ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年2月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/09 未来と希望と、しょんぼりと
2019/12/31 良いお年を・・・
2019/12/16 ひまひま大河ドラマ日記「称賛に値しますね」
2019/11/02 私の鉄道マニア人生
2019/10/22 ボーッと生きている私です

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2006/02/22(水) メロンパンエクスプレス
 恒例の(?)列車に乗って一人旅からきょう帰ってきました。
 夜行列車で高松に入り、今治で一泊、松山から船で広島へ渡って、再び夜行で帰るというスケジュール。仕事が終わったその足で夜行列車に乗り込んだのですが、かなり体力的にキツイ。もともと体力に自信のある方では無いですが、さらなる衰えを実感することになりました。トホホ。
 あいにく天気にはあまり恵まれず、1日目はほぼ一日中雨。2日目にようやく晴れ間がのぞき、広島へ向かうフェリーは青空の下の航海でした。
 ちなみにこのフェリー、思いのほか若い乗客が多かったです。松山の若者にとって、船で広島へ行くのは、神奈川県民が渋谷に出るぐらいの感覚なのかな?

 広島では、さんざん道に迷った末、「お好み村」というお好み焼き屋がたくさん入ったビルへ行ってきました。屋台村が前身というだけあって、ビルと言っても狭くて雑然とした雰囲気は屋台そのものでした。
 どこの店に入ろうかな…と迷う暇も無く、物腰の柔らかいおじさんに「はいどうぞ〜、こちらですよ〜」と呼び寄せられて、一軒の店に入る。気付けば、周りに座っているのは自分と同じような、断り切れない気の弱そうな男性客ばかり!?
 店主のおじさん、物腰は柔らかいんですが、一緒に働く若い店員への指示は細かい。
「早く水出さんと」「キャベツ切ってあるか」「お金受け取って」
 で、この店員、ロコツに「ちっ、うるせーんだよ」という態度で働いてるのです。茶髪でピアスの風貌と相まって、いつキレるんじゃないかと怖いことこのうえない。でも客に対しては「ありがとうございましたー!!」とこちらも物腰やわらかだったりして。
 そんなデンジャラス&バイオレンスお好み焼き屋だったため(と言うかまあ、鉄板の熱さとお好み焼きのボリュームで)、店を出る頃には汗びっしょりとなったのでした。

 行きに乗った寝台列車の名称が「サンライズエクスプレス」。その列車の終着、高松駅のパン屋で売っていたメロンパンが「サンライズ」。いわゆる企画モノってやつかな(その割にはごく普通のメロンパンでひねりがないな)と思っていたら、今治駅のパン屋のメロンパンもやっぱりサンライズ。
 ここに来てやっと思い出しました。去年、ふたする会を賑わせたメロンパン談義(?)を。西日本では、メロンパンはサンライズなんですね。
 ということは、「サンライズエクスプレス」は直訳すると「メロンパン特急」…??

2006/02/17(金) あ〜ぼくもあと2か月・・・
「あ〜ぼくも〜 もうすぐ30歳〜♪」

 ラジオを聞いていたら、ゆずがさわやかに歌っていました。もうすぐ30歳って、さわやかに歌い上げられても・・・。なんだかこっちはドキッとしてしまいます。もうすぐ30歳か。はあー。

 話は変わって(いつもこのパターンだな)。ホリエモンに直撃インタビュー(もちろん逮捕前ですが)というのにちょっと興味をひかれて、“田原総一朗責任編集”だという『オフレコ』なる雑誌を買ってみました。田原さんの考え方自体には興味は無い…と言うかあまり良くわからないのですが、テレビで司会する田原さんは面白い、と思います。かつての、相手を挑発しつつズバズバ仕切っていた頃はあまり好きではなかったのですが、最近は何と言うか、老境の域に達しているというか。
「う〜ん、それよくわかんない。わかりやすく教えて」
若いキャスターでは、とてもこんな返しはできません。相手も、おじいさんしょうがないなあ、とついつい余計な事を喋ってしまうというものです。
 同じおじいさんでも(失礼か)、筑紫さんはホリエモンがゲストで出演した際、「ジャーナリズムは不要」的発言にスイッチが入ってしまったのか、普段見たことのないような形相でホリエモンを攻撃していました。テレビの司会者としては田原さんが上か。

 なんか関係ない話題になってしまいましたが。ホリエモンについてであった。結局読んでみてわかったのは、彼にとって金(=ライブドアの時価総額を世界一にする)が全ての価値だということだけ。それ以上のこともそれ以下のことも、全くわからなかった。
 ここまで来ると、不愉快を超えて清々しい!…と言いたいところですが、清々しいをさらに超えてなんだか薄ら寒くなってしまったのでした。お金は手段であって目的ではないと思うんですけど……ねえ??(と無理やり同意を求めつつ、今日はこれで。)

2006/02/12(日) ピアノを弾きながら料理はできるか
 すっかり更新ペースが鈍ってしまい、すみません。
 ネタが無い時のTVネタで…。NHKで昔やっていた「ウルトラアイ」という番組がネットで配信されています。
http://bb.goo.ne.jp/special/maniacs/category_03.html
http://bb.goo.ne.jp/special/maniacs/category_02.html
 NHKって保守的でつまらない、という固定観念を持っていましたが、改めてこれを見ると、いやー面白い。新し過ぎ。トリビアあたりの最近の番組が生ぬるく見えてしまいます。
 まあそんなどうでもいい事を書きつつ。近々本編のほうも更新いたします。

2006/02/02(木) 頭の中だけひとり旅
 こんばんは。いま、寝台列車の中でこの日記を書いています。これからひまひま一人旅です。

 …と書き出すつもりだったのですが。実際は、いつもと同じ家のパソコンに向かっています。
 仕事が終わったらそのまま横浜駅へ向かい、高松行きの寝台列車に乗る予定でした。もう楽しみで、仕事が手につきません(←ダメだろ)。職場を出るとき、NHKで「地震でJR運転見合わせ」のニュースを見て、初めて地震があったことを知ったのですが、まあじきに復旧するだろう、ぐらいに軽く考えていました。
 すっかり地震のことなど忘れて京急に乗っていたら、「JR線は運転を見合わせています。当社線で振り替え輸送を実施しています」との車内放送が。
 横浜駅に着くと、京急のホームはJRからの振り替えの乗客で大混雑。JRの改札口は、振替票をもらう乗客で長蛇の列ができていました。「復旧は0時過ぎの見込みです」との構内放送が流れる。そんな…。
 列に並んで駅員に尋ねると、みどりの窓口へ行くよう案内される。窓口で再び尋ねると、運転するか運休するかの見通しも立っていないとのこと。手数料なしで払い戻してもらえるとのことだったので、日を改めて出直すこととし、全額払い戻してもらった。女性の職員さんで、「せっかくのご旅行、申し訳ございません」と丁寧に言ってくれたので、まだ気分がおさまった(単純過ぎ??)。これがコワモテのおっさん駅員で、「このクソ忙しいのに、余計な仕事増やすんじゃねえよ、この鉄オタが」とばかりに邪険な対応されたら、イライラ倍増である(←被害妄想)。

 横浜からの相鉄も、普段の倍ぐらいの混雑。「小田原方面へは、海老名から小田急線で…」と、普段乗り慣れない乗客のために案内放送が流れていました。
 羽越線の事故などもあり、JRは復旧に慎重なのでしょう。仕方が無いことかも知れません。でも、もう少し迅速に対応できないのかなあ…。と言うより、なんでよりによってこんな日に……(泣)。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.