ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年4月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2020/09/19 幼い日の忘れていた思い出
2020/09/13 列車で旅するよっぱらい
2020/08/22 勝手にGOTOしてきました
2020/07/26 いだてん名セリフ集(最終回)
2020/07/25 いだてん名セリフ集(第45回・第46回+第4回)

直接移動: 20209 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2012/04/09(月) またまた朝ドラ日記
『来春の朝ドラ、宮藤官九郎さんが脚本』(時事通信)
 NHKは9日、来年春から放送予定の連続テレビ小説の脚本を、ドラマ「木更津キャッツアイ」などで知られる宮藤官九郎さん(41)が担当すると発表した。タイトルや舞台、内容などは未定。
 宮藤さんは舞台や映画、ドラマの脚本の他、監督や俳優まで務めるマルチタレント。NHKドラマは俳優として出演したことはあるが、脚本を手掛けるのは初めて。


 この人、いずれ朝ドラ書くんじゃないかなあとは思ってました。個人的には(そんなに作品を見たわけじゃないですが)ちょっとセリフ回しとかが好みじゃなかったりするのですが、どんな朝ドラになるかはちょっと楽しみです。『つばさ』で大コケしたコメディ路線ですが、今度はうまくいくかどうか。
 ちなみに今秋の大阪朝ドラは、あの『家政婦のミタ』(結局一度も見ませんでしたが)の脚本家が書くということで話題らしい『純と愛』という作品。しかし、中年男性脚本家が描く若者の純愛ストーリー…。あの朝ドラ史上最高(最低?)の迷作、『天花』を思い出して不安になります。いろんな意味で天花を上回れるかどうか?
 さて、現在放送中の『梅ちゃん先生』。朝ドラ離れしたテンションの『カーネーション』の後では正直物足りなくもありますが、見ていて嫌な感じはありません。手堅い作りという印象です。スマップの主題歌ももう慣れました。こぶ平ナレーションはどうにも慣れないけど。
 朝ドラではありませんが、大河ドラマ『平清盛』。視聴率はもはやどん底のようですが、個人的にはようやく面白くなってきました。新選組副長(山本耕史)、今回は強烈ですね。主人公のバカ&ダメっぷりにイラつく視聴者も多いみたいですが、『ちりとてちん』もそうだったし、脚本家さんの持ち味なんだと思います。

 そんなわけで、NHKの回し者(ウソ)が、今週もどうでもいいひまひま日記をお届けしました。

2012/04/03(火) でたらめ感想日記
 月初めの千円デーを利用して、映画を観てきました。『僕達急行 A列車で行こう』という映画(予想通り…という選択ですが)。京急沿線が舞台の1つとなっていて、PR用のラッピング電車も走っています。
 監督の森田芳光さん(『武士の家計簿』など)は上映を待たずに急逝し、この映画が遺作となってしまいました。ぼくは映画はほとんど観ないので、森田監督の作品では、藤子・F・不二雄原作の『未来の思い出』をテレビで観ただけでした。正直、トレンディドラマ全盛期、バブルの残り香といった感じが強くて、いま一つといった印象でしたが…(原作とはだいぶ違います)。
 さて、A列車に話を戻して。あまり人気作品で無いからか、劇場は全席自由席でした。個人的には、席を指定されるよりもこのほうが落ち着きます(昔のムービルを思い出して懐かしい)。狭い場内は半分ぐらい席が埋まっていて、空いている前のほうに座りました。
 観てみての感想は…。まあストーリーは置いといて(?)、松山ケンイチは意外と違和感無かったなあ(清盛よりいいかも??)。台詞も演出もややクセがあるので(しかもアドリブ禁止らしい)、演じるのは大変だったんじゃないかと思う。
 何はともあれ、鉄道マニアを主役にしたことと、やたら列車がたくさん出てくること、この2つだけでも意義深いのです。監督の鉄道に対する愛情(そしてマニアに対する理解)が感じられる映画でした。
 映画を観終わって、緑園都市へ移動。鉄道写真展の最終日なのです。そこでなんと、ふたする会で有名なあの方たちに遭遇! びっくりして動揺しまくってしまいました。恥ずかしい。

 あの方たちが誰であるかはここでは書かずに(何だそりゃ)、話は突如『梅ちゃん先生』について。初回を見てみましたが、正直、まだ様子見段階です。あまり重たい話にする気は無さそうですね。
 スマップの主題歌はどうなのだろう。歌の良し悪しは別としても、スマップを起用する時点で、ドラマとして老若男女万人受け路線を狙っているような気がしてしまって。いや、朝ドラは本来、それが正しい路線なのかも知れませんが…。

 そんなわけで、なんか単なるデタラメ感想文羅列日記になってしまいました。すみません。

2012/04/01(日) 相鉄のダイヤを勝手に考える
 ついに終わってしまいました、『カーネーション』。身近な人を失ってしまったような喪失感です(←相変わらずドラマと現実をごっちゃにしてます)。最終回の締め方が洒落てて良かったなあ。
 朝ドラ、いつもこのひまひま日記でネタにして喜んでいますが、今回のようにネタではなく本当にはまってしまうドラマもあるので、やっぱりあなどれません。次の『梅ちゃん先生』もそんなドラマになるか、はたまたネタドラマになってしまうか、どうか。

 話は変わって。相鉄ダイヤ改正のお知らせ↓。
http://www.sotetsu.co.jp/train/info/pdf/time_change.pdf
 残念ながら、今回も特急設定は無しのようです。当分先になるのかなあ…。
 今回は朝ラッシュ時の快速運転中止が一大トピックのようで、長々と説明(言い訳?)が掲載されています。いつもだったら、「各停が増発・スピードアップします!(それに伴い快速は運転中止します)」みたいに携帯会社の誇大広告風に書きそうなところですが、さすがに今回はそのように扱うことはできなかったようで。
 悪評高い現行の21分サイクルダイヤ(2009年10月の日記参照)や、二俣川での各停長時間停車(二俣川住民にとっては、待合室代わりに使えて便利なのですが)は今回の改正で是正されるようです。しかし、日中の快速はついに30分おきに減便されてしまうみたい(※訂正:平日は20分おき)。
 相鉄のダイヤは、快速設定以来、試行錯誤を繰り返しているような気がします。今さら快速を全面廃止するわけにもいかないでしょうし…。3つの種別でうまくダイヤを組むのはどうも難しいみたい。京急も、日中ダイヤが快特・エアポート急行・普通の3体制になってから、かなり苦労しているような感じがします。
 例外的にうまくいっているのは、東横線の特急・急行・各停の3体制ですけど、ここは(特急+急行):(各停)=1:1の交互に走るダイヤを組んで、わかりやすくしているからだと思います。相鉄もマネして(急行+快速):(各停)=1:1にしてはどうか、と思いますが、そうすると急行が少な過ぎて大混雑、各停がガラガラになりそうで、なかなか難しそう…。
 などと、マニアの勝手かつ無意味なダイヤ妄想をしつつ、今月もよろしくお願いします。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.