行ってました。今回は、ネタおろしで「へっつい盗人」に挑戦・・・結果は如何に?「花菱の会」から「三人会」へハシゴしてくれた常連さんも数名います。お蔭様で「三人会」も最高の入りを記録したらしい。ありがたいこっちゃなぁ!
 15時を廻ってから、車に乗って一人で西明石へ向かいました。「西明石浪漫笑」です。
 16時半に会場へ到着・・・出来ていた高座が低かったので、作り直し。会場設営は常連のお客さん達が手伝ってくれました。感謝です。
 定例の「西明石浪漫笑」は、毎月第二金曜日なんですけど、今回は、300回記念公演なんで、会場もいつもの会場と違って、150名ほど入る近くの公民館。ありがたい事にチケットは、数日前に完売しています。
 8月の怪談特集以外は落語三本なんですが、今回は特別番組で五本・・・開演は18時半で、「時うどん」小梅・「延陽伯」阿か枝・「ちりとてちん」吉弥〜中入〜「民謡教室」文福・「竹の水仙」梅團治・・・終演は20時半でした。ゲストの皆さん、ありがとうございました。
 終演後、近くのお寿司屋「まこと」で打ち上げ・・・師匠春團治にゲストで出てもらって依頼です。落語会の席亭、ハナゾノの大将の計らい・・・鱧の梅肉をはじめ、美味しい料理がいっぱい。
 22時にオヒラキで解散・・・私と小梅以外の皆さん方は西明石駅へ歩いて行きました。
 アルコールを抜いていた私と小梅は、車に乗り込んで西へ・・・まずは小梅が運転。姫路西ICから山陽道を走って広島県の小谷SAで運転を交代しました。もう日が変わってます。

◎「300回記念 西明石浪漫笑」の特別会場◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.