ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年7月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/09/19 幼い日の忘れていた思い出
2020/09/13 列車で旅するよっぱらい
2020/08/22 勝手にGOTOしてきました
2020/07/26 いだてん名セリフ集(最終回)
2020/07/25 いだてん名セリフ集(第45回・第46回+第4回)

直接移動: 20209 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2006/07/30(日) 車掌さんの気持ちになって考える
 恒例の鉄道取材(と言うか、旅行)で、北陸地方へ行ってまいりました。二俣川の取材をしろよ、という感じですが。
 久々に上越新幹線に乗って、新幹線ってこんなに座席が狭かったっけ…??と思いました。車両が古かったからかも知れませんが、東海道新幹線とは明らかにサイズが違う気が。座っているとどうも息苦しく、やっぱり新幹線は移動の手段であって、乗って楽しむものではないなあと思います。

 帰りの特急列車で、ちょっとクレーマーっぽい初老の男が車掌さんに絡んでいました。
 じっくり会話を盗み聞きしていたわけではないので(そんな人イヤ)、詳細はわからないのですが、どうも経緯をまとめると以下のとおりのようです。充分盗み聞きしてますか。

何らかの事情で男が指定した座席に座れず(発券ミス?)、車掌が予備の空席に案内
→男「誰かが乗ってくると思うと落ち着かないから、新しい指定券を発行しろ」と要求
→車掌「この席は誰も乗ってこないから、大丈夫です」と軽くいなし、その場は収まる
→途中で車掌がJR西日本からJR東日本に交替。交替した車掌が検札する
→男「引き継ぎもできていないのか、新しい指定券を発行しろ」と再び要求
→車掌「それはできません」と拒否、できない理由を説明する
→男怒り出す、車掌もひたすら説得しようとする、やりとりが終点まで続く…(約1時間)

 こういった困ったお客様にはどう対応すれば良いのでしょうか。車掌の立場になって考えてみました。

@とりあえず「申し訳ありません」と平身低頭で謝る
…ぼくが客の場合、このようにされると「あ、もういいです、わかりました」と早くその場を終わりにしたくなってしまうのですが(だって面倒くさいので)、世の中はそんなに甘くないみたいで、ここぞとばかり攻撃の手を強めてくる人も多いと思われます。
A必死に、自分の正当性を説明しようとする
…この場合、JR東日本の車掌がこのタイプにあたると思われます。でも相手も自分なりの正当性をもっているわけだから、これは多くの場合逆効果。話は平行線、水掛け論、互いに言い負かそうとどんどんエスカレートすることになります。
Bあまり深く関わらず、軽く受け流す
…この場合は、JR西日本の車掌がこれにあたるでしょうか。これも相手を間違えると、「なめとんのか」と逆上させることもありそう。

 結局どうすればいいんだという感じですが。どなたかクレーム対応に詳しい方がいましたら、正しい対処方法を教えてください。
 第三者だから、こうしていい加減なことをボケーっと考えながら列車に乗っていたのですが、実際に自分が苦情を言われる立場になったらなかなか難しいなあ、と思います。うまく相手にあわせて対応を変えられるといいんですけどね。

 そんなこんなで、関東地方に戻ってきました。東海道線の車内での若い人たちの会話を聞いていると、どこか北陸の若者たちに比べてキンキンした、耳に障るような印象を受けるのです。北陸人の方がまじめで落ち着いている、なんてことは無いでしょうから、やっぱりなまりの効用が大きいのかも知れません。あの独特の北陸イントネーションに癒し効果があるのかも?などと思ったりしたのでした。

2006/07/21(金) 哀しい欽ちゃん
 コラムニストの故・ナンシー関さんが、事あるごとに「欽ちゃんを見てると哀しくなる」というような事を書いていました。つまらない欽ちゃんと、それを見て笑う観客・・・その空間自体が哀しいと。
 そう考えると、球場でマイクを持って走り回る萩本監督もとてつもなく哀しいのかも知れませんが、長年の欽ちゃんウォッチャー(←そんな人イヤだけど)の私から見ると、萩本監督は、バラエティー番組で見る近年の欽ちゃんとは別人のように元気に思えました。何か、迷いが無くなって吹っ切れたかのような。香取慎吾に任せて緩いツッコミでお茶を濁している最近の仮装大賞を見る度、欽ちゃんの居場所はもうここではないんだろうなあ、と思っていました。

 そして、突然の解散劇。一選手の不祥事で球団全体が無くなるというのはやはり理不尽で、我々一般人には理解し難いですが、責任うんぬんよりも、夢から覚めてしまった思いなのでしょう。哀しい欽ちゃんは、今まで見たことも無いぐらい哀しく見えました。

<追記>
 やっぱり…とは思いましたが、前言撤回ですか。
 スタンドの激励に「おれやるよ〜」と感激する欽ちゃん。感激するのはいいけれど、みんなが暖かい観客ばかりだと思っちゃってるんじゃないかなあ…。立川談志が「あいつはバカだから」と蔑んでいたけど、世間にはそう見てる人たちもいっぱいいるんじゃないかなあ…。この辺りこそが欽ちゃんの「哀しさ」なのかなあ……。
 と言うか、なんで私はここまで欽ちゃんについて考えているのか。(7月22日記)

2006/07/13(木) ボンクラ共が夢の跡
 ノートパソコンが不調で、リュックで背負って実家に持って帰ってきました。実家で使ってみると、なぜか無事直って問題なく動いています。こうしたことがこれで2回目。よっぽど二俣川が好きなのでしょうか、このパソコンは??

 きのうは、大変疲れることがあって心身ともにクタクタになってしまいました。なんで疲れたかは、ここで書いても面白くないので省略します。って、普段書いてることは面白いかと言われると困るのですが。
 クタクタになりつつ、ぬぼーっとバスを待っていると、1通のメールが。見知らぬアドレスからです。どうせいたずらメールだろう、と思って見てみると。
「オレのツレも日曜日行きたいって」
…オレもツレも日曜日も何だかわからないよ!! なにか返事を出したほうがいいのか?と迷っていると、見知らぬ外人さんに声をかけられました。

「タケー、5バン?」
武というところへ行くには5番のバスでいいのか、と言いたいようです。
 ええーと…よく知らないんだけど(バス停の表示を眺めつつ)…たぶん大丈夫だろうな…。
「うん、5番でダイジョーブです。5バン5バン」
「アリガトウゴザイマス、ヤサシイヒトデスネー」
「あ、いやいやいや」
「ヘヘヘ(両手を広げて)、ヘンナガイジンー」
「え、いやいやいや」
 なんか訳のわからない会話になってしまいました。無事たどり着けたでしょうか。ちょっと不安なのですが。

 話は変わって。最近毎日のようにサクサクを見ております。朝起きてたら朝見て、夜起きてたら夜見て。両方起きてたら両方見ちゃったりして。ひまひまの鏡です。
 で、某所(巨大掲示板)のサクサクスレを見ると、新MCに対しての罵り書き込みが凄い。空気読めだの、使えないだの、豚だの、辞めろだの。
 まあ、某所は罵りが半分以上を占めているので仕方ないのですが、確かに番組を見ていると、黒幕氏の、番組全体の会話の歯車が微妙に噛み合っていない事に対する、焦り・いらだち等を感じることは度々あります。
 でも、ここで視聴者が「つまらない」と罵ってばかりだと、スタッフはもっと面白くしなければ、と焦り、さらに歯車が狂っていくんじゃないかなあ…とも思います。
 ボンクラ共を批判するばかりでなく、そのボンクラぶりを暖かく見守って、良さを伸ばしていくのも大事なんじゃないでしょうか。これはテレビ番組に限った事じゃないですが。以上、一ボンクラの意見でした。

2006/07/07(金) 人生を見つめ直すひまひま日記
 皆さん日記というものを書いていますでしょうか。
 ぼくはものぐさ人間なので、このひまひま日記以外には日記を書いていません。そもそも日記なのに毎日書いてないですし。「ひまひま週記」といったところか。
 仕事関係の知人で「毎日、その日にあったこととそれに自分がどう対応して、どう感じたか書きとめることにしている」という人がいて、感心してしまいました。とても自分にはムリ。書いているうちに「なんて私はダメな人間なのでしょう」とどんどん落ち込んでしまいそう(と言うより、落ち込む以前に単にめんどくさいのですが…)。

 そんなわけで、このように気が向いた時に、どうでもいいことをダラダラと書き連ねているのであります。
 それでも、過去のひまひま日記を読み返してみたら何かしら自分を見つめなおすこともあるかも知れない、と思い、7月の日記を振り返ってみることにしました。
 ええーと。3年前(2003年)の7月(http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Asagao/6432/diary200307.html)。クロネコヤマトの大阪弁CMがわざとらしい、と怒っている。
 2年前(2004年)の7月(http://diary1.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/futasuru-kai/?Y=2004&M=7)。帰宅途中に急にお腹が痛くなって、桜木町のホテルに緊急宿泊か。そんなこともあったなあ。
 昨年(2005年)の7月(http://diary1.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/futasuru-kai/?Y=2005&M=7)。エアコンが漏電して家が停電して大変。そうかそうか。

 結局、自分を見つめなおすような事は何ひとつ書いていませんでした。と言うか、ネタが無いから過去の振り返りでお茶を濁しているのがバレバレなのですが。次回はちゃんとやります。はい。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.