ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2013年10月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2020/09/19 幼い日の忘れていた思い出
2020/09/13 列車で旅するよっぱらい
2020/08/22 勝手にGOTOしてきました
2020/07/26 いだてん名セリフ集(最終回)
2020/07/25 いだてん名セリフ集(第45回・第46回+第4回)

直接移動: 20209 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2013/10/29(火) なんと御年79歳
 藤子不二雄A『PARマンの情熱的な日々』というマンガを買いました。
 「コミックエッセイ」と銘打っていて、タイトルの通りPARマンことA先生(パーマンはF先生の作品だが、A先生は趣味のゴルフにちなんで、自らをPARマンと呼んでいるらしい)の日常を描いた作品です。

 例えば第1話の内容は…
・「今回はワシの生活の一部を紹介しよう!ワシは月〜金と通勤している」「ロマンスカーでノンストップ新宿へと向かうのだ!ワシは自分の指定席にすわってから、ゆっくりミルクティを飲むのだ。」箱根の温泉から帰るような気分になっていい気分のA先生。
・「せっかくロマンスカーでいい気分で来たのだから、もう少し寄り道をしたい。」小田急百貨店のゴルフ売り場で試し打ちをし、汗ビッショリになってしまうA先生。そこでスポーツジムに立ち寄り、プールで泳いで、サウナに入る。
・午後2時を過ぎ、ようやく仕事場へ向かうA先生。「仕事拒否症(!?)ではないが、なんとなくあちこち寄り道をしてしまうのだ。」
・アイデアを考えるも、何も浮かばない。そこにゴルゴ・さいとう・たかを氏からの電話が。また出て行ってしまい、ホテルのバーでグラスをくみかわすA先生。「結局ワシはその日仕事場へは戻らなかった…アチャーッ!?」

 こんな感じで、酒を飲んだ話、パーティーに出た話、そして時々マンガ家仲間との昔話…このローテーションがひたすら続きます。なんかもう自由人といった感じで素敵。マンガに命を捧げたようなイメージのF先生と対照的に見えるのが面白い。同世代のマンガ家がほとんど亡くなった今、A先生には長生きしていただきたいものです。

2013/10/15(火) バーベキューとごちそうさん
 ふたする会の皆さんと大池公園でバーベキューをしてきました。
(こども自然公園バーベキュー広場 http://kodomo.digiq.jp/
 秋の日はつるべ落としと言いますが、青空の下で肉を焼いていたはずが、気付いたら闇の中で芋煮を食べていました(そして周りに誰もいなくなった…)。
 しかし、花見にビアガーデン(in the zoo)にバーベキュー、ふたする会は楽しいなあ(若干手前味噌な感もありますが)。

 さて、前回予告した通り(誰も覚えていない??)ごちそうさんの感想を…。箇条書きで行ってみます。
・脚本家は『JIN -仁-』の人らしい。NHKは最近、民放でヒットした人を引っ張ってくる傾向が強いけど、果たして目論見通りいくかどうか(『純と愛』の例もあるし)。
・主題歌はゆず。何と言うか、ゆず以上でもなく、ゆず以下でもなく(何だそりゃ)。
・1週目は子役編。一連の食いしんぼう描写はちょっとクドいなあ。しかし原田泰造はNHKに好かれていますね。
・吉行和子さんが出てくるとつばさの悪夢(?)を思い出す。でもこのドラマには合っている感じ。
・と思ったら、1週目で早くも亡くなり、なんとぬか床になってしまった。
・2週目。主役は子役から杏にチェンジ。顔芸がくどい。どうも演出に問題があるような気がしてきた。
・ヒロインの相手役はツンデレ男子というやつか(この役者さん、あまちゃんで若き日の大吉さんを演じてた人みたい)。
・と思ったら、2週目で早くもデレ始める。早いなあ。

 全体の感想。脚本はベタながらも、押し付けがましさが無くていいですね。好印象です。一方で演出はどうも狙い過ぎ。もうちょっと抑えてくれると見やすいのに。
 もうしばらく見続けてみたいと思います。以上、毎度好き勝手なことを言ってるひまひま朝ドラ日記でした。

2013/10/01(火) 馬鹿はターボに乗らないで
 また車が動かなくなってしまった…(泣)。今回は路上ではなく駐車場だったのでよかったですが、でも前回(7月のひまひま日記参照)に続きレッカー移動の羽目になったらどうしよう…(しかも同じ業者が来ちゃったりしたら…)とビクビクしながら救援依頼。
 到着した業者の方が(前回とは違う人。さすがにレッカーは来なかった)充電器をつなぎ、エンジンをかけると、ブルブルブルと見事起動。笑顔で颯爽と去っていく業者の方が正義の味方のように見えました。
 その後、販売店(中古車屋)へ車を持って行き、バッテリーを交換してもらいました。ここでも優しい整備士のおじさんが、光り輝いて見えました。人は窮地に陥った時に優しくしてもらえると、感謝の気持ちが通常の5倍増しぐらいになるのだなあ(安い感謝ですが)。ちなみに買った時に対応した店長は半ば呆れ気味でしたが…。こんなに車のことを全く分かってない人間に、売りたくないかも。

 さて、恒例ひまひま朝ドラ日記。『あまちゃん』については何度も書きましたが、世間の人気の急上昇に反比例するように、物語的には急失速してしまいました。
 正直、前半は「きちんと朝ドラが書ける人なんだ!」と脚本に感心すらしたのですが…。思うに、「母親が大女優の影武者として歌っていた」という無理のある設定を引っ張り過ぎたような気がします。物語にはまっているうちは多少のおざなりは気にならなくても、一度作品世界から引いてしまうと、わずかなおざなりがいちいち気になってしまうのです。最終週は、序盤ののびのびした感じが戻っていた気がするので、つくづくアイドル編のグダグダが残念でした。
 最後に、無粋なつっこみだと思いつつも…北鉄って、大吉さん(杉本哲太)の個人経営なのか??なんか駅長も運転も経営も、ぜんぶ大吉さんがやってたような気がするんだけど。しかも、制服でスナックに入り浸っていて、勤務時間も全く謎(どうでもいいことですが、あまりにも気になったので…すみません)。
 そんなわけで。『ごちそうさん』についてはまた次週。

 話変わって『八重の桜』、最近ちょくちょく見ているのですが、いつの間にか脚本家がかわった??(元の脚本家も原作としてクレジットはされているみたいですが。)
 心なしか、どこか作風が変わってしまった印象です。主人公が反発する相手に向き合って、心を開かせて…って、ベタというか、篤姫の二番煎じを狙っているのでしょうか。
 個人的には、今までの八重の桜も、真面目さだけが長所…といった感じでやや退屈だったのですが(単に歴史に詳しくないからだと思います。すみません)、でも、テコ入れかどうかわからないけど、途中から急に打ち切りマンガのごとく作風変更するのは良くない。
 そう考えると、昨年の『平清盛』はどんなに叩かれても暑苦しい作風を一切変更しなかったから、いま思うとエラかったなあ…。などとどうでもいいことを書きつつ、今月もよろしくお願いします。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.