ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2005年9月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/12 いだてん名セリフ集(第37回〜第39回)
2020/07/05 いだてん名セリフ集(第34回〜第36回)
2020/06/28 いだてん名セリフ集(第31回〜第33回)&女帝のあの人
2020/06/23 いだてん名セリフ集(第28回〜第30回)
2020/06/14 いだてん名セリフ集(第25回〜第27回)&麒麟がくる

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2005/09/27(火) 身体に気をつけよう
 先週末から体調を崩して、家で寝ていました。つくばエクスプレス乗車計画もお流れ。あー(ガクッ)
 今日、近所の内科に行ってきました。しかし、内科っていうのはおじいさんおばあさんばっかりだなあ。まあ、ある意味、お年寄りの話を聞くのも治療の一環ですけど。抗生物質をもらって飲んだらだいぶ熱もひいてきて落ち着いてきたので、こうしてひまひま日記を書いております。

 続いて最近の「気になるCM」コーナー!! サルのキャラクターが出てくる一連の「CMのCM」というCM。あの怒りの琴線(?)をビシビシ刺激してくるのはなんなのか。CMのCMだっていうのに、こんなんでいいのか。いや、CMというのはこの程度のものだよと主張しているのか。
 ・・・えー。そんなわけで。また次回〜。

2005/09/12(月) 菅直人…村野武範
 政治にあまり興味が無いひまひま管理人なので、今回の選挙結果を受けて政治の世界がどうなるのか見当もつかないのですが、きのうのテレビの選挙特番を見ていて、なるほどなあと思うコメンテーターの発言が一つありました。
 今まで、事前予測で圧倒的不利と伝えられると、逆に同情票が集まる傾向があったが、今回はまるでそんな事は無かった。若い人を中心に、日本人特有の判官びいきが薄れ、「勝ち馬に乗る」流れが強まっているのではないか、という話。確かにそうかも知れないなあ、と妙に納得してしまったのでした。

 それにしても、テレビ東京の開票速報は面白いなあ。「政界再現ドラマ」(小泉純一郎…田中健、岡田克也…宅麻伸)なんてやってて、速報する気全く無し。ある意味他局の追随を許しません。こんな時にテレ東を見ている時点で、すでに勝ち馬から振り落とされてますが。

2005/09/07(水) 二股温泉に入る会<後編>
 2日目は、かつての宿場町、大内宿へ。バス便が無いため、やむなくタクシーで向かいます。タクシーの運転手さんによると、会津全体の観光客の入りが減少している中で、大内宿の来客は年々増加しているとのこと。
 着いた大内宿には大きな駐車場があり、平日にも関わらず観光バスやマイカーで多くの人が訪れていました。中には神奈中の観光バスも。左右に並ぶ茅葺き屋根の民家では、多くのみやげ物を販売しています。静かな町並みを想像していたのですが、思ったよりも観光地化していて驚きました。

 ねぎ一本丸ごと入っている、その名も「ねぎ一本そば」が名物の食堂で昼食。しかし勇気が無くて、ついついごく普通の白髪ねぎの「ねぎそば」を注文してしまいました。
 「ねぎ一本そば」を食べている人を見ると、なかなか衝撃的なビジュアルです。ねぎをかじりつつ、そのねぎを使ってそばをすくって食べます。味はともかく、ネタとしてはこっちを食べたほうがおいしかったなあ・・・と、ネタ人間として(何だそりゃ)反省したのでした。

 道端に立てられた看板には、数箇条にわたる住民の規則が書かれています。その中に「外部資本から町を守る」というのがありました。外部資本から独立し景観を守りつつ、住民が自活していくための手段がみやげ物などの収入だとしたら、ある程度の観光地化は仕方ないのかも知れません。
 帰りのタクシーの運転手さんは、「ここは観光客が来るようになってからまだ20年ちょっとだから、住民もまだまだ商売っ気が無いんですよね。これから、すれていかなければいいがな、って言ってるんですけどね」と話していました。これ以上あまり有名にならず、ほどほどに素朴な観光地であってほしい、と一観光客として勝手に思うのでした。

2005/09/06(火) 二股温泉に入る会<前編>
 福島県に二股温泉という温泉があるらしい。しかも「秘湯発祥の地」とのこと。なんだか惹かれる響きです。そんなわけで、JTBで苦難の末発券してもらった切符を手に(先月の日記参照)、その二股温泉へと向かいました。

 押上から東武電車などを乗り継いで約4時間(遠い…)、車内の女子高生の会話がすてきな東北イントネーションになってきた頃、目的地最寄りの湯野上温泉駅に到着。ここで宿に電話し、送迎を待ちます。我がドコPさんは当然のごとく圏外なので、駅前の公衆電話から電話。電話に出た宿の人は、中年の男性の声でした。
 しかし、こちらの声が聞こえないのか、電話をガチャンと切られてしまう。再度電話するも、またもガチャン。
 どうすりゃいいんだ・・・。茫然自失しつつ、駅の待合室に座り込む。予約をキャンセルして別の宿に泊まってやろうか、と思うも、冷静になってみるとそれもバカバカしいと思い直し、三たび電話。
 今度は女性の声だった。三度目の正直で何とか用件を伝える。
「40分ほどかかりますから、お待ちください」・・・40分。再び待合室の人となる。

 40分後、宿のワゴン(と言っても、車体に何も書いていない、ごく普通のワゴン)が到着。車内にはおばさんと、やや年配のおじさんが。さっき電話に出た二人だろうか。
 おばさん「ずいぶん待ちましたか?」
 「はい…2回ほど電話したんですが…」
 おばさん「ちょっとあんまり電話が遠かったんでねー」
 「そうですか、ハハハ・・・」
 ハハハじゃなくて、文句の一つでも言ってやれ、そうは思うがそれが言えない情けなさ。
 運転するのはおばさん。かなりのスピードで走る。途中、スーパーで買い物のため停車。車内で、おじさんと二人、じっと静かに過ごす。20分が永遠に思えました。
 再出発。遅れを取り戻すかのようにさらにターボがかかった高速運転。缶コーヒーを片手に、前の車をあおりつつ走る。
「ったくよお…チンタラ走ってよお……」
 正直、さっき文句言わなくて良かった、と思いました。

 そんなこんなで、なんとか無事に宿に到着。ぼくは、自慢じゃないですがそこそこ古びた宿でも平気で泊まれる人間です(ほんとに自慢にならないが)。しかし、この宿は…むむむ……。なかなかのツワモノと言えるのではないでしょうか。まあ、だからこそ秘湯なんでしょうけど。
 お湯に入ると、どーっと疲れが抜けてくるような気がしたのでした。(写真は、宿にあった「ハクセイ室」。怖い) <つづく> 

2005/09/02(金) うっヒョウ、最高
 ふたする会史上最大のイベント・総会準備会も無事終了し(皆様ありがとうございました)、再び今まで通りまったり行きたいと思います。

 相鉄の駅に貼ってあるニュースレターに「迷惑アニマル図鑑」というコーナーがあります。例えば「ヘビースモーカー(禁煙にご協力ください)」「しゃべリスぎ(車内での通話はご遠慮ください)」というように、動物をテーマにしたダジャレのシリーズなんですけど、最近見たものが凄かったです。
「うっヒョウ(駆け込み乗車はおやめください)」
 うっヒョウって…。ネタ切れ感と無理やり感が素晴らしい。だいたいドアに挟まれて「うっヒョウ」なんて言わないよ。でも、ネタ切れに負けずしぶとく続けていく姿勢を、ふたする会も見習いたいと思います。
 ちなみに、うっヒョウの写真、駅で恥を忍んで撮影したのに、間違って消去してしまいました。うっヒョウ、最悪…(泣)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.