ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年11月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2017/11/03 生欽ちゃんを見てきました
2017/10/29 鉄道界の長老トーク
2017/10/08 短くひまひま朝ドラ日記
2017/09/19 空から鉄道絶景の旅
2017/08/12 謎の選曲ラーメン屋

直接移動: 201711 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2017/11/03(金) 生欽ちゃんを見てきました
 祝日の今日、午前中は横浜に定期健診に行ってきました。採血で看護師さんに「大丈夫ですか?」と何度も聞かれてしまった。大丈夫じゃなさそうに見えたみたい。こう見えても、採血中に貧血になったりしたことは無いので、大丈夫なのですが。
 一通り検査を終えて、最後は問診。特に異常は無いとのことです。良かった良かった。運動不足気味ですねとは言われましたが、不足どころか全く運動していないので、仕方ありません(ダメだ)。

 さて、午後は京急に乗って黄金町へ移動。歩いて5分ほどの所にある、シネマジャック&ベティという、単館系の小さな映画館へ行ってきました(周囲は若干いかがわしいお店もあるので、夜に一人で前売券を買いに来た時はビビってしまった)。
 見てきたのは、『We Love Television?』という映画。日テレのプロデューサーの土屋敏男さんが監督した作品で、2011年に放送された『欽ちゃん!もう一度30%番組作りましょう!(仮)』という番組のメイキングを中心にしたドキュメンタリーです(2011年7月のひまひま日記で、この番組に触れています)。
 何が驚いたと言うと、欽ちゃんはこの年齢になって(当時70歳)、いまだに視聴率30%取ることを諦めていないんだなあ…ということ。結局、番組の視聴率は8.3%。結果を聞いた欽ちゃんは、泣きそうなほど悔しそうで、「このままじゃ死んでも死にきれない」と言っていました。
 欽ちゃんが視聴率100%男と言われたのは40代前半頃。それから30年、ずーっと再起を期してやって来たのかも知れない。執念のようなものを感じました。
 さて、映画上映後は欽ちゃんと土屋監督による舞台挨拶(座った席が悪くて、土屋監督はよく見えるんだけど、欽ちゃんが前の人の頭でよく見えず…)。目の前にいる人が、テレビで見る人そのもの、という不思議な感覚でした(とにかく声がでかい!)。
 そして終了後は客席のファンを回って握手し、狭いロビーで、SPみたいなコワモテの男性(マネージャー?)が早く切り上げようとするにも関わらず、しばらく希望者にサインをしていました。映画で見せていた素の姿は一切見せず、このあたりがプロの芸人の意識なんだろうなと思いました(ちなみに、自分ではこの映画を一切見ていないそうです。見たくない姿なのかも知れません)。
 そんなわけで、前回の鉄道トークに続き、すごい老人(?)を生で見てきたという話でした。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.