ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年11月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/03/03 さび抜き断シャリ
2020/02/23 プライムミニスター・モンスター
2020/02/17 どっちにしても怒られる人
2020/02/03 清く正しく、やかましく
2020/01/27 良いダメ人間、悪いダメ人間、普通のダメ人間

直接移動: 20203 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2005/11/22(火) 祝・3周年!!
 おかげさまでふたする会は3周年を迎えました!! ほんとはあと2日あるんですけど、フライングで3周年です。
 3年前にホームページを立ち上げた当初は、こんなにたくさんの方に見ていただくなど夢にも思っていませんでした。内容も、どうでもいいひまひまな話題を・・・・・・あ、今も全然変わっていない??
 初心を忘れずに(?)今後ともこんな調子でやっていきたいと思いますので、皆様よろしくお願いいたします。

2005/11/15(火) さよなら、私のドコPさん
 ついに兵糧攻め状態に耐えかね、長年にわたるPHS人生に見切りをつけ携帯にチェンジしてしまいました。
 さようならぼくのドコPさん。つらいときも楽しいときもきみと一緒だった。きみのことは一生忘れないよ。ありがとう。

 妄想はこのへんにして。買った携帯は「FOMAらくらくホンU」。なんか簡単そうだから、と短絡的に選んだのですが、分厚い説明書を手にしてクラクラしてしまいました。どこがらくらくやねん!!と言いたい。
 こんな私は、もはや小林桂樹と藤岡琢也がCMやってるおじいさん向け携帯を使うしかないのか。簡単じゃーないか(←マネ)。

 初めての携帯を使ってみて感じたこと。「PHSは音質が良い」という話をずっと信じて(と言うか、自分に信じ込ませて)きたのですが、正直、携帯のほうがずっと良かったことに愕然。ドコPさんの、会話がブツブツ途切れる電波状況は、音質うんぬん以前の問題でしたけど・・・。
 それはいいのですが、パケットという概念がいまいち分からない。PHSでは、ネットを利用する時でもつないだ時間だけ料金がかかる、というシステムだったので分かりやすかったのですが、1パケットあたり何円と言われても何のことやら。
 今見てるこのページ、いくらになるんだろう?とビクビクしつつiモードを利用したりしているのです。やっぱりおじいさん携帯のほうが向いてるのかな。

2005/11/08(火) 刺さないで、抜かないで
 今年の1月に、やっとの思いで買い替えた我がドコPさん(注・ドコモのPHSのこと。1月のひまひま日記参照)の調子が、早くもおかしくなってきた。液晶画面が真っ黒になったり、上下反転したりしていることがしばしば。
 ドコモのPHSへの仕打ちに対しては、こちらはもう被害妄想気味になっているので、「1年以内に壊れるようにプログラミングされているのでは・・・??」などとあらぬ疑念を抱いてしまう。なんだかもう兵糧攻め状態なのである。腹の立つこと山の如しなのである。

 以上、腹の立つ話題おしまい。今日は、健康診断のために、天王町の労働衛生福祉協会まで行ってきました。去年もこの話題を書いたような。ネタの欠乏ぶりを象徴していますが。
 視力検査に、X線、心電図・・・。検査というのは何度やっても落ち着かないものです。通常の健診でさえイヤなのだから、人間ドックなんて受けた日にはどうなるのだろう。
 特に、この歳になってみっともないのですが、採血がイヤでしょうがない。針が刺されるのを直視することができないのです。
 順番待ちの間に観察していたら、意外と「針直視派」の人が多く、5人中4人はしっかり針を見ていました。また、右腕を出すか左腕を出すかは、これは3対2で半々ぐらい。利き腕がどちらかで違ってくるのかも知れません。ちなみに私は、利き腕と逆の左腕を出しました。だって、ふたちゃんを描く大事な右腕に影響があったら困りますもん(嘘です。すみません・・・)。

 帰りは、去年入った天王町駅近くのカレーショップに入ろう・・・と思ったら、ビジネスマンで混雑していたのでやめて(今度この番組に出るそうです→http://www.tv-tokyo.co.jp/drive/)、散歩がてらビジネスパークのウェンディーズで遅めの昼食。
 相鉄沿線らしからぬオフィス街の周りを、下町っぽい雑然とした街並み、そして高層団地が取り囲む。街を歩く人々も、スーツ姿の人々から、子ども連れの主婦、そしてお年寄り・・・。いろんなものの混在ぶりが、ちょっと楽しい街なのでした。

2005/11/01(火) ふにゃふにゃふたちゃん
 仕事上、ひじょーに気になっていたのですが、「障害者自立支援法」という法律が、きのう国会で可決されてしまいました。
 内容はいろいろあるのですが、乱暴に言えば「障害者に、福祉サービス利用時に1割の経費を負担してもらおう」というのが大きなポイント。
 法律に対する是非は置いといて、こんな大事な法律を、マスコミがほとんど触れないってどういう事なのだ(大事と思ってないのかな?)。刺客だー、サプライズだー、面白おかしく騒ぎ立ててばっかりで、まったく腹立たしいのである。もういっそのこと各局とも三木○やホ○エモンに買収されてしまえ。

 ・・・腹立ちまぎれに不穏当な事を書いてしまいました。
 話は変わって。「こんなものを買いました」のコーナー!!
 パソコン用の「筆圧対応ペンタブレット」。その名の通り、パソコンにペン入力する機器です。
 今まで、ふたちゃんを描く時、白い紙にサインペンで描いたものをスキャナーで読み取って、それにパソコンで色をつけるという、原始的な方法を用いていました(管理人にとっては最先端なんだけど)。でも、この方法だと色塗りがなかなかうまくいかず、苦戦していました。
 CGデザイナーのようにパソコンを駆使して素晴らしい絵を描いてみたいなあ・・・(そんなパソコンの技術も無ければ、絵の才能も無いけど)と妄想していたところに、出会ったこの商品。欲しい欲しい、クレクレー、とクレクレタコラのごとく購入してしまったのでした。

 で。さっそくこれを使って描いてみたのですが。
 むずかしい!! 思うようにペンが進みません。でも、久しぶりに子どもの頃の落書きの感覚を思い出して楽しい。昔、港南台の子ども科学館で同じようにパソコンで絵を描いたなあ・・・。
 出来上がったふたちゃんが右の絵です。もうちょっと練習が必要です。子ども科学館以来、進歩していない気もするけど。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.