ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2011年10月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/04/05 忘れた頃にひまひま朝ドラ日記
2020/04/04 外出自粛で、みんなでひまひま
2020/03/03 さび抜き断シャリ
2020/02/23 プライムミニスター・モンスター
2020/02/17 どっちにしても怒られる人

直接移動: 20204 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2011/10/23(日) 小さな車掌さんありがとう
 日常の生活へと戻り、旅行に行っていたのははるか前のような気分…。ああ、またどっかへ行きたいなあ(←現実逃避)。

 前回書ききれなかったすごいローカル線というのは、島根県の江津(ごうつ)と広島県の三次(みよし)を結ぶ、三江(さんこう)線という路線。江の川という大きな川に沿って、素っ気無い1両の小さなディーゼルカーが、ひたすら低速でとろとろと走ります。地元の乗客は数えるほど。大半は老若男性(女性は無し)の同業者(=マニア)と思しき人たちばかり。

 前の席に座っている男性は、地元客らしい年配の女性と話しています。子どもが3人いて、今日は奥さんにも内緒で列車に乗りにきた…とのこと。
 自分みたいに、常日頃から一人でぷらぷらと生きていると、もしかして本当の一人旅の有難さはわからないのかも知れないなあ…と話を聞き(盗み聞き?)ながら考えてしまう。この男性、しゃべりも上手で、おばあさんは「口が上手やわ〜」と喜んでいます。
 おばあさんが途中で下車すると、残ったのはいよいよ同業者(たぶん)ばかりに。車輪とエンジンの音だけが響き、車内は倦怠感が漂います。全線の乗車時間は3時間超、マニアにとってもなかなか厳しい行程です。

 すると、運転席横にかぶりついていた小さな男の子が、トコトコと一番後ろまで走ってきました。そして、最後尾にデジカメ持って張りついていた男性に「お兄さん、どうして一番前じゃなくて一番後ろにいるんですか?」と質問。
 何の迷いも無く、純粋な質問に、お兄さんも「えっ、うーん…一番前だと邪魔になるから…」と必死に答えていました。
 この男の子、途中で乗ってきた4人組のおばあさんには、下車駅の到着時間などを案内して「車掌さんありがとう」とほめられていました。本当に列車が好きなんだろうなあ。このまま正しいマニアとして(どんなのだ)育ってほしいと思いました。

 途中駅で行き違いのため10分以上停車。外はすっかり薄暗くなっています。写真でも撮ろうかとホームに降りました。
 すると、車掌さんの男の子がやってきた。仲間だと思われたみたい。
「54分に反対列車が到着しますよ。2本並んだ写真を撮ったらどうですか」(まっすぐな笑顔)
「そうなんだ、教えてくれてありがとう…」(無理やりの笑顔)

 しかし、そろそろ54分が近づいても、反対列車はやって来ない。男の子のおばあさんらしき人がドアから顔を出して、「もう中に入りなさい」と促している。「まだ大丈夫だよ」と答える男の子。
 ぼくも心配になって「ねえ、列車が遅れているのかも知れないよ。すぐに発車するかも知れないから、そろそろ乗ろうよ」と声をかける。
 その時、青く暗い線路の向こうに、輝くヘッドライトが見えてきました。
「ね、54分にやって来たでしょう!」

 列車は、無事写真を撮り終えた男の子を乗せて発車しました。終点まであと1時間!

2011/10/15(土) 湯けむり旅情さいふ紛失事件
 いま広島県内にいます。例によってひまひま旅日記です。
 一度訪れたかった島根の石見銀山へ行ってきました。古い町並みを生かしながら、若者向けのショップやカフェが多くある…というのはテレビなどで聞いていた通り(そういう店には入らなかったけど)。感心したのは、車が町に入らないようにして、徒歩や自転車などで回るようにしていることです。他の観光地もマネして欲しいところです。

 今日は降られませんでしたが、昨日は一日中雨。これはもういつものことなので、吹き飛ばされたり電車が止まったりするほどの暴風雨じゃなければラッキー、と思うようにしています。
 そして昨日は雨の中、温泉津(ゆのつ)という町にある古い温泉を訪れました。番台でお金を払って、お釣りを小銭入れにしまおうとすると…無い!!ポケットに入れていたはずの小銭入れが無い!
 頭が真っ白になりましたが、とりあえず風呂に入って落ち着いて考えることにしました。まいったなあ…家の鍵と実家の鍵と職場の鍵、全部つけてあるんだよなあ…。家の鍵はいいとして、職場はまずいよなあ…始末書もんだよなあ…(始末書なんて存在しないけど)。そもそも、「財布と小銭入れを別々にしている男はもてない」ってテレビで言ってたのを、ちゃんと聞いとけばよかったなあ??
 あれこれ考えてまったく落ち着かず、さっさと風呂から出て、交番はどこにあるかなあ…と思いつつ靴を履こうとすると。ありました、下駄箱の中に小銭入れが。靴をしまう時に無意識に入れてしまったみたい。
 いやーよかったよかった。一安心です。と言うか、自分の頭の状態を心配したほうがよさそうだけど…。

 この後、すごいローカル線に乗ってきた話を書きたいと思ったのですが、長くなってしまったので、今日はこのへんで。

2011/10/13(木) 続・ひまひま朝ドラ日記
 前回に続き『カーネーション』について。今のところすごくいい。脚本・演出・役者、どれもレベルが高いと思う。なかなかこの3つが揃う朝ドラって無いのです。
 期待しすぎるとがっかりするのが朝ドラの常ですけど、このドラマは大丈夫なんじゃないか、と期待してしまいます。

 …と、あんまりほめ過ぎると「NHK関係者乙」とか言われそうですので、このへんで。あ、それと「管理人が喜ぶ朝ドラはどれも低視聴率」の法則があるけど、カーネーションはどうなるでしょう(疫病神みたいだ)。

2011/10/04(火) まじめにひまひま朝ドラ日記
 ふたする会ホームページをリニューアルし、いままでトップページにぬけぬけとリンクを張っていたこのひまひま日記も、リンク集の片隅にひっそりと存在するようになりました。
(こちらでご確認を→ http://futasurukai.web.fc2.com/link.html
 それでもここを読んでくださっている方は、余程のひまひま日記ファンに違いない。まあそんな奇特な方はごく少数で、たまたま検索していたらたどり着いてしまった、という方が大半かも知れませんが。
 どちらにしても、読んでいただきありがとうございます。

 さて、この時期恒例のひまひま朝ドラ日記。『カーネーション』初回を見てみました。
 これ、久々に良さそうです。もう録画して毎日視聴決定(←ひまひまです)。映像がかなり凝ってたけど、半年間このテンションを維持していくのは厳しそうだなあ。
 2〜3分の番宣も見たのですが、小林薫演じる父親の気性がけっこう激しそう。これもこれでいいと思うのです。
 前作の『おひさま』はたまに見る程度だったのですが、なんか全体に温い空気が漂いすぎていました(大河ドラマの『江』もやっぱり温くて、ギャーギャー怒鳴ったりはしてるんだけど、なぜか緊迫感がまるで無い)。
 温い(良く言えばほのぼのした)ドラマで、視聴者が元気になるなんてことは無いと個人的には思います。むしろ、登場人物が正面からきちんとぶつかり合うドラマ、現実にはなかなかそうは行かないからこそ、そうしたドラマから元気をもらうことができると思うのです。

 と、ひまひまドラマ日記にしてはやや真面目に考えてみました。
 大阪の朝ドラは当たり外れが大きいというのが個人的印象ですが(東京は優等生的にまとまっている印象)、今回は当たりであってほしいなあ、と期待しつつ、今月もよろしくお願いします。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.