ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年10月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2020/04/05 忘れた頃にひまひま朝ドラ日記
2020/04/04 外出自粛で、みんなでひまひま
2020/03/03 さび抜き断シャリ
2020/02/23 プライムミニスター・モンスター
2020/02/17 どっちにしても怒られる人

直接移動: 20204 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2009/10/27(火) 有刺鉄線デスハイキング
 浅草か〜ら〜東武に乗って〜♪・・・えー、日光へ行ってきました。
 紅葉の時期の日光はいつも大混雑。行くたびに疲れて、もう行くのやめようと思いつつ、また行ってしまうのです。到着したこの日も中禅寺湖方面行のバスは大行列、いろは坂は大渋滞とのこと。そこでこの方面へ行くのは翌日に回し、初日は霧降高原へ向かうことにしました。こちらへ行くのは初めて。
 霧降高原はうって変わって、リフトもレストハウスも閑散としていました。ここから霧降の滝までハイキングコースを歩きます。熊笹の生い茂る道をかき分けつつ進んでいくうち、だんだん不安になってきます。行き交う人は誰もいない。不謹慎ですが、クレヨンしんちゃんの作者のことが頭をよぎります。日頃の運動不足がたたり、足首がじんじん痛くなってきました。
 途中、コースは牧場の中を通り抜けるルートをたどります。「柵を乗り越えて進んでください」の看板を横目に、どこに柵があるのかなーとぼんやり進んでいくと、突如ひざ上あたりにビリリと激痛が。下を向くと、そこに有刺鉄線があり、はいていたジーンズは引き裂かれてしまっていました。痛さと情けなさで一人森の中でしゃがみ込むのでありました。
 気を取り直して牧場の中に入ります。開放的な景色にしばし痛みを忘れます(写真)。ここからしばらく牧場敷地内を進むのですが、途中で誤ってコースからそれてしまい、門を乗り越えつつ進む羽目に。やっと牧場を抜けた所には、「最近不審者が続出しています、不法侵入者は処罰されます」の看板が。ひい〜。
 そんなこんなで、ゴールの霧降の滝に到着。こちらは観光客でいっぱいでした。外国人の姿も多い。世界遺産効果もあるのでしょう。

 翌日はバスでいろは坂越え。幸い座れたのですが、運転士の「補助椅子は使わないでお立ちくださ〜い」の非情なアナウンスで、立席を強要されてしまった乗客も多かったです。私もかつてこの補助椅子禁止トラップ(?)によって、3時間立ち通しでいろは坂を揺られた経験が。
 日光は交通機関のあり方をもっと考えるべきじゃないかなあ…といつも思います。バスは大混雑、マイカーは排ガスまき散らして大渋滞。まあ、紅葉の一時期だけなのかも知れませんが、世界遺産がこれではどうなのかなあと思うのです。かつては、路面電車やケーブルカーが走っていて、乗り継いで中禅寺湖まで行けたとのこと。復活して欲しいなあと思うのですが…難しいのだろうなあ。この日はそれほど渋滞せず、比較的すんなりいろは坂を越えました。
 戦場ヶ原はこれまでも何度か歩きましたが、いつ行っても気持ちいいです。そしていつ行っても修学旅行らしい小学生軍団がいっぱい。自分たちの頃は、東照宮しか行った記憶が無いのですが…忘れてしまったのかな??

 いずれ紅葉以外の、もっと空いててのんびりした季節にも行ってみたいなあと思います。
 帰りは、今市のジャスコに寄って、破れたジーンズの替えを買ってはき替えて帰ってきました。巨大駐車場に、巨大ショッピングセンター。日本中どこへ行っても同じ光景なのです。

2009/10/18(日) どうなる!? 相鉄ダイヤ改正
 11月1日に相鉄のダイヤが改正されます。このこと自体は相鉄の公式ホームページで既に告知されているのですが、どうも、早売りの時刻表を見たという人のネット情報によると、昼間の20分サイクルが21分サイクルに変更になるらしい。
 21分サイクルとはどういう事かというと(ふたする会鉄道部の皆様には蛇足の説明だと思いますが)、現状、20分でダイヤが一巡しているのですが(二俣川発の上り列車で言うと、快速・急行・各停・急行・各停の順番で一巡する)、これが21分に延びるということ。
 多くの鉄道会社では60を割った数になるサイクルを採用しています(15、20、30など)。理由は簡単で、これだと毎時の発車時刻が一定となり、時刻表を見なくても覚えることができるからです。21じゃ当然ながら割り切れず、発車時刻は毎時バラバラとなってしまう。

 思えば、かつては急行・各停が常に交互に走る、竹を割ったようなシンプルダイヤだった相鉄も、快速登場以降はダイヤ改正の度に試行錯誤、右往左往の連続でした。今のダイヤになって、ようやく落ち着いたと思っていたのですが…。
 それにしても21分って納まりが悪いなあ。なんでこんなサイクルにするのだろう。「星川の工事などもありますし、やむにやまれずこうしたのです」と言うならまあ許しますが(←何様だ)、「1分ぐらいなら乗客も気づかないから、どさくさに紛れて本数を減らしてしまえ」などという考えであれば、なんてみみっちいダイヤ改正。
 時刻表も見ないうちにああだこうだ言ってしまいました。すみません。確認してからまた書きたいと思います。

2009/10/13(火) 妄想ダメダメ映画評
 日頃映画なんかほとんど観ないのですが、あるサイトで「『アンジェラ』という映画が面白い」というのを見て、レンタルで借りて観てみました。自宅に届き、ポストに返却できるというやつを初利用。便利な時代になったもんです。
 監督は(いちいち説明するまでも無いかも知れませんが…)『レオン』で有名なリュック・ベッソン。レオンはかつて観ましたが、暗くてどしーんと後味の悪い記憶しか残ってない…。この『アンジェラ』はうって変わって、ダメ男を天使が救うという、良く言えばファンタジー、悪く言えば妄想(?)映画。
 私は「ダメ男」「妄想」というだけでもう高ポイントだったのですが、世間的にはそうではないようで、ネット上の批評を見るとどうも酷評が多いみたい。まあ、好き嫌いの激しい内容だと思います。これを受け容れない人は、たぶんドラえもんなんかも嫌いじゃないでしょうか(←根拠無し)。

 そう言えば朝ドラ『つばさ』に「ラジオの男」なる羽の生えた登場人物がいたのですが、この映画に影響を受けた部分もあるのかな。主題歌もアンジェラが歌ってたし(←関係無い)。
 今さらですが、つばさもいっそのこと、もっとファンタジーに徹した方が面白かったんじゃないかなあ…。殻に閉じこもる主人公をラジオの男が変えていく展開で。でもそうすると、最後は多部未華子とイッセー尾形が結ばれることになり、これは朝ドラ的にちょっとつらいか。うーん。
 …とどうでもいいことを考えつつ、今週はこのへんで。

2009/10/10(土) 台風前夜の幽霊船?
 台風、思ったよりも被害が少なかったようで一安心です。とは言え、土砂崩れなどがあった所もあるそうですので、良かった良かったとは言えませんが。
 いま住んでいる部屋の窓から見える港。ふだんは小さな巡視船やヨットぐらいしか入ってこない、静かな港なのですが、台風前夜に家に帰ってくると、目の前に巨大な船体が。いつもはここに発着することの無いフェリーが、台風から避難するために入港したようです。
 しかし、灯りの消えた、暗闇にかすかに浮かぶ船影は、正直ちょっと不気味で、気持ちのいいものではありませんでした。
 船は翌日も一日係留されていましたが、台風の去った次の日には、いつの間にかいなくなっていました。

2009/10/02(金) 多摩テックの思い出
 「多摩テック」が先月で閉園したとのこと。大学が多摩テック近くの山奥にあって、毎日のように多摩テックへ向かうバスに乗ってはいたのですが、実際に入ったのは一度きりでした。しかも男4人で。何で行ったんだっけなあ。
 4人でウォータースライダーに乗って、降りた後なぜか一人だけずぶ濡れ状態になっていて、みんなで大笑い。
 なんだかテンションが上がってしまい、今度はいい年してメリーゴーランドに乗ることに(ぼくが希望したような気もするけど)。一人だけ乗らずに待っていた友人(常識人)から、「係のお姉さんがすごい嫌そうな顔してたよ」と聞き、テンション急降下。

 そんな多摩テックも思い出だけの存在になるとは、寂しいものです。しかしあの頃はほんとにひまひまで、何も考えずにただただ毎日過ごしていたなあ・・・今思うと楽しかったなあ・・・・・・。
 今とあまり変わんないじゃないか、という声が聞こえそうです。そんなわけで、今月もよろしくお願いします。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.