ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2012年9月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/18 二俣川に大河が来る
2020/01/09 未来と希望と、しょんぼりと
2019/12/31 良いお年を・・・
2019/12/16 ひまひま大河ドラマ日記「称賛に値しますね」
2019/11/02 私の鉄道マニア人生

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2012/09/25(火) 災害時には・・・
 ゆうべ、二俣川の実家に帰ってぼんやりテレビを見ていたら、「京浜急行土砂崩れで脱線」の一報が。災害時にはNHK、の教えを守り(?)チャンネルを合わせていたのですが、結局ニュースはそのまま終了しドラマの再放送になってしまった。深夜だし、首都圏のはずれ(←失礼です)横須賀市、さすがのNHKでも仕方が無いか…。
 そこで「大震災の時、ツイッターが役立った」の教えに基づき、ネットのつぶやきを探してみるも、「京急終わったな」とかどうでもいいつぶやきしか無く、やむなく情報収集を諦めとっとと寝ることにしたのでした(よく考えたら、多くの人が同時に体験する地震と、乗り合わせた乗客しかわからない脱線事故とは違いますよね…)。

 今朝になって、「大惨事では無いけど、かといって軽い事故でも無い」「復旧は当面無理そう」ということがわかり、横須賀線で横須賀へ向かうことにしました。
 逗子までは長い15両で空いていたのですが、逗子からは短い4両で、普段の横須賀線では見られないような混雑(と言うか、普段あまりに空いているので、今春から減便・編成短縮してしまったのです)。横須賀線に乗り慣れない乗客が右往左往していました。逗子市民にとってはおなじみのスカ線も、横須賀市民にとっては脇役的存在で、それだけ京急の役割が大きいということです。朝のラッシュ時には、大きな混乱は無かったのかな…?

 そんなこんなで何とか職場に到着。今は横須賀の家に帰ってこれを書いています。夜になってもまだ一部区間は運休中、明日の運転も未定とのことでした。
 そう言えば、以前も日ノ出町で土砂崩れがあって電車が長時間止まったことがあったなあと思い出しました(2004年10月の日記に書いていた)。あの時はいろいろ乗り継いで二俣川の家に帰ったりして、大変でした。
 横浜以南の三浦半島地域は起伏が激しくて、自然災害はどうしても避けられないエリアです。地震の心配もありますし、大きな災害が起こらないといいなあと思います。

2012/09/21(金) のび太と同じく、りこうになりたい
 『大人のための藤子・F・不二雄』という雑誌があったので、買ってしまいました。以前にも似たようなことをここで書いてて、某所だったら「信者乙」とか言われそうですが、まあ信者みたいなものなので、いいのだ(開き直り??)。雑誌自体はカルチャー系おしゃれ誌という感じで(何だそりゃ)、若干違和感があるのですが…。
 そこで取り上げられていたF氏の言葉の一つが印象に残ったので、そのまま書き出してみます。
「一面的にしか物事を見られない。判断できない。そんな人間だけにはなって欲しくない。(中略)世の中には、様々な世界があり、色々な人たちがいて、それぞれ違った考え方、生き方をしているのだということ。それを分かってほしいと思うのです。」
 こういう言葉に触れるにつけ、本当の知性がある人なんだなあ、と改めて感じます。今の世の中にだって頭のいい人は大勢いると思うんだけど、こういう言葉を発する人は本当に少ないような気がします(世の中の価値観が180度変わった、敗戦というものを経験している世代だということも、大きく影響しているとは思います)。
 まあ、知性というものに無縁な私がこんなこと書いても、お前が言うなという話ですが…。少しでも身に着けていきたいものだとは思います。そのためには勉強するしかないか(のび太のような結論)。

2012/09/03(月) 今月の衝動買い(夜使えないスマホ編)
 すっかりスマートフォン全盛時代になった昨今。「スマホなどいらんいらん、携帯で十分」などと、頑固じいさんのようなことを言っていた私ですが(「PHS→携帯」の頃も同じことを言っていたような気が…)、「月々1,980円」(端末代は別)というネット広告を見つけ、欲しい欲しいと思わずクリックしてしまったのでした。1,980円とか、198円とかそういう数字に弱いのです。
 このスマホ、音声通話はできないので、今までの携帯も引き続き持ち続けることになります。もとより、電話は普通の携帯のほうが使いやすいと思うので(スマホで電話したこと自体が無いけど)、これはこれでOKです。
 問題は、20時〜夜中2時の間は利用できない契約であること。24時間いつでも利用できるプランもあったのですが、月々1,000円安いというのに惹かれてこのプランにしてしまいました。

 さて、実際に使ってみると、これはなかなか便利です。仕事で使う機会はほとんど無いのですが、ひまひま電車旅に出かけることは多いので、旅先でいろいろ調べられるのがいい。
 何より、ぼくはしょっちゅう道に迷うのですが(ひまひま日記でもたびたび書いてますが…)、GPS機能を使って現在地がわかるので、すぐに正しいルートに戻ることができて助かります。
 やっぱり24時間使えたほうがいいかなあ、とも思うのですが、「プラン変更手数料3,150円」とあるので「そんなのイヤだイヤだもったいない」と、当面は現行のプランでやっていこうかと思います。こうして細かい部分をケチって、結果的に損することが多いんですけど。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.