ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年5月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/05/31 いだてん名セリフ集(第16回〜第18回)&スカーレット
2020/05/15 いだてん名セリフ集(第13回〜第15回)&ちかえもん
2020/05/05 いだてん個人的名セリフ集(第10回〜第12回)
2020/04/30 いだてん個人的名セリフ集(第1回〜第9回)
2020/04/18 ひまひま『いだてん』感想(第4回〜第6回)

直接移動: 20205 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2006/05/29(月) マニアを見下すマニアたち
 昼下がりの横浜駅。ダイヤが変わってからほとんど利用していないので、ちょっと戸惑う。
 3番線の電光掲示板には「試運転」の文字。2番線の快速に乗り込み、発車すると、入れ違いに3番線に黄色い3両編成の列車が入ってきた。鉄道マニアの追っかけ(?)が絶えないという、旧型車両「モニ2000形」。ホーム先端部では、3名ぐらいのマニアがカメラを構えていた。
 二俣川まで観察していると、各駅のホームにもれなく2〜3名のマニアの姿が。一つのものを一途に追い求める姿勢が素晴らしい(本当か?)。ぼくはものぐさマニアなので、追っかけをする根気は無いのです。

 話は変わって。『他人を見下す若者たち』という本、タイトルに惹かれて買ってみました。
 「他人を見下す若者」というテーマは、以前から興味がありました。というのも、ネットの掲示板などを見ていると、誹謗中傷、罵詈雑言、逆上、逆ギレ、逆セクハラ(…はあんまり無いか)等にあふれていて、見ていてぐったりしてしまうからです。日常生活であんな会話しようものなら、間違いなく相手にボコボコにされるだろうに、匿名性というものは恐ろしいなと思います。

 で、そうした心理をこの本は解明してくれるのか、と思い購入したのですが、10ページほど読んで眠くなってきました。なんだか学校のレポートを書くために読んでいる参考文献みたい(著者が教育心理学専門の大学教授らしいので、仕方ないのですが)。
 …って、10ページ読んだだけでこんなこと言ってては、「本も読めない若者たち」などと書かれてしまいそうですが。

 この本と全く関係ない非学術的見地から言うと、ネット上の若者が他人に対して攻撃的なのは、自分が他者に攻撃されることを極度に恐れているからではないでしょうか。先制攻撃ってやつです。なんか不健全だなあ、と思います。
 ちなみに、このひまひま日記、一人でボケて一人でつっこんでいることが多いですが、これも他人からつっこまれることを恐れ、先に自分でつっこんでおこうという心理から来るものと思われます。「先制一人ボケつっこみ」と言います。だから何なんだという感じですが。

2006/05/19(金) 愚痴はやめましょう
 以前、福祉業界もこれから厳しい・・・というようなことを日記に書いた気がするが、いよいよ勤め先の職場も先行きが不透明になってきた。
 こんな時、「利用者へのサービス維持」に全力で努めるのが専門職としてあるべき姿なのだろうが、いつまでこの職場に勤めることができるのか・・・と、そればかり気にしている自分がいて、なんとも情けなくなってしまう。
 そんなわけで、どうも暗い気分になってしまうのですが、ひまひま日記はあくまでひまひまにやっていきたいと思います。

 田村高廣さん死去のニュース。『ファイト』で、前半の辛い展開では朴訥とした雰囲気で和ませ、後半は、時折見せる厳しさで緩めの展開を締めていました。村上先生、良かった。残念です。

 さて、本編の更新をさぼりまくっていますが、近々写真日記を更新予定です。お楽しみに(という程でもないが…)お待ちください。

2006/05/15(月) バスは一日一度来る
 なんのかんの言って、今日も二俣川でひまひま日記を書いています。そのうち、「いつまで居るんだよ!」と突っ込まれそうで怖い。

 午前中、FMヨコハマを聞くことが多いのですが、最近、ラップと言うのでしょうか、ヒップホップと言うのでしょうか、違いはよくわからないのですが、そういった類の曲が流れることが多い。
 で、個人的にこうした曲がどうにも好きになれないのです。なんだか朝から耳障りで。朝はもっとさわやかな曲で過ごしたいなあ(NHKでも聞いてろ、って感じですが)。
 起源をたどれば黒人の自己主張などの深い意味があるのでしょうけど、最近日本で流行ってるラップって、なんか別に大した主張も無さそうだし。
 それに比べて、昔、吉幾三の「おら東京さ行くだ」って曲がありましたが、あの曲は自己主張があって素晴らしい。田舎者の自己主張。まさにラップの王道です(ラップを良くわからずに言っているのですが)。

 などなど思っている時に、関根勤がラジオで「ラップって歌が上手い奴が歌ってるんなら許せるけど、上手くもない奴がラップでごまかしてるんじゃないか」と言っているのを聞いて、言いたい事を代弁してもらったような気がして、スッとする思いがしたのでした。ほんとに、実は上手くないのでは…と思うことしばしばなのですが、どうなのでしょう(自分が歌がヘタクソなのを差し置き言っているのですが)。

2006/05/04(木) お笑い居酒屋
 私事ですが、仕事の関係上でしばらくの間横須賀に住むことにしました。長年住み慣れた二俣川を一時でも離れるのは寂しいのですが、何のかんの言ってしょっちゅう戻ってくると思いますので、「横須賀行ったんじゃなかったのかよ!」と言わず暖かく迎え入れてやってくださいませ。
 そんなわけで、ひまひま管理人業務も引き続き(勝手に)勤めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 今日は、学生時代の友人たちと久々に会ってきました。久々と言いつつ、このひまひま日記でしょっちゅうそんな事を書いてる気もしますが。
 行ったのは、ネットで見つけた恵比寿の居酒屋。場所柄の割にお洒落過ぎず(←これ重要)、居心地のいい店でした。店員さんは福建省出身(名札に書いてあった)の陳さん。なかなかいいキャラクターの方で、楽しかったです。「お前に食わせるタンメンはねえ」と言ってもらおう、などと仲間うちで画策していましたが、言い出せませんでした。そりゃ言えないって。
 友人が、トイレに行った帰りに「隣りの部屋にN(お笑いコンビ)のOらしき人がいたよ」と。さっそく陳さんに確認してみました。
「うん、Oさん時々来るよ。あと、Sさん(大物お笑い芸人)も。わたし、あんまりテレビ見ないからわかんないけどね。きれいな女の人ならいいけど。わはははは」
 こっそり来ているだろうに、あっさりバラしていいのか陳さん。私も友人も、Oさん出てくるかな、と隣の部屋のドアをチラチラ見ていましたが、結局一度も出てくることはありませんでした。

 そんな芸能人も出没する東京から、現実世界に舞い戻り(?)横浜へ。相鉄の最終かしわ台行は、普段の車内平均年齢より20歳ぐらい低いのではないか、と思うほど若者でいっぱいでした。二俣川で下車した人々も若い人ばかり。日中は見かけないんだけど、どこに住んでいるんだろう?
 …と言うか、若い人は日中は働いたり学校行ったりしてるんでしょうね。普通は。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.