ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年11月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/12 いだてん名セリフ集(第37回〜第39回)
2020/07/05 いだてん名セリフ集(第34回〜第36回)
2020/06/28 いだてん名セリフ集(第31回〜第33回)&女帝のあの人
2020/06/23 いだてん名セリフ集(第28回〜第30回)
2020/06/14 いだてん名セリフ集(第25回〜第27回)&麒麟がくる

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2012/11/24(土) 10周年記念・朝ドラワースト3
 前回のベスト3に続き、ワースト3の大発表!

 第3位は2009年度前期放送の『つばさ』。これは残念としか言いようが無い作品。風変わりな設定に個性的な俳優陣、もっと面白くできそうだったのに。結局「トラブルが起きて、主人公が関わって、1週間で問題解決」の物足りない朝ドラパターンを踏襲してしまった。もう少し冒険してくれると期待していたんだけど…。
 第2位は2008年度後期放送の『だんだん』。全編、そこはかと無いB級感に包まれていて、理不尽な展開の連続に「何だこりゃ」と怒りつつ、結局最後まで見てしまう…という不思議なドラマでした。主演の双子(『ふたりっ子』の子役で人気となったマナカナ)は熱演で、B級感にうまく溶け込んでいたと思うけど。
 そして栄えある(?)第1位は、文句無しで2004年度前期放送の『天花』。上記の2作は、ある程度狙って作っている感もあるのですが、これは全力で作って全力で外しているような感じ。そして、ストーリーが理解の範疇を超えているという意味でも圧倒的。少なくともここ10年では、これを超える作品はありません。「大地ってすごい、感動する!」とか「ひゃっほう!」とか「フレーフレー、天花!」(父親役の香川照之)とか、名セリフが思い出される…(と言うか、文句言いながらどれだけ見てるんだ)。

 以上、ワースト3でした。ワーストといっても、本当に興味の無い作品は全く見ないので、ある意味、記憶に残る作品だったということで…。
 そんなわけで、ひまひま管理人は誰に望まれなくとも、今後も朝ドラに注目して参りたいと思います。

2012/11/17(土) 10周年記念・朝ドラベスト3
 『純と愛』、すっかりコメディタッチになってきた。主人公がおせっかいを焼いて結果的に感謝されるという、典型的朝ドラパターンも、そのままなぞってしまうし。
 これが最初からやりたかった路線なのかな? だとしたら、精神科へ行く行かないのくだりなど、あんなに激しくした必然性が全く感じられないけど…。まあまだ二転三転しそうなので、わかりませんが。

 さてさて。先日予告した通り、ひまひま日記10周年記念企画として朝ドラの10年間を振り返ってみますよ(誰も望んでない)。個人的朝ドラベスト&ワースト3です。
 まずはベスト3から。第3位は2005年度前期放送の『ファイト』。ここ10年来の朝ドラといえば「元気・明るい・わかりやすい」の路線が主流なのですが(『ちゅらさん』の責任(?)は大きい)、このドラマの繊細さは異色を放っていました。特に前半は辛いことばかり続く話なんだけど、決して深刻になり過ぎない軽やかさが良かったです。
 第2位は2007年度後期放送『ちりとてちん』。低視聴率で話題になってしまっている『平清盛』の脚本家さんの作品です。このドラマも視聴率は低かったけど、一部で熱狂的なファンがいたようです。主人公のネガティブな面を徹底して描くところや、前半に蒔いたネタを後半になって回収していく手法など、両作品には共通点が見られます。「お母ちゃんみたいになりたくない」と家を飛び出した主人公が最終的に「お母ちゃんになる」と家庭に入るオチ、批判も多いみたいですけど個人的には「うまい!」と思ってしまいました。
 そして第1位は、2011年度後期放送の『カーネーション』。ここ10年間の朝ドラの中では、頭一つ抜け出ていたと思います。「波乱万丈の女性の一代記」というと昭和の古典的な朝ドラのようですが、この作品はそういう古臭さは無かった。王道なのに斬新、素晴らしい(褒めすぎ??)。脚本がいいと、役者も演出も相乗効果で力を発揮するんだなあと感じました。批判の多かった老年(夏木マリ)編も、主人公の人生を最期まで描くという意味で、やはり欠かせないものだったと思います。

 そんなわけで、次回はワースト3を発表いたします。これ、順番を逆にして、ベスト3を後にしたほうが良かったか??

2012/11/12(月) ドラえもん電車
 しばらく前になりますが、「ドラえもんトラム」に乗りに藤子先生生誕の地(大げさ?)、富山県高岡市まで行ってきました。ひまひまです。
 写真を見ていただきたいのですが(小さくてわかりづらいですが)、ドラえもんをイメージしたカラーになっています。なかなかいいデザインではないでしょうか? 窓や車内天井にもドラえもんのキャラクターがたくさん貼り付けられています。

 ちなみに、小田急が昨年デビューさせた「F-Train」も楽しげなデザインでいいなあと思っていたのですが、東京都から「屋外広告にあたる」などと無粋な物言いがつき、小田急側も大変申し訳ございませんとあっさり謝罪、一度も乗ることなく運転中止となってしまいました。
 今年に入って2代目F-Trainが登場したのですが、再度の行政指導を恐れてか、なんだか寂しくて地味〜なデザインになってしまいました。もうちょっと官民協力して、何とかならなかったのかなあ…(もともと川崎市の藤子・F・不二雄ミュージアムのPR車両だから、東京都としては協力する義理も無い、ということだろうけど…)。
 相鉄も、かつてのほほえみ号や緑園都市号のころの情熱(?)を取り戻して、もっと面白電車を走らせてほしいなあ。最近はやりの萌え系アニメ電車とかは、ちょっと恥ずかしいのでやめてほしいけど。

2012/11/03(土) ひまひま日記10周年
 毎回朝ドラの話題で恐縮なのですが(だったら書くなよ、というつっこみは置いといて)。
 『純と愛』、相当激しい展開になってきた。もはや朝ドラでやってはいけない域に達している感じ。でも、安心・健全な『梅ちゃん先生』からのこの落差、NHKも意図的にやってるんじゃないかと思えてきました。
 このドラマの脚本家さん、民放でいくつかヒットドラマを書いている人ですが(『家政婦のミタ』もこの人)、前評判から、センセーショナルな手法で視聴率を稼ぐ人なのかなあ…と勝手に思っていました(実際に作品を見たことは一度も無いんだけど)。
 このドラマも、極端な登場人物たちが極端な行動を取ってぶつかりあう…という展開で、違和感や不快感を抱く視聴者がいることは理解できます。でも、誇張された中にも人間の本質を描こう…というような気概は伝わってきて、個人的には面白いと思って見ています。「NHKに苦情殺到で突如内容を改変」とか、逆に「清盛みたいに低視聴率をネタに週刊誌に悪口満載」とかならない程度に、ほどほどの人気であってほしいですけど。

 さて…実は今月で『二俣川を有名にする会』ホームページを開設して10周年です。この『ひまひま日記』のコーナーは、開設当時から続いています。というわけでひまひま日記も10周年(二俣川と全然関係無いことばかり書いているけど…)。
 今後ともよろしくお願いいたします。しかし、最初から読み返すと2〜3割は朝ドラのことを書いているな。今度、10年間の朝ドラを振り返ってみようかと思う(誰も望んでいませんが)。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.