ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年4月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/26 いだてん名セリフ集(最終回)
2020/07/25 いだてん名セリフ集(第45回・第46回+第4回)
2020/07/20 いだてん名セリフ集(第43回・第44回)
2020/07/14 いだてん名セリフ集(第40回〜第42回)
2020/07/12 いだてん名セリフ集(第37回〜第39回)

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2007/04/22(日) これでいいのか、どんど晴れ
 またも朝ドラ『どんど晴れ』について。何回か見てみて、目指す方向が何となくわかってきました。ああ、このドラマは「困難に負けず頑張る主人公、その頑張りが周囲に認められていく」という、近年の朝ドラの基本路線を踏襲していくのだなあ、と。はっきり言えばベタな路線です。
 朝ドラに斬新さを求めている視聴者などいないとすれば、このベタ路線は正解なのかも知れません。しかし、スタートから挑戦を避けて、安全・安定を求める姿勢に、なんだか志の低さを感じてしまうのです。「視聴者はこの程度のもので喜ぶだろ」という制作側の安易さを感じてしまって。

 何度も引き合いに出してしまいますが、『ファイト』(の特に中盤まで)を面白いと感じたのは、この朝ドラ基本路線を敢えて崩していたからです。
 仲居として働くエピソードはファイトにもあったのですが、印象に残っているのは、主人公がミスを犯してしまい、お客様に直接謝りに行きたいと言った時の、女将(歌える女将、由紀さおり)の叱責。「従業員のミスは全て私の責任です」という厳しい一言。
 この言葉は、言ってみれば至極当たり前なのですが、この「当たり前」があるか無いかで、ドラマの印象や主人公への共感は大きく変わってくると思います。そして、今のところ『どんど晴れ』にはその「当たり前」を感じないのです。

 …たかが朝ドラについて、こんなに必死に語るのもどうなんだという気もしますが。まあ、ひまひま日記なので良しとしてください。
 批判するためにドラマを見るのも正しい見方ではないと思うので、とりあえず今シーズンの朝ドラ日記はひとまずお休み。ドラマが急激に面白くなったらまたやるかも知れませんので、お楽しみに(←誰が??)。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.