ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年6月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2019/11/02 私の鉄道マニア人生
2019/10/22 ボーッと生きている私です
2019/10/05 私の心もプライスレス(適当)
2019/09/21 悪夢のごとく
2019/09/16 ひまひまラジオ日記

直接移動: 201911 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2006/06/10(土) ゆめの町をもう一度
 もう7,8年前でしょうか。ドリームランド近くに住んでいる友人の家へ遊びに行きました。
 湘南台からバスに乗り、バスを降りたのは夜9時過ぎ頃だったかと思います。廃墟と化したモノレールのレール、そして暗闇にそびえ立つ、すでに営業廃止となったホテルエンパイヤ。ホテルの外壁はネットで覆われ、それが強風にあおられバタバタとたなびいている。なんとも不気味で、ゴーストタウンという言葉がぴったりのような気さえしました。

 その日は友人の家に泊まり、翌日はドリームランドの無料券があるとのことで、男二人で行ってきました。
 男同士で遊園地、などというと寂しさがあふれ出ているような感じですが、ドリームランド自体の寂しさに包まれると、それがちっぽけなものに思えました。
 乗り物に乗るにしても、係員さんが複数のアトラクションを兼務しているので、作業を終えて回ってくるまで、発車を待たされます。行列待ちをするテーマパークの経験はあれど、係員待ちをするなんて初めて。
 某ランドのジャングルクルーズ風の乗り物の渋さにも泣かされました。こちらが元祖なんだと思いますが、元祖なのになぜかつつましくて。乗客は我々二人と、遠足の下見に来ているらしい学校の先生の計3名。その3名の乗員のために、乗組員のお兄さんは熱演してくれました。
「あ、あそこにワニが!!…動かないですけど、気にしないでください」
 最後は観覧車に乗車。名物の「動くゴンドラ」は避けて普通のゴンドラに乗ったのですが、老朽化のためか、ギシギシ、ミシミシと動きます。ちょっと怖い。
 そして眼下に、青い鉄骨とガラスに包まれた真新しい駅が見えました。もうすぐ開業するゆめが丘駅。もしかして、ドリーム=ゆめ、ってことなのかな、とその時気づきました。
 ドリームランドが廃園になったのは、それから間もなかったと思います。しばらく残っていた観覧車も取り壊され、エンパイヤだけがひとり寂しく立っている状態でした。

 そして今日の夜、近くを車で通ったのですが(弟の運転)、エンパイヤの最上階の明かりが煌々と灯っているのです。
 立派な門もできていました。4月にオープンした薬科大です。近いうちに開校するとは聞いていましたが、すっかり忘れていました。
 初めて見る、輝くエンパイヤ。大げさですが、とても力強く見えて、ちょっと感動してしまいました。学生の図書館として再起を果たしたようです。ドリームランドは無くなったけど、また新しいゆめが生まれる場所になるといいなあ、などと思ったのでした。

下の写真は、2002年にゆめが丘駅ホームから撮影したもの


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.