ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2016年12月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/18 二俣川に大河が来る
2020/01/09 未来と希望と、しょんぼりと
2019/12/31 良いお年を・・・
2019/12/16 ひまひま大河ドラマ日記「称賛に値しますね」
2019/11/02 私の鉄道マニア人生

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2016/12/28(水) 年の最後のひまひまテレビ日記
 前回書ききれなかった『真田丸』の感想。番組スタート当初、作者の三谷さんが「『いくさの無い世をつくるぞ』的なセリフは極力言わせない」とインタビューに答えていました。
 これ、当時は単純に「『江』あたりへの当てつけだろうな」と思っていました(真田丸での江のキャラ設定を見るに、当てつけの意図はあったと思うけど)。しかし、最終回の家康と幸村の1対1のやり取りを見て、この物語の根幹のテーマだったのだとわかりました。
 さすがにセリフ起こしをするほど熱心な視聴者では無いので、よそ様のブログからセリフを引っ張ってきちゃいます。

家康 「わしを殺したところで何も変わらん。徳川の世は既に盤石! 豊臣の天下には、戻らん! 戦で雌雄を決する世は終わった。おぬしのような、戦でしか己の生きた証を示せぬような手合いは、生きてゆくところなど、どこにもないわ!」
幸村 「そのようなことは百も承知! されど、私はお前を討ち果たさねばならぬのだ! 我が父のため、我が友のため、先に死んでいった愛する者のために!」


 痺れちゃうやり取りだけど、「戦の無い世をつくるぞ」というのはラスボス家康側で、主人公は、むしろ戦の世でないと生きられない人間だったわけで。
 そして、死に場所を求める仲間たちを諫め、「信じる者のみ、道が開ける」と鼓舞してきた主人公自身が、いちばん死に場所を求めて突き進んでいたのかも知れない(そしてそれを確信していたのは、兄・信之だけだったかも知れない)。そう考えると、コメディ色が強い大河だけど、実際は、見終わった後に苦い味が残るドラマだったなあ…と改めて思います。

 さて。朝ドラの『べっぴんさん』も面白い。脚本も演出も、間の使い方が独特で、かつ登場人物を丁寧に描いているのがいいですね(エラそうにすみません)。この調子で完走してほしい。
 しかし、くもじいの中の人(作中では大急百貨店社長)、威厳ありすぎ。この人が威厳ゼロのくもじいの声を出している姿を想像すると、笑ってしまいます。

 そんなわけで、最後の最後までどうでもいい話ですみません。
 今年一年間、お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

2016/12/18(日) ひまひま大河ドラマ日記・『真田丸』最終回
 真田丸、終わってしまいました。『新選組!』には興味の無かったうちの母親、『真田丸』は毎週喜んで見ていたなあ。昌幸の後を追うように逝ってしまったけど。
 さて、その最終回。ネットの感想を見てみたら、最後の最後にまさかの大酷評。
 たしかに、「えっ、これで終わり…?」というラストではあったから、酷評もわからないでもありません。でも、非常に真田丸らしい最終回でもあった、と思う。
 と言うのは、以前も書きましたが、このドラマって、登場人物を突き放したような、意地悪な展開が多いのです。最終回も、失敗の積み重ねが破滅を導く…という、救いのない展開で持ち味を発揮していました。豊臣勢の、最後の茫然自失とした表情なんて、辛すぎてもう。喜劇作家だからこそ、逆にこういうドライな話が書けるのかも知れません。
 そんなわけで、この最終回は個人的には「あり」です。三谷さんの言ってた「今回は豊臣が勝つんじゃないか、と思わせるような展開」は全く無かったけど。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.