ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年11月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/17 どっちにしても怒られる人
2020/02/03 清く正しく、やかましく
2020/01/27 良いダメ人間、悪いダメ人間、普通のダメ人間
2020/01/18 二俣川に大河が来る
2020/01/09 未来と希望と、しょんぼりと

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2008/11/11(火) いつかおとずれる日
 先月、私の働いている福祉施設を利用していた方が、事故で亡くなってしまいました。利用者であるかたわら、ボランティアとしても活動していました。利用者でありながらボランティアすることに対しては、一部の他利用者から若干の反感も買っていました。
 教会で行われたお別れ会に参加しました。決して弱みを見せず、「障害があることに甘えてはいけない」が持論のような人でしたが、教会の牧師さんの前では、不安や劣等感などをさらけ出していたことを初めて知りました。神様の前でだけは、そういった弱い部分を表に出すことが許される、そう考えていたのかも知れません。今はすべてを表に出して、ゆっくり休んでください、と月並みながらそう思います。

 いま、筑紫哲也さんの追悼特番を見ています。自らの病気を客観的に、克明に記録していることに驚きました。ジャーナリストとしての職業意識がそうさせるのかも知れません。同じくがんで亡くなった久和ひとみさんも、本によるとやはりそうだったようです。キャスター志望の久和さんをテレビ局のプロデューサーに推薦したのが筑紫さんだったといいます。
 どのような死に方をする方は選べません。人はみな死に向かってどのような生き方をするかなのだと、改めてつくづく思います。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.