ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年10月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/05/31 いだてん名セリフ集(第16回〜第18回)&スカーレット
2020/05/15 いだてん名セリフ集(第13回〜第15回)&ちかえもん
2020/05/05 いだてん個人的名セリフ集(第10回〜第12回)
2020/04/30 いだてん個人的名セリフ集(第1回〜第9回)
2020/04/18 ひまひま『いだてん』感想(第4回〜第6回)

直接移動: 20205 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2008/10/24(金) お風呂と和菓子にさようなら
 ひまひま管理人が住んでいる三浦半島には、あまり温泉やスーパー銭湯といったものがありません。代わりにあるのが、海洋深層水を使ったお風呂。京急グループで海洋深層水事業を手がけているそうで、いくつかのホテルや日帰り風呂で海洋深層水を使用しています。観音崎の京急ホテル併設のスパでは時々メンズデー割引なるものがあり(レディースデーはよくあるけど、これは珍しい?)、散歩がてらたまに行っていました。
 割引後でも料金は1,000円とやや高めでしたが、タオルも付いているし、海に面していて気持ちがいいし、何より空いているのがいい。そんなわけでけっこう気に入っていたのですが、海洋深層水ブームは去ってしまったようで、取水事業は終了、海洋深層水風呂は普通のお風呂になってしまうことに。ヒリヒリする感触が独特で、いかにも身体に良さそうだったんですけれども。残念です。

 さて。先月の話ですが、16年間続いたというテレビ東京の『TVチャンピオン』が終わってしまいました。この番組、開始当初はよく見ていたから若干の思い入れがあるのです。高校生のさかなくんも出ていたなあ。何度かリニューアルを繰り返し、もう潮時か…と思わせつつも、時々思い出したように原点回帰のようなバカバカしい企画(いい意味で)をやってくれるので、そのたびにやっぱり続いてほしいと思うのでした。
 最終回は、過去に最高視聴率を記録したという人気企画『和菓子職人選手権』。白根にある「和作」という和菓子屋の職人の山田さんが、何度も千葉の和菓子屋の職人に挑み、敗れ去っていたのが印象に残っています。普通、職人系の選手権って、プライドがあるのか一度敗れた選手はなかなか再チャレンジしないのに、そのしつこさが素晴らしい(いい意味で)。千葉の職人が殿堂入りだか何かで出場しなかった回で、山田さんが念願の優勝を勝ち取った覚えがあります。
 そしてこの最終回では、歴代最高チャンピオンという千葉の職人に、他の職人が挑む形に。山田さんも久々に出場していました。すっかりおじいさんになった姿に時の流れを感じます。そして山田さんは、「和菓子スイーツ対決」なる勝負でいかにも和菓子的なスイーツを作り、残念ながら敗北、決勝に進むことができませんでした。
 こう書くと和作の和菓子が大した事無いみたいですが、そんな事は無く、一度買ったことがありますが大変美味しかったです。念のため。

 最終回ということで過去の名場面集も放送していたのですが、これがいわゆる感動の名場面など一切無く、ひたすらバカバカしい場面ばかりなのに逆に感動(長太巻き早食い対決なんて素晴らしい)。この番組の潔さを感じました。
 思えば、この番組が始まった頃は、画面から何ともいえない「いかにもテレ東」といった雰囲気を発していたなあと思います。今やテレ東からNHKまで、どの局にチャンネルを合わせても似たような画面ばかり。没個性。なんだか寂しいなあ…と思うのです。また年寄りの戯言みたいになってきたので、このへんで。

2008/10/14(火) 幸せFM、大矢監督、そして緒方拳さん
 美容室というものに縁が無い私は、カットはいつも千円カット。丸椅子の上に無造作に置かれたごく普通のラジカセが、安さを演出しています。
 店内に流れるFMヨコハマ。なぜFMで読まれるメールやFAXって、夫に感謝していますとか、息子を愛していますとか、彼氏とラブラブですとか、みんな幸せいっぱい胸いっぱいなんだろう(特にFヨコの平日はそれが顕著)。DJも「ああーわかるわかるー」なんて同調したりして。そんなの公共の電波に乗せないで、身近な友人同士で話してもらいたいのですが。
 これがAMだったら、アナウンサーが「はいはい、よかったですね」なんてあっさり流してくれるのに。と言うかリスナーも、妻に浮気がバレましたとか、彼氏にフタマタかけられましたとか、自分で落としてくれるのに。

 ・・・などと書いていて、要約すると「他人の幸せが嫌いで不幸が好き」というだけの事に気づき、イヤになってきたのでこのへんにします。
 最近の話題で印象に残ったのは、『大矢監督、岡田辞任聞いていた』のニュース。「(岡田監督が)辞めると聞いていたよ、いろいろ大変だったみたいだよ」と、大矢監督が記者に話したとのこと。
 当然ネット上では「お前はどうなんだ」「お前が辞めろ」などとの書き込みが。個人攻撃は嫌いだけど、これは突っ込んでくださいと言わんばかりのコメントだもんなあ。ある意味ボケ名人、前フリ名人??

 そして緒方拳さんの死去。映画やドラマをあまり見ない管理人は演技云々はあまりコメントできないのですが、去年の大河ドラマ『風林火山』では、アクの強い共演陣&演出の中で、明らかに浮いている感じがしたのでした。ベテランらしい抑えた演技なのかとも思ったのですが、今思えばすでに体力的に厳しかったのかも知れません。
 先日、追悼企画として放送されたドラマ『帽子』を見ました。風林火山から半年、すっかり痩せてしまった姿に驚きました。そして、老いた帽子職人の役に驚くほど溶け込んでいました。まさに命を削って演じていたのだろうと思います。時折、役の中で見せる「ニコッ」という笑顔がとても印象的でした。

2008/10/01(水) 秋だ一番朝ドラ日記2008
 毎度おなじみ、ひまひま朝ドラ日記の季節がやってまいりました。

 まずは前作『瞳』について。残念ながら、後半は興味を失いほとんど見なくなってしまいました。類型的なゲストキャラが出てきては問題が起こり、1〜2週でなし崩し的に問題解決…という流れの繰り返し。せっかく半年という長いスパンで放送する朝ドラなのだから、もったいないなあと思うのです。その前の『ちりとてちん』が、半年見続けた人だけが楽しめる作りになっていたので、余計にその差が際立ってしまいました(だからこそ、『ちりとてちん』は視聴率が悪かったのかも知れませんが)。里親制度という難しいテーマを扱ったとはいえ、アナウンサーによる説明過多のナレーションも、教育テレビを見ているような違和感がありました。
 そんなわけで、個人的には残念な結果に終わった『瞳』の後を受けて始まった『だんだん』。初回と2回目の放送を見てみました。以下、感想の羅列を。

・オープニングは『ちりとてちん』風のCG多用映像。個人的には、オープニングだけは毎年、東京の朝ドラ(年度前期)の方が大阪(後期)よりも爽やかでいいなあと思います。
・画面分割を多用する演出に、お年寄りには見にくいのでは…?と思ったら、初回だけの演出だったみたい。
・吉田栄作が父親役、というのに時代の流れを感じました。が、見てみると違和感が無いのにさらに時代を感じることに。
・『てるてる家族』と『ファイト』のおばあちゃん揃い踏み。キャストを使いまわして(?)います。
・芸能プロダクションのスカウト、あれじゃただのストーカーだ。
・最後のコーナーが『ふたごバンザイ』って…。

 朝ドラは2〜3回見るとだいたい自分の好みに合うかどうかわかるのですが、『だんだん』は今のところまだ様子見段階です。ここまでは、登場人物と設定の紹介でかなり詰め込んでいる感じ。この先の息切れがちょっと不安です。離ればなれの双子が再会して歌手を目指すサクセスストーリー。お話としてはベタなので、どう面白く展開していけるか、とりあえずは期待していきたいと思います。
 それでは、また来年の春お会いしましょう。さようなら〜(←もういいよ)


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.