ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年1月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記ダイジェスト
2020/04/05 忘れた頃にひまひま朝ドラ日記
2020/04/04 外出自粛で、みんなでひまひま
2020/03/03 さび抜き断シャリ
2020/02/23 プライムミニスター・モンスター
2020/02/17 どっちにしても怒られる人

直接移動: 20204 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2016/01/11(月) 2016年ひまひまテレビ日記(後編)
 ひまひまテレビ日記、後編は大河ドラマ『真田丸』。2004年『新選組!』以来、12年ぶりの三谷幸喜脚本作です。あれから干支が一回りしてしまったのか。歳をとるわけだなあ…(泣)。
 まあそれはさておき、いつもように箇条書きで感想を。

・前フリ無しで、いきなりオープニングに突入。記憶にある範囲では、大河ドラマでは初めてです。これからもこのスタイルでいくのかな。
・オープニング曲は戦国時代っぽくジャカジャーンって感じで来るかと思いきや(幼稚な表現ですみません)、なんかサスペンスっぽい(?)おとなしめな感じ。オープニングは去年の『花燃ゆ』のほうが好きだったな(あれは、良かったのがオープニングぐらいなのですが…)。
・『新選組』は基本的にナレーション無しでしたが、今回はナレーション多用です(まあ、自分含め歴史オンチにとっては、時代背景をナレーションで説明してくれないと厳しいものがありますが…)。有働さんの語りは悪くはないものの、やっぱりもうちょっと重いほうがいいなあ(加賀美さんが良かった??)。
・そして説明に地図も多用。これ、昔の大河ドラマっぽくっていいですね。
・プロデューサーがあの迷作『江』の人だと聞いて心配でしたが、堺雅人のテンションの高い若者演技に、『江』再来の不安が…(子役を使わないのは、プロデューサーのポリシーなのでしょうか??)。

 全編通しての感想は、所々ギャグを交えてますが、全体的には至ってふつうです(脚本家的には、やはり『新選組!』で叩かれたリベンジの思いが強いのかも…)。重々しい大河を期待する人には、そもそも不向きかも。
 そして、セリフはすごく多い! ながら見は難しいです。視聴率的には厳しいかも知れませんが、引き続き見てみようと思います。

2016/01/10(日) 2016年ひまひまテレビ日記(前編)
 新年1回目のひまひま日記です。本年もよろしくお願い申し上げます。
 さて、今年も毎年恒例(変わりばえ無し)のひまひまテレビ日記から…。

 大晦日の紅白歌合戦、過去最低の視聴率になってしまったそうです。まあ、目玉歌手といえる人がほとんどいなかったから当然か。
 そんな中で最注目だったのが、やはり史上最高齢司会を務めた黒柳徹子さん。さすがに出番は少なめでしたが…。最近、徹子の部屋などを見ていても若干ふがふが喋っていて心配でしたが、この日はしっかり声を張っていて、さすがプロ、と思いました。
 全般的には、いかにもNHKって感じの寒いノリが漂っていて、なかなかきついものがありました。イノッチはつつがない司会をしますね。ばっさり話をぶったぎって進行する綾瀬はるかにある意味救われました。
 『あまちゃん』以来恒例となっている朝ドラコーナー、今回は放送中の『あさが来た』メンバーでした。『まれ』が好評だったら『まれ』コーナーになっていたんだろうけど、審査員の大泉洋に絡めてちょっと触れられてたぐらい。さらに『花燃ゆ』に至っては全くといっていいほど触れられず、もはや無かったことに??
 それにしても、世界の終わりだゲスの極みだ、最近思わせぶりなグループ名つけるのが流行ってるんですかね。世界の終わりっぽい曲やゲスっぽい曲(どんな曲だ)を歌うのかと思ったら、そういうわけでもないし。…とか言っていたら、新年早々名を体で表すようなことになっちゃったみたいですけど。
 ひまひま日記はゴシップネタを扱わない正しい日記ですので(?)、今回はこのへんで。次回もひまひまテレビ日記です。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.