ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年1月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/18 二俣川に大河が来る
2020/01/09 未来と希望と、しょんぼりと
2019/12/31 良いお年を・・・
2019/12/16 ひまひま大河ドラマ日記「称賛に値しますね」
2019/11/02 私の鉄道マニア人生

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2005/01/26(水) どこへ行くのか、ドコPさん
 以前、PHSが機種変できなくて悲しいよ〜という日記を書いたのですが(こちら http://diary1.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/futasuru-kai/?Y=2004&M=7&D=2)、つい最近、ホームページから申し込んで機種変ができるようになりました。待ってましたーとばかりに飛びつき注文。今月は衝動買いが多いなあ…(泣)
 ちなみに値段はなんと15,000円、これに手数料諸々がかかります。1円で売ってたのも今は昔。新しい携帯を買った方が得なのでは…という思いもチラチラ横切りましたが、ここまできたらPHSと死を共にする覚悟です。

 注文して数日後、新しいPHSが届きました。すごいよ〜画面が大きくてきれいで、携帯みたいだよ〜と本末転倒の感激。再びホームページから、利用開始の手続きをします。無事「手続き完了」の文字がパソコンの画面に出たのですが、電話には何の変化も無い。古い電話はまだ使える一方、新しい電話にはアンテナが全く立たず、使えない。
 「まだ手続きが終わっていないのかな、日曜日だし」と無理やり納得したのですが、月曜日になっても使えない。
 火曜日になって、さすがにおかしいと思い、ドコモのお客様窓口に電話。しかし原因はわからず、「ドコモショップに持ち込んでください」ということになりました。

 そんなわけで、二俣川のドコモショップへ。店員さんもどうしたものか困惑。しばらくお待ちください、ということになりました。電話を見てもらっている間、椅子に座って待っていると、別の店員さんが寄ってきました。商品の勧誘係のようです。

「お客様、貯まっているポイントはどうされていますか…?」
「いや、あの、PHSなので…。ポイントつかないんです…。」
「そうですか、それは失礼しました〜」

 PHSと言うだけで、こんなに肩身の狭い思いをするなんて…。会社をあげての嫌がらせか??と被害妄想的になってきたところで、電話を見てくれていた店員さんがやって来た。
「申し訳ありません、このサービスは始めたばかりのもので…、あと40分ぐらい時間をいただけますか?」
 こちらはもう卑屈になっているので、「ああーもう見ていただけるだけで有り難いです〜」とお願いし、その間に保土ヶ谷の社会保険事務所で用事を済ます。こちらも待ち時間1時間弱。都会での生活は、待つことに耐えることなんだなあ。

 そしてドコモショップに戻ってくると、店員さん、笑顔で
「原因はいたって単純なことでした!電池をいったん抜き、電源を切ることによってリセットされ、使えるようになりました」と結果報告してくれました。そ、その単純な原因に誰も気づかなかったの…??(私もだけど)
 考えてみれば、テレビのリモコンの調子が悪い時、いったん電池を抜いて入れ直すと、また使えたりする。電話でも同じことを試してみれば良かったんですよね…。

 そんなわけで、約5年ぶりにピカピカの新品電話を使っています。もちろん写真なんて撮れないけど、いいんです。また5年間、大事に使います。その前にPHS自体が廃止になっちゃったりして。

2005/01/19(水) 湿ったひまひま日記
 以前勤めていた職場に貸会議室があって、たまたまそこで研修会があったので、久しぶりに顔を出してきました。
 久しぶりというのは、どうも緊張するものです。「辞めた職場にノコノコと行くもんじゃない」という気持ちが、どうしても自分の中にありますし、顔ぶれが変わっていて「どちら様ですか…?」なんて状態になってもイヤだし。
 そんなこんなで、ドキドキしながらのご挨拶だったのですが、行ってみれば、お世話になった多くの方々に会うことができて、良かったと思います。
 この日は経営改善計画の職員向け説明会があったとかで、たくさんの職員が集まっていたのです。一緒に働いた非常勤さん(現在は嘱託職員)も、「辞めさせられるかも…」と不安げで、懐かしい再会でしたが、複雑な再会でもありました。
 一緒に働いてきた同期の人は、別な道に進むために3月いっぱいで退社するとのこと。僕は嫌になって途中で逃げ出したけど、この人は逃げ出さずに、きっちり責任を果たして6年間働いてきた。
 誰にも文句言われることは無いでしょう。新しい道を、どんどん進んでいって欲しい、応援したい気持ちです。

 「ひまひま日記」は湿った文章はやめよう、と思っているのですが、今日はごめんなさい。写真は帰り道に撮ったものです。職場の位置が特定されてしまいますが。

2005/01/15(土) ビビビの衝動買い
 ベスト電器でこんなデジカメを発見。思わず、カメラが私を呼んでいるような気になり、買おうか買うまいか…手に取って10分以上眺めていると、突然、防犯ブザーがビビビビーと鳴り出しました。
「す、すいません、止めてください…と言うか、買います!!」
 そんなわけで、成り行き&衝動的に買ってしまったこのカメラ。在庫が無いとのことで、メーカーから1週間ほどかけて取り寄せとなりました。

 写真を見ていただくと分かるように、ポケットに簡単に入る小型サイズ。比較対象として、文庫本と並べてみました。(本のセレクトには特に意味はありません)
 今まで使っていたデジカメはキャノンの製品で、いかにも「俺はカメラだ」と自己主張しているような外観が気に入っているのですが、日頃持ち歩くにはやや重たいし、何より街中でしりとり看板などをパシャパシャ撮影するにはちょっと恥ずかしい。このデジカメなら、街中でもさりげなくこっそり撮影できそうですよね。こっそりってちょっと誤解されそうな表現ですが。
 本来なら、カメラ付き携帯を持っていれば、2台もデジカメは必要ないんですけどねえ…。寂しい孤高(?)のPHS人生です。
 あと、このデジカメ、音楽を録音することもできます。日本人って、なんでこう1つのものにたくさんの機能をもたせるのが上手なのでしょう。例えば「やきそばパン」のように(例えが間違ってますか)。でも正直、ipodって何…?象印の新製品…??という程度の非デジタル人間(私)にとっては、MDがあれば十分なのですが。

 そんなこんなで。これからこのデジカメを駆使し、ホームページをバンバン更新していきたい、ような気がします。

2005/01/11(火) ほこり舞い散る部屋そうじ
 年末に大掃除ができなかったので、今更ながら部屋の大掃除。
 日頃「四角い部屋を丸く掃く」を実践しているので、ベッドを動かすとおびただしいほこりが!!掃除が終わった頃には、体中ほこりまみれとなりました。
 今でもくしゃみと鼻水が止まりません。ぐふぐふ。しかしここ最近、ひまひま日記のひまひま度(=どうでもいい度)がますますアップしてますが。

2005/01/08(土) 男の子かな、女の子かな…
 先月に続き、またも夜中に腹痛。何とか明け方にはおさまり、仕事には行けたものの、職場で「つわり」だとか「出産」だとかネタにされました。ヒドい。
 昔は「見た目より丈夫」だと自覚していたのですが、最近は「見た目の通り虚弱体質」となってしまいました。悲しい。
 それにしても、「腹痛」って苦しい上に、なんだか情けない、惨めな気持ちになるものです。小学生の頃を思い出せば、「お腹が痛いので体育を休みます」なんて子は、まずいじめのターゲットです。給食の時間に「お腹が痛くて食べられません…」なんて言った日には、いじめの上に、先生までもが邪険に接しかねません。
 これが大人の世界では、つわり呼ばわりで済むのですから、有難いものです。皆さんもつわ…健康にはお気をつけください。

2005/01/07(金) メジャーなのにマイナーデビュー
 京急の上り始発電車に乗って、今朝早く家に帰ってきました。
 別に夜通し遊んで朝帰りしたわけじゃありません。と言っても、給料が出ないので、仕事とも違うのですが…。話すと長くなりますので、「仕事のようなもの」ということで。
 で、始発電車の話です。朝早くからたくさんの人が乗っているんですね。ほとんどの人は、これから仕事へ向かうといった様子。お勤めご苦労様です。一方、横浜で乗り換えた相鉄の下り列車は、横浜で遊んで朝帰り、もしくはバイト明けで帰宅、といった感じの人たちが多くて対照的でした。ホームで屈伸する人や、車内の吊り革で懸垂する人…。早朝ならでは(?)の光景です。
 二俣川に着き、北口の歩道橋を降りると、寒さが身にしみる。二俣川の冬は厳しいです。

 さて、新年一発目の日記なので、人生について深く考察するようなテーマにしようと思ったのですが、やっぱり無理なのでどうでもいい話を書きます。
 きのうの昼間、何気なくテレビを点けて、昼飯を食べながら「何が出るかな〜♪」のサイコロ番組をボーッと眺め(まさにひまひま日記)、そのまま「昼ドラ」に突入。
 いしのようこ久しぶりに見たな…しっかし相変わらずベタな昼ドラだな…と思いつつボーッと眺めていたら、主題歌を以前この日記コーナーで触れたバンド(参照http://diary1.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/futasuru-kai/?Y=2004&M=7&D=11)が歌っていて、びっくり。メジャーデビューするとは聞いていたので、「まあ月9の主題歌なんて当面無理だろうから…とりあえずテレ東のアニメ主題歌あたりでデビューなんてどうでしょう」などと、勝手にデビュー戦略を考えていたのですが(大きなお世話だ)。
 しかし、まさかこの時間にデビューとは。でも、不思議なもので、昼ドラの主題歌になったらなったで、ベタベタな世界観にマッチしたベタベタ曲に聞こえてしまうものです。ローカル局の朝番組の主題歌を歌ってた頃は、もっと突き抜けた感じの音楽だった気がするのに…(泣)。
 とりあえず、このドラマに「たわしコロッケ」が出てきて、「たわしコロッケバンド」のイメージが定着しないことを祈ります。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.