ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年6月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2020/09/19 幼い日の忘れていた思い出
2020/09/13 列車で旅するよっぱらい
2020/08/22 勝手にGOTOしてきました
2020/07/26 いだてん名セリフ集(最終回)
2020/07/25 いだてん名セリフ集(第45回・第46回+第4回)

直接移動: 20209 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2012/06/26(火) ただのトンネルマニアにあらず
 土足問題を考える列車旅(何だそりゃ)から帰ってまいりました。
 旅の途中、山奥の小駅の待合室に置いてあった本の中に、一冊の絵本を見つけました。小さい頃読んだ『さだおばさん』。悲しくて悲しくて泣いた覚えがある。今読んでも泣く自信がある(どんな自信だ)。でも、駅員さんもいるしなあ…。絵本読んで一人で泣いてたら相当危ない客だ。
 躊躇しつつも、もう一度読みたい気持ちが勝って、手にとってみました。さだおばさんが行商人で、森林鉄道の事故に巻き込まれて亡くなる…という大まかな話は記憶に残っていたのですが、細部までは覚えていませんでした。駅を任されて、森林鉄道で働いていたんですね(嘱託職員だったのかな?)。
 しかし、絵本というのは過剰な盛り上げも無く淡々としているだけに、かえって辛さが倍増します。なだれに遭い、助け出されるも、息を引き取るさだおばさん。その表情、顔の色から、生気を失ったことが激しく伝わります。優しい絵柄なのに、表現は甘くないんです。
 で、読み終えて…。号泣はしなかったけど(当たり前だ)、かなり涙目になって読んでいたので、やはり怪しい客だったかも。と言うか、これ以上読むと本当に泣きそうだったので、最後のほうはまともに読んでいません…。

 森林鉄道つながりで。全国の廃線や廃道跡などを辿ってレポートしているホームページがあります。もうこのホームページが(大量に記事があるので、まだ一部しか見ていませんが)いろんな意味で凄まじいのです。
 このホームページの作者、「横須賀トンネルマップ」という横須賀市の観光案内マップの監修をしていて、『アド街ック天国』の横須賀の回なんかにもちらっと出てトンネルの解説をしていたので、「ただのトンネルマニア」なんだと思っていましたが…いやはや、そんな次元の人じゃありませんでした。
 どの記事も凄いんですが、「橋梁レポート 無想吊橋」は特に壮絶。興味のある方は検索してみてください。しかし、こんなにアウトサイダー的(?)な活動しているのに、公共の刊行物で執筆できてしまうのも凄いですね…。とひたすら感心しつつ、今月はこのへんで。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.