ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年11月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/18 二俣川に大河が来る
2020/01/09 未来と希望と、しょんぼりと
2019/12/31 良いお年を・・・
2019/12/16 ひまひま大河ドラマ日記「称賛に値しますね」
2019/11/02 私の鉄道マニア人生

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2006/11/15(水) いじめは続くよ、どこまでも
 生徒が他の生徒にいじめられ自殺し、先生が校長にいじめられ自殺し、校長がマスコミ等にいじめられ…と言うかつるし上げられ自殺する。どこまで自殺の連鎖は続くのでしょうか。

 私は幸いにも、自殺に踏み切るまでの酷いいじめに遭った事は無いのですが、それでもどちらかと言うと元来のいじめられ体質(どんな体質でしょうか)なので、一連のいじめ事件報道では、圧倒的にいじめられ側の肩を持ちたくなってしまうのです。
 そんないじめ事件多発の中で、石原都知事がいじめられる側の弱さを指摘する発言をしたらしい。この人の不規則発言(?)は恒例行事なので、今さら驚くには値しないのだけど。
 街の放言おやじや、ネット上だけで吠える若者(自分もそうだけど)が「いじめられる奴が弱いからいけない」みたいな事を言うのはそりゃー勝手だけど、この人は仮にも首都東京のトップなわけで、教育に関しても責任者なわけでしょう。東京都民じゃなくて良かったと思います(松沢知事もこんなこと言い出したらどうしよう)。
 あと、テレビ局はどうして石原さんに対しては表立った批判はしないのでしょう(某局の番組は、間違ったテロップ付けて墓穴を掘っちゃったけど)。同じことを他の人が言ったら、一斉に攻撃しそうなのに。
 そう言えば以前、テレビ東京で『ジカダンパン』というみのもんた司会の行政批判番組があって、地方の市町村に対してはそれこそいじめのように攻撃するのに、都政に関しては、みのさん全くの弱腰でした(全然ズバっとしてない!)。コメンテーターのテリー伊藤に至っては完全に都知事擁護的発言。がっかりした覚えがあります。
 所詮、テレビなんて強い者には尻尾を振って、弱い者は徹底的に攻撃する、いじめっ子そのものだなあと思います。

 なんかイライラしたので思いつくままに書いてしまった。ひまひま日記らしくないと反省。って、いつものひまひま日記も思いつくままに書いていますけど。もう遅いから寝よう。

2006/11/08(水) 誰もいないプロヴァンス
 本編を全然更新してなくてすみません。そういう時に限ってひまひま日記は頻繁に更新したりするのですが。

 休みだった火曜日、気持ちよい青空に誘われて、一度行ってみたかった「ソレイユの丘」へ行ってきました。横須賀市西部の、海沿いの丘にある公園です。
 ぼくが住んでいる街からは公園まで直接行くバス便は無く、乗り換えが必要なのですが、散歩がてら乗り換えのバス停からぶらぶらと歩いていくことにしました。
 そして、例によって道に迷ってしまった。高台のキャベツ畑を貫く大きな道路を、向かっている方向が正しいのかどうかもわからず歩き続けます。海の向こうにうっすらと富士山が見えて景色は素晴らしいのですが、強風が吹き荒れ、畑の砂がびしびしと身体にぶつかって来ます。前にまっすぐ進むのもつらい状態です。
 向こうからソレイユ発のバスがやってきました。どうやら進む方向は間違ってないみたい。気を取り直して歩き続け、やっとのことで目指すソレイユの丘に到着。広い駐車場が全くのガラガラでした。
 園内に入ると、写真を見ていただければわかると思いますが、南仏プロヴァンス地方をイメージしたという街並みが、悲しいぐらいに閑散としています。オープン当初は「ソレイユ渋滞」が起こるぐらいの盛況だったと言うのに。
 まあ考えてみれば、こんな強風の時にやって来るもの好きはいないという事ですよね。。。海洋深層水風呂に入って(塩分が傷にしみる…)、カレーを食べて帰ってきました。

 話は変わって。またも『僕の歩く道』について。不覚にも第3話は見逃してしまって、先日見たのは第5話。テレビを見ながら泣いてしまいました。いい歳して。
 幼なじみの女の子の結婚を前に、「ぼくも結婚するの?」と母親に問いかける自閉症の主人公。一瞬言葉を失う母。そして、「できることを一生懸命やればいいのよ」とそっと肩に手をかける。母親の切なさと優しさが、痛いほど伝わってきました。
 ラストシーン、幼なじみの結婚式。涙する彼女に、「ぼくが代わりに笑ってあげる」と微笑む主人公。
 これは、「そんな事言わないだろ」とツッコミもありそうなシーンです。でも、それまでのリアリティの積み重ねが、このシーンを素直に受け入れられるようにしている気がしました。いいドラマだと思います。

2006/11/06(月) ためしてガッテン
 先日見ていたテレビで(↑タイトルとは関係ありません)、「古米をどうすれば美味しく食べられるか」ということを取り上げていました。
 最近、ご飯を食べていると、どうも古臭いにおいがして気になっていたのです。2sの小さなお米を買っているのですが、毎日炊いて食べるわけではないので、どうしても古くなってしまう。袋に小分けして冷蔵庫に入れておくとおいしく保管できますよ、などとこの番組でも言っていたのですが、私のようなものぐさ太郎にはそんな事出来ようもありません。
 まったく、使えない番組だなあ…などとぶつくさ言いつつ(使えないのは自分なのだが)見ていたら、ある情報が。

「マヨネーズを小指の先ぐらい入れて炊くと、古米でもおいしく炊ける」
 だまされたつもりで、さっそくやってみました。食べてみると、これがおいしいんですよ。ご飯につやが出ます。マヨネーズの匂いもほとんど気になりません。
 皆さんもだまされたつもりで、お試しください。なんともみみっちい情報ですが。

2006/11/02(木) テレビに一喜一憂
 今回は久々に「嫌いなCMのコーナー」です。前回いつやったのか覚えてませんが。
 最近の嫌いなCMダントツbPは、何といっても星野仙一主演「アメリ○ンホームダイレクト」です。しかもこのCM、チャンネル回せばどこの局でもやっているので、見たくなくてもやたらに遭遇してしまうのです。

 で、CMの内容ですが、敢えて説明するまでも無いですけど一応。車の中、ソフトクリームをペロペロなめている夫婦。
妻「おいしいね〜」
夫「つーか、な〜んかいいことないかな〜」
(この時の夫のわざとらしいまでのバカ面ぶりに、まず私のイライラセンサーがピクピクッと反応)
 ここで突如仙一登場。
仙一「待ってていても何も変わらんのじゃ〜!! 人生は先手必勝!しゃっきとせんかい!!」
(ちょっと待って。いつからこの人はこんなご意見番キャラになってしまったのでしょうか。確かに昔からよく激怒してるイメージはあったけど)
 そして夫は仙一様のご託宣を受け、震え上がるのです。
夫「は、はい!!」
妻「そう〜」(満足げに)
(この夫の演技が、またバカっぽくて腹立たしい。それと妻。さっきまで夫と一緒にソフトクリーム食べてたじゃーないか。なんでいつの間にか仙一側についているんだ)
 そう言えば、前回選んだ嫌いなCMにも、この会社が入っていたような気がします。安定して不愉快CMを作り続けているわけで、ある意味立派。(←ウソ)

 話は変わって、サクサクについて。相変わらずしょっちゅう見ていて、さっきも見たのですが。
 うーん…つらいなあ。良くも悪くもグダグダが売りの番組だと思ってたのに、こんなに殺伐とした雰囲気の番組になってしまうとは。
 ぼくは自他ともに認める(?)空気を読めない人間なので、この優ちゃんという女の子の空気の読めなさ具合、周りの空気の壊し具合が、ほんとに他人事に思えなくて見ていてつらいのです。もはや子を見守る母親の心境です。わかるのか、母親の心境。…と言うか、何でそこまでして見ているのだ。
(真面目に言うと、製作者が自ら「つまらない」と認めている番組を流すぐらいだったら、今までの方針を捨てて、ある程度の段取りを決めた番組にした方がいいと思うのですが…。)

 そんなわけで。どうでもいいCMや番組に、こんなに一喜一憂している視聴者はいないでしょう。いかにひまひまかを露呈しているようなもんですが。
 まあ、ひまひま日記なので、これで良しとします。ということで、また次回。

<追記>
 翌日も見たら、いたって普通のサクサクでした。きのうの放送は何だったのか。普通の番組だったら間違いなくカットされるような空気だったのですが。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.