ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2017年2月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/26 いだてん名セリフ集(最終回)
2020/07/25 いだてん名セリフ集(第45回・第46回+第4回)
2020/07/20 いだてん名セリフ集(第43回・第44回)
2020/07/14 いだてん名セリフ集(第40回〜第42回)
2020/07/12 いだてん名セリフ集(第37回〜第39回)

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2017/02/26(日) 家に帰るまでが遠足です
 久々に電車に乗って、1泊2日で旅してきました。全然久しぶりじゃないだろ!と言われそうですが、自分にとってはこれでも久しぶりなのです。初日は晴天で、新幹線から富士山もくっきり。これは雨男返上か!?
 今回のお目当ては、大阪の阿部野橋駅から奈良県の吉野駅を結ぶ近鉄の新型観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」。近鉄は2年ほど前に「しまかぜ」という新型特急に乗って以来です。しまかぜについては、2014年12月の日記で、「男の子が『かっこいい!乗りたい!』と思えるような電車」と書いています。
 今回の「青の交響曲」はうって変わって、大人向けのシックな内外装の車両。でも、他社のように一流シェフの料理なんかとセットにして何万円も取ることなく、ちょっとした料金(720円)の追加で乗ることができて、しかも気軽にちょっとした軽食を買って、ラウンジで食べることができる。さすが長年にわたって特急列車を走らせてきた会社、敷居の低さがすばらしい。

 と近鉄をほめまくったところで、翌日は二度目のしまかぜに乗って鳥羽へ(大阪のおばちゃんグループがわいわい飲み食いしながら乗っていた。やはり庶民派豪華特急なのです)。鳥羽からはフェリーで愛知県の伊良湖岬へ渡る予定。天気予報では全国的に波風高く大荒れの予報。やっぱり雨男の本領発揮か…と心配でしたが、雨風もさほどではなく何とか無事に伊良湖に到着。バスと電車で豊橋駅に着いた頃に、本降りの雨が降ってきました。

 東京行の帰りの新幹線の車中、品川から京急で帰ろうと、着席列車のウィング号の予約をしようと携帯をいじっていたら、何と関東地方は強風で大荒れの天気だったらしく、ウィング号は全便運休とのこと。
 どうしようかな…と考え、以前横須賀駅で「東京・品川から横浜方面の成田エクスプレスが大幅割引」というチラシを見たことを思い出し、この機会に乗ってみようと思って携帯で予約。楽しみだな〜と浮かれていたのですが…。
 よく考えたら、京急が大幅ダイヤ乱れの強風なのに、JRが無事なわけなかったのだ。横須賀線のホームの電光掲示板を見ると、成田エクスプレスは約60分遅れ。さすがに1時間も待ってられないと思い、改札で払い戻しを申し出て、出場証明書(といっても、ただの小さな紙切れ)をもらい、みどりの窓口で払い戻し。
 で、おとなしく京急で帰ろう…と京急の駅へ向かったが、自動改札は無情にもバタンと閉じてしまった。出場記録の無いパスモなので(JRの自動改札で入り、有人改札で出ている)、不正乗車扱いで通れないのだ。
 京急の駅員さんに「成田エクスプレスに乗ろうとして…払い戻して…やっぱり京急で…」などと一から説明するのも怪しい鉄道マニアみたいで(みたいというか、そのものですが)嫌なので、もう1回JRの有人改札から入って、連絡改札を通ることにしました。連絡改札の窓口で「すみません、JRの改札から入ったんですけど…」と申し出ると、京急の駅員さんがパスモのデータを点検。
「…入場してからだいぶ時間が経ってますね。その間何をしてたんですか!?」
 まずい、完全にキセル容疑者扱いである。結局、「あのー、成田エクスプレスに…」とあたふた一から説明し、ようやく通してもらえる怪しい客になってしまったのでした。

 京急はダイヤは乱れていたものの、順調に飛ばし、しかも座って無事横須賀まで帰ることができました。変なマニア心(?)を起こさず、最初から京急にしておけばよかった。
 やれやれ着いた…と、終点の浦賀駅でパスモをタッチすると、またも改札がピンポン、バタンと閉じてしまった。今度は何が悪いと言うの…と泣きそうになりながら(大げさ)有人改札で再びデータチェックを受けると…。
「カードが2枚重なってますね」
 JRのクレジットカード(スイカ機能付き)を重ねてパスケースに入れていたのでした。そんなわけで無罪放免。家に帰るまでが遠足と言いますが、最後の最後にどっと疲れた旅でした。

2017/02/12(日) 世界のジャイアン&スネ夫
 ふたする会で政治的発言をすると出場停止処分という掟があるのですが(本当か??)、一言だけ言わせていただきたい。
 ジャイアンが大統領の国と、スネ夫が首相の国との首脳会談にしか見えない…。ドラえもん何とかして〜と言いたいところですが、現実の国際社会にドラえもんなどいるのでしょうか。ああ…。

 頭の悪い例えはこのへんにして。職場に空き巣が入ってしまいました。小さな店舗兼事務所を借りているのですが、祝日の朝、大家さんから携帯に電話があって急いで向かうと、ドアとキャビネットをバールで壊されて、現金数千円を奪われていました。金銭的被害よりも精神的被害が大きい。ああ…。
 普段、シャッターを閉めていなかったのですが(無防備過ぎです)、今度からシャッターをきちんと閉めることにしました。シャッターの合鍵を作っておこうと思い、二俣川の金物屋さんへ。しかし、持っていった鍵自体がコピーなので(不動産屋から受け取った鍵なのに!)、合鍵を作っても開かないかも知れないとのこと。
 「職場が近くだったら直接見に行くこともできるけど、横須賀だったら近くの店に相談してみるといいですよ」と、丁寧に説明していただきました。このお店、母が生前、トイレの水回りが壊れて家まで直しに来てもらったと聞いています。その節はありがとうございました…と言おうと思ったけど、心の中にとどめておきました。

2017/02/11(土) テレビの話ばかりです
 本編を全然更新していなくて申し訳ありません。代わりに…と言ってはなんですが、ひまひま日記を更新します。

 国谷裕子さんの著書『キャスターという仕事』を買いました。
 国谷さんがキャスターを務める『クローズアップ現代』が始まったのが1993年。同年、『ニュース7』や『おはよう日本』もスタートし、今に至るNHKの報道番組の起点となった年でした。とは言え、ニュース7もおはよう日本も当時と今ではキャスターも演出も全く別物、唯一クローズアップ現代のみがスタジオや音楽は変わりつつも、中身をほとんど変えずに続いてきたのでした。
 国谷さんのことを、長年NHKの職員だと思っていて、NHKにはこんな優秀な人がいるんだなあと思って見ていましたが、フリーの契約キャスターだったと最近になって知って驚きました。巨大組織で外部の人間が23年間も同じポジションで仕事を続けてきたというのは、並大抵なことではないと思う(外部の人間だからこそできたとも言えますが)。
 この本を読んでわかったのは、頭のいい人だということは前から思っていましたが、加えてものすごい努力家だということ。にも関わらず、この人は弱い立場の人に寄り添う姿勢が明確なのがすごい(いや、そうじゃなきゃ本来キャスターなんかやっちゃいけないと思うのです)。
 昨年の番組降板が、上層部からの指示による不本意なものだったことも、淡々と、かつはっきりと書かれています。
 NHKは大事な人材を大事にせず、勿体無いことをするものだと思います。今になって、民放で人気者になった池上さんを呼び寄せたりしてるのが何とも皮肉です(池上さんも、NHKで大事にされなかったから他局で開花したとも言えますが)。

 テレビの話ばかりで恐縮ですが。さっきtvkのニュースを見てたら、4月から始まる音楽番組(サクサクの後継番組)のオーディション結果を報告していました(ニュースというか番宣じゃないか)。
 黒幕さんも出演するそうで、サクサクではマスクを被ってましたが、完全に顔出しして画面に映ってました。風貌は普通のおっさんだなあ(長年やってるんだから、年齢的にも当然か…)。そう言えば黒幕さんも前回は不本意な降板だったようだけど。tvkさんも、大事な人材は大事にしてくださいね、と思います。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.