ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2007年6月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2020/04/05 忘れた頃にひまひま朝ドラ日記
2020/04/04 外出自粛で、みんなでひまひま
2020/03/03 さび抜き断シャリ
2020/02/23 プライムミニスター・モンスター
2020/02/17 どっちにしても怒られる人

直接移動: 20204 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2007/06/12(火) 飛行機嫌い、どげんかせんといかん(前編)
 掲示板でも飛行機怖い怖いとしつこく書いてしまいましたが、出張で宮崎へ行ってまいりました。

 出発前日に二俣川の実家へ戻り、早朝、ひまひま企画「羽田へ行って空弁を買おう」(2005年7月の「写真日記」参照)以来の羽田空港行きバスで出発! 日中に乗った時は閑散としていた空港バスですが、この日はスーツ姿の人やグループ客たちでそこそこの乗車率。乗ったバスは相鉄の「ハイウェイクルーザー」なる車(かっこいい!?)でした。
 さて、バスは順調に走って羽田空港に到着。ほんとに久しぶりに飛行機に乗るので、いまいち勝手がわからない。券売機で予約したチケットを購入し、恐る恐る手荷物検査に突入…。
 すると、ピコーンと赤ランプが点灯! ああ、どうして…何にも悪いことしてないのに?? どうも、ベルトの金属に反応してしまったみたいなのでした。ベルトを外して、無事通過。

 さて、飛行機はターミナルから離れたタラップから乗るみたいで、バスに乗って移動します。かつて、徳島へ行った時に(この時もやはり出張)同様にバス移動した覚えがあります。この時は、エンジントラブルとかで飛行機が離陸を中止して、我々を乗せたまま格納庫みたいな所に入ってしまい、不安なまま1時間ぐらい待たされたのです。あの時の再来になりませんように…とまた不安がつのる。
 バスから乗り移った飛行機は、南国っぽいデザインの、やや小ぶりなもの。機内に乗り込むと、今までばかでかい飛行機しか乗った経験が無かったので、小ささが際立ちます。

 滑走路の混雑で10分ほど遅れて、いよいよ離陸。ぐおーんという轟音とともに、背中にぐぐぐんと圧力がかかり、大きく左に傾きながら地面がどんどん離れていく。ひじかけを握る手から尋常じゃない汗が出ているのがわかる。こんな姿、人に見られたくない。
 小ぶりでやや古めかしい飛行機は、離陸後も、いかにもがんばってますという感じでがんがんと飛行を続ける。乗り心地としては、京急の古い車両が、快速特急で目いっぱいの速度で飛ばしている感覚です(例えがわかりづらい??)。
 全く落ち着かない空の旅でしたが、唯一、三浦半島の上空を飛行していた時は感動しました。ああ、普段はあのあたりで生活しているんだなあ…と手にとるように見えたのでした。

 1時間半の飛行が終わりに近づき、海の向こうに宮崎の街が見えてきました。羽田のように旋回して着陸するのではなく、じわじわと高度を下げつつ、海に向かった広々とした滑走路にすとんと着陸。あっけない感じでした。
 なんだか行きの行程だけで長くなってしまいましたが。続きはまた次回に。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.