ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年11月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/14 いだてん名セリフ集(第40回〜第42回)
2020/07/12 いだてん名セリフ集(第37回〜第39回)
2020/07/05 いだてん名セリフ集(第34回〜第36回)
2020/06/28 いだてん名セリフ集(第31回〜第33回)&女帝のあの人
2020/06/23 いだてん名セリフ集(第28回〜第30回)

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2016/11/27(日) しんみり(寂)、ぷりぷり(怒)
 また電車に乗りたい症状が再発し、仕事帰りに横須賀線・東海道線と乗り継ぎ、伊東まで行ってきました。
 たまたま空きがあったのが、むかし家族で泊まったことのあるホテル。あの頃は母だけでなく父も健在だったから、何年ぐらい前だろう。もう少し大きなホテルだったような記憶があるけど、思ったよりこじんまりしていた(今回泊まった部屋がこじんまりしていただけかも)。見える景色はあの頃と同じでも、生活は一変してしまったなあ…と、しみじみ、しょんぼりしてしまうのでした。
 数年間使っていたにせスマホ(今はやりの格安スマホ、通話機能無し)がお亡くなりになってしまったので、今回の旅行はスマホを持たずに出かけました。いかにスマホに依存した生活を送っているか実感。ひまを持て余して過ごしました。

 通話に関しては、相変わらずD社のガラケーを使っています。母が亡くなった後、解約手続きで二俣川のDショップへ行ったのですが、待ち時間2時間以上…参りました。
 これで手続き完了、と安心していたら、NTTの固定回線の通話料が相変わらず母の口座から引き落とされていた。1年ほど前に、母の携帯が壊れて機種変更した際に、Dショップで「ネットも電話もDひかりにするとお得ですよ〜」などと口車(?)に乗せられ契約したので、NTTとの契約は切れているものと思っていたのだ。
 で、NTTに電話すると「それはD社に電話してください」と言われ、D社に電話すると「もう一度NTTに電話して」と言われ、その都度電話がつながるまで長時間かかるし、挙句の果てに事務手数料2千円かかりますとか言われるし…。
 父親が電電公社に勤めていた義理で(?)長年D社を利用していたけど、もう何の義理も無い。よっぽど白い犬の会社や桃太郎の会社に乗り換えようかと思ったけど、それはそれでめんどくさいのでやめた。
 しかし、電話のオペレーターって、ほんとにマニュアル通りの説明をしてくれるんだけど、こっちは何が何だかほとんど理解できない。お年寄りの利用も多いと思います。もう少しわかりやすくしてもらいたいものです。私の脳みそがすでにお年寄り並みに老化しているのかも知れないけど。

2016/11/18(金) 豪華列車は寂しいなあ
 伊豆急の「リゾート21」が、豪華観光列車に改造されてしまうらしい。(参考記事 http://tetsudo-shimbun.com/article/topic/entry-908.html
 子どもの頃、目を輝かせて乗ったリゾート21が…。寂しいなあ。
 初代のリゾート21は1986年に登場。バブル景気前夜にデビューした、まさにリゾート列車の先駆けでした。そしてこの列車の最大の特徴が、特別料金一切無しで、運賃だけで乗車できること。これは当時の伊豆急社長のこだわりだったと言います。キャッチコピーは「各駅停車のスーパーカー」でした。
 そんなスーパーカーがなあ…。2,3万払わないと乗れない、ありがちな豪華列車になってしまうとはなあ…。寂しいなあ。

 過去を懐かしんで、寂しい寂しい言ってるじいさん状態になってしまいました。すみません。と言うか、単に豪華列車に乗れない人間のひがみでしょうか。

(おまけ)以前、リゾート21について書いたひまひま日記です↓
http://diary1.fc2.com/cgi-sys/ed.cgi/futasuru-kai/?Y=2009&M=6&D=14

2016/11/07(月) 懐かしのあけぼの、初めてのシンデラ
 9月のことですが、秋田県の小坂町という所にある、ブルートレインを利用した宿泊施設に泊まってきました。
 ブルートレインの宿泊施設といえば、昨年の6月に九州で泊まったことをこの日記で書きましたが、今回は東北ということで、おととし廃止となった「あけぼの号」の車両を用いた施設です。
 あけぼの号には何度も乗車したことがありなじみ深いのですが、いつも乗るのはB個室の「ソロ」か、普通の開放B寝台。今回初めて最上級のA個室「シングルデラックス」を体験しました。最上級といっても大して広くはないのですが、カプセルホテルのようなソロとは段違い。一度、現役時代に乗りたかったなあ。
 このブルートレイン、廃止になった小坂鉄道小坂駅のホームに横付けされています。そして朝になると、広い構内を機関車に引かれて移動するのです。この時は個室は使えないので、開放寝台に乗車。わずかな時間ではありますが、現役時代を思い出して感動してしまいました。
 小坂の街、今では正直少し寂しい街ですが、昔は鉱山で栄えた街なのです。地方都市の飲食店に入ると、よそ者に対してぶっきらぼうだったりして寂しい思いをすることが多いのですが、この街の食堂(焼肉もラーメンもやっていた)の方、優しくて上品な奥さんといった感じで、親切な応対で嬉しくなってしまいました。一人で旅してると、ちょっとしたことでも何でも嬉しくなってしまうのだ。
 現役を退いてしまったブルートレインですが、過去の活躍を物語るものとして、長く大事にされてほしいなあ…と思うのです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.