ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2015年1月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2020/09/19 幼い日の忘れていた思い出
2020/09/13 列車で旅するよっぱらい
2020/08/22 勝手にGOTOしてきました
2020/07/26 いだてん名セリフ集(最終回)
2020/07/25 いだてん名セリフ集(第45回・第46回+第4回)

直接移動: 20209 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2015/01/26(月) ここ数日で思うこと
 ふたする会で政治的発言をすると出場停止処分、という掟があるのですが(何に出場するんだ??)、政治的ではなく個人的発言として書いておきたいと思います。

 今回の人質事件、どうしても10年前のイラクでの事件を思い出してしまいます。あの時、時の総理大臣は「自己責任」を口にし、多くのマスコミもそれに同調、ネットでは被害者の3人を批判(というか誹謗中傷)する言説にあふれていました。大げさではなく、日本はこんなに冷たい国だったのかと絶望的になりましたし、何となくそれを口にするのもはばかられる息苦しさも感じていました。
 反対する意見をテレビではっきりと表明していたのは、記憶に残っているのでは晩年の筑紫哲也さんぐらい。「彼らと、誹謗中傷する人たちと、どちらが必要なのでしょうか」というようなことを言っていたと思います。毀誉褒貶激しい人でしたが、この時は、この人は信頼できる人物だと感じました。
(ちなみに、当時ニュースキャスターになったばかりの古舘氏も同様の意見を言っていましたが、こちらは「むかつくんですよ!」とキャスターにあるまじき発言をしていたのでダメ。今だったら難しい表情でもっともらしいことを言いそうだけど。)

 それから10年。ネット上では相変わらず自己責任論が飛び交っているようですが、一方でそれを批判する言論も多く目にするようになった気がします。
 もしかすると、この10年間で、少しは多様な意見が認められるようになってきたのかな…。そんなふうに、若干楽観的に考えているところです。

2015/01/15(木) ななみちゃんと同じ声
 『妖怪ウォッチ』の動画を初めて見てみた。ドラえもんの流れを汲むような、丸っこい線に感心しました。この丸い線を描ける人って、ほんとに藤子先生以来お目にかかれなかったなあと思うのです。子どもたちに人気があるのもわかる。よく研究してデザインしているんだろうなあと思います(エラそうにすみません)。
 主題歌は、旧サクサクの黒幕先生の弟が作曲しているらしい(黒幕先生自身が別番組で「妖怪ウォッチの兄」と名乗ってますね)。なんて多才な兄弟なのでしょう。ちょっと子どもには歌うのが難しいような気もするけど(いや、意外と子どもはすぐ覚えるんだろうな)。
 主人公の男の子、ぼくと同じ名前なのかと思ったら、一文字違った。残念。どうでもいいことを書きつつ、今日はこのへんで。

2015/01/12(月) 2015年ひまひまテレビ日記
 年末年始の視聴率でフジテレビがテレビ東京を下回って最下位になってしまったと、ネット配信の記事に載っていました。
 ちなみに元日の夜にテレビ東京が何をやっていたかと言うと、『大食い世界一決定戦』。中村ゆうじがレポーターをやってました。原点回帰はいいけれど、原点に戻り過ぎではないだろうか。90年代まで遡ってしまった…
 と思ってたら、同時間帯のフジテレビは、とんねるず司会の『オールハワイナイトフジ』なんて番組をやっていたらしい。こっちは80年代まで戻っちゃった。
 フジテレビが元気だった80年代や90年代は、もっとテレビ局ごとの個性が強かったなあと思います。NHKはまだまだ硬かったし、テレ東は今よりずっとB級色が濃かったし。今や、昔フジテレビでやってたように、NHKでウッチャンが自局のパロディコントをやっている。隔世の感があります(おじいさんみたいな感想ですみません)。

 さて、恒例の朝ドラ日記、『マッサン』途中経過ですが。うーん…何というか…悪くはないんだけど、どこか物足りない。日本初のウィスキーを作るというスケールの大きな物語なのだから、大きなうねりのある展開を期待しているのですが、どうも感じられないのです(『カーネーション』はそれができていた、と思う)。
 エリーの良妻賢母ぶりを表現するたびに、マッサンのダメダメ人間ぶりまで強調されてしまうのもなあ。いや、いつも言うようにダメダメ人間朝ドラは好きなのですが、マッサン=のび太、エリー=ドラえもん(時々のび太が「ドラえもん、ぼく頑張るよ」と改心)の図式になってしまい、ますますスケール感が小さくなってしまうのはどうなのか。これからラストへ向け、もっと突っ走ってもらえればと思います(エラそうですみません)。

 最後に大河ドラマ『花燃ゆ』。幕末イケメンパラダイス(何だそりゃ)みたいな番宣をさんざん見せられて、これはお呼びでないと思いつつ、初回の冒頭だけちらっと見てみたのですが…。
 オープニング、音楽も映像も、これはかなりカッコいいぞ。まるで大河ドラマみたいだ(大河ドラマです)。もしかすると、本編もちょっと期待できるかも知れない。実は本編はまだ見ていないので、今度録画を見てみようと思います。以上、本年のひまひまテレビ日記でした。

2015/01/04(日) 今年のおみくじ
 新年あけましておめでとうございます。今年もふたする会をよろしくお願いいたします。

 さて、新年恒例、おみくじをひいてみました。結果は小吉。運勢は…

ひとつの障害物ばかりに気をとられ過ぎて周囲の状況の変化に気付きにくくなってはいないか。心にひとつのことが大きく占めていると、それ以外のことに対して知らず知らずのうちに軽率な態度を取ってしまいがちです。つまづく原因は幾つもころがっています。頭の切り替えをすみやかに行なうこと。

 何というかもう、身につまされることが多すぎて、思わず結ばないで持ち帰ってきてしまいましたよ。ああ…。新年早々、こんなグダグダな感じでいいのでしょうか。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.