ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年4月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/18 二俣川に大河が来る
2020/01/09 未来と希望と、しょんぼりと
2019/12/31 良いお年を・・・
2019/12/16 ひまひま大河ドラマ日記「称賛に値しますね」
2019/11/02 私の鉄道マニア人生

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2006/04/23(日) コメディー・メイドでござる
 大学時代の友人の女性から、メールが届きました。
「メイド喫茶に行くんだって!?」ガビーン。なんで知ってるの??
 ・・・と思ったら、掲示板で堂々と行きますって書いちゃったんですよね。恐るべきネットの伝達力(←当たり前です)。

 そんなわけで。ケンケンさん主催(!)メイド喫茶訪問ツアーに行ってまいりました。参加者は、ケンケンさんと私、それにAさん(プライバシー保護のために伏せておきます)の3名。ある意味少数精鋭です。
 横浜駅西口から歩いて5,6分ほどの住宅地の中、雑居ビルの2階にめざす店はありました。深呼吸して気持ちを落ち着けつつ、Aさんを先頭に階段を上っていきます。
 ガラスの扉をあけると、メイドさん登場。
「申し訳ありません、ただいま満席ですので・・・もうしばらくお待ちください」どうやら盛況のようです。
 10分ほど待ち、店内へ。
「お帰りなさいませ、ご主人様〜」キタキタキター!これがメイド喫茶か!!(←若干動揺気味)

 店内は、白を基調にした明るい雰囲気です。客層も、いかにもそっち系(どっちだ)の人々から、興味半分で来たような中学生ぐらいの集団、そして女性のお客さんまで幅広く、メイド服を試着してコーヒーを飲んでいる方たちもいました。
 Aさんの強い勧め(?)に乗って、オムライスを注文。ケチャップで名前を書いてくれるサービスがあるのですが、名前は恥ずかしいので、ネコの絵を描いてもらうことになりました(もっと恥ずかしいか)。
「どうですか、ネコに見えますか〜?」
「見えますよ、ヒゲが描いてあるし」
「ひどい、ヒゲが無ければわかんないってことですかー??」
「あ、いやいや、わかります(焦)、ここに"にゃん"って書いてあるし…」
・・・どんな会話をしているのか。

 入ってみての感想としては、想像していたほどの違和感はありませんでした。なんか大学の文化祭ぐらいのノリ。本場・秋葉原にはもっとディープなお店も多数あるみたいですが、場所柄あの程度が丁度いいのかなと思います。
 とは言え、自分の娘が「わたし、メイド喫茶で働く!」なんて言った日には、それはもう親としてはダメダメ駄目〜!!と大反対してしまうよなあ・・・と、娘もいないのに心配してしまうのでした。
 貴重な経験をさせていただき、ケンケンさんありがとうございました。第二弾(あるのか)もケンケンさん主催でお願いします。

2006/04/20(木) 純情きらきら三十代
 ついに三十路に突入してしまった。30代などといったらいい大人だとばっかり思っていたら、実際になってみたら大人じゃないことこの上ないですよ。
 こうなったら開き直り、いつまでも少年の心を忘れず(そんな美しいもんじゃないです)、ひまひまに生きていこうと思うのであります。以上、30代の決意表明でした。

 決意表明があっさり終わったので、久しぶりに朝ドラの話を。4月からの『純情きらり』、第二次大戦前後を描く、久々の正統派朝ドラといった感じです。
 個人的には、この正統派朝ドラはあまり得意では無いのです。なんだか朝から辛い気分になってしまうので。
 でも、NHK公式ページの三浦友和(主人公の父親役。落石事故に遭い死んでしまった)のコメントを読んで、作り手や演じ手が「自由に生きられる時代は素晴らしいんだよ」という明確なメッセージをもってドラマを発信していることがわかり、じゃあちゃんと見る側もそれをしっかりと受け取って見ようかな、と思ったのでした。まあ、そういうメッセージ性は抜きにドラマ自体を楽しむのが本来の見方でしょうけど。
 それにしても、宮崎あおいはかわいくて上手いなあ。オタク人気があるというのもわかる気がする。(…って、わかる時点で自分もオタク??)

2006/04/05(水) 新人駅員、鉄道マニアに出会う
 春です。新しい年度が始まりました。皆さんの職場や学校でも、新しい顔ぶれが仲間入りしたのではないでしょうか。

 と、たまには普通の(?)語り出しにしてみました。そんなわけで、駅のみどりの窓口も、定期券を購入する新しい仲間たちで大混雑なのです。
 大混雑シーズンのまっただ中、例によってマニア向けトクトク乗車券(例…昨年8月の日記参照)を買うために窓口に並ぶのは気がひける。なので、JTBで買おうと思ったのですが、「JRから販売許可が出ていないので、発券できません」とのこと。あまりにもマニア向けだったのだろうか。
 仕方が無いので、定期券を買う人々に混ざって、みどりの窓口に並ぶことにしました。横浜駅のみなみ通路(旧相鉄口)にある小さな窓口。ここは穴場で、いつも比較的空いています。この日も4、5人しか並んでいませんでした。

 5分ほど待って、順番が回ってきました。窓口の男性は新人らしく、後ろでベテランらしき中年職員が待機し、いろいろ指示を出しています。
 念のためホームページからプリントアウトしたきっぷの説明を見せて「これをお願いします」と注文。窓口氏、真剣な表情でパネルを叩き始めました。
 悪戦苦闘しつつも、無事発券終了。良かった…と思いきや。
「4,400円になります」…ええっ???
「あの…違いますでしょうか」
「え、ええ…こちらに3,500円と書いてあるんですけど……」

 後ろに並んでいる人々のいらいらの視線が突き刺さってくる。「おい、手間取らせてんじゃねえよ、こっちは忙しいんだよ。このひまひま鉄オタが」と。ひいい〜(泣…って被害妄想か??)
「かわろう」ずっと後ろにいたベテラン職員さんが口を開いた。新人職員と交代し、ポンポンポンと機械を操作する。
「間違って発券した時は、こうやって処理して…」
 新人駅員さんにはいい学習の機会になったかも知れませんが、こっちはハラハラし通しでした。マニア向け乗車券は、窓口が空いている時に買いましょう…。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.