ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年11月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/12 いだてん名セリフ集(第37回〜第39回)
2020/07/05 いだてん名セリフ集(第34回〜第36回)
2020/06/28 いだてん名セリフ集(第31回〜第33回)&女帝のあの人
2020/06/23 いだてん名セリフ集(第28回〜第30回)
2020/06/14 いだてん名セリフ集(第25回〜第27回)&麒麟がくる

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2014/11/07(金) 帰ってきてテミヤン
 昼過ぎに入った食堂のテレビで、tvkことテレビ神奈川を流してました(珍しい。tvkしか映らないんだったりして)。久しぶりにテミヤンがゲストで出ていた。テミヤン…っていっても多くの方は誰だそりゃだと思いますが、茅ヶ崎在住の「浜辺のフォークシンガー」を名乗るおじさんで、以前のtvkの昼番組『ハマランチョ』の司会者として(このタイトルも何だそりゃですが)、時折アロハ着てウクレレ奏でるというのんきな放送を電波に乗せていました。
 でも、個人的にはこののんき放送が好きだったりして。いまのtvkのお昼は、東京キー局に対抗しているのか(あるいはMXに対抗?)、若い男の司会者がやっていて騒々しい。どうせ他局に勝てないんだから(失礼か)、元のウクレレのんき放送に戻してほしいです。

 さて、『マッサン』の主題歌、中島みゆき『麦の唄』をダウンロードしました(もちろんお金を払って、合法のところからですよ)。相変わらずのみゆき節…といった感じでさすが。朝ドラの主題歌で、作品のテーマをストレートに歌っている面では歴代一だと思います。
 実は次点でテーマに沿った歌詞だったと思うのは、『純と愛』の主題歌。あっちは勝手に脚本がテーマから離れていった気がしますが。いつも引き合いに出してすみません(結局好きだったのかも??)。

2014/11/05(水) アレグラさんとフジサンさん
 仕事もそこそこに定時で職場を飛び出し(ダメ社会人です)、一路箱根へ向かいました。今回の目的は箱根登山鉄道25年ぶりの新型車両「アレグラ号」に乗ること。
 湯本で一泊した後、朝7時台の強羅行に乗車。大きな窓のアレグラ号が入線してきました。さすがにこの時間帯はすいています。ゆったりしたボックスシートを独占して、終点強羅まで40分の旅…
 と思ってたら、制服着てランドセルしょった小学生軍団がドカドカ大挙して乗ってきて、終点強羅まで遠足旅行のような羽目に。女の子ばっかりだったけど、どこの学校だろう。

 箱根からバスを乗り継いで御殿場、さらに河口湖方面へ(どちらもアジア人旅行客が多いのに改めてびっくり)。朝食抜きで出発してお腹が空いていたので、御殿場駅の立ち食い蕎麦屋で、御殿場名物という「みくりやそば」を食べてみました。
 味は正直、好みかと言われると、うーん…。甘くて濃いつゆで、煮物を食べているような味。富士山駅(もと富士吉田駅)の駅ビル(若干閑散としてて、寂しいビルですが)の地下のフードコートで、こちらも地元名物「吉田うどん」を見つけて、こっちを食べたかったなあ…と若干後悔。
 ここからは富士急の新型「フジサン特急」に乗ります。新型…といっても小田急ロマンスカーのお下がり。注目すべきは、写真の通りあやしい富士山キャラが全面に描かれた車体塗装です。さすが遊園地経営会社の面目躍如!? 正しい小田急マニアは「俺たちのRSEをこんなにしやがって」と怒り出しそうですが、これはこれでありだと思います。
 御殿場からはくっきり見えた富士山。山梨県側からの眺めも楽しみだと思っていたら、すっかり雲に隠れてしまいました。富士山は気まぐれなのです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.