ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年6月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/18 二俣川に大河が来る
2020/01/09 未来と希望と、しょんぼりと
2019/12/31 良いお年を・・・
2019/12/16 ひまひま大河ドラマ日記「称賛に値しますね」
2019/11/02 私の鉄道マニア人生

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2018/06/14(木) となりののび太君
 先月のひまひま日記で『かぐや姫の物語』の感想を書きましたが(劇場で見たかったなあ…)、それ以来、高畑勲という人がどんな人物なのか気になってしまい、映画のメイキングDVDを、レンタルで借りて見てみました。
 何と言うか、怒鳴り散らしたり灰皿投げつけたりという激しさとは違うんだけど(←ベタな監督イメージ??)、納得いくまで絶対にOKしないという、相当の頑固さを持った人なんだなあと理解しました。この人の下で働く人たちは大変だ。プロデューサーは若手(と言っても自分と同年代ぐらいか)の男性でしたが、熱意と調整能力と、そして我慢強さが無いととても務まらないと思いました(自分には絶対無理!)。

 以前、このひまひま日記(2016年8月)で、アニメ『ドラえもん』の制作会社の元会長(楠部三吉郎さん)が書いた本を紹介したことがあります。その本の中で、高畑さんがドラえもんアニメ化の恩人、という話がありました。楠部氏がドラえもんのアニメ化を原作者の藤本氏に直訴(正確には再アニメ化。初代のアニメは半年で打ち切りになったそうです)、企画書を書いて来るように求められ(打ち切りのショックもあり、今度こそ…の思いも原作者にあったのでしょう)、楠部氏は企画書の作成を高畑氏に依頼、できあがった企画書を読んで藤本氏はアニメ化を快諾…という話でした。このエピソードは、その後、ドラえもん関連の雑誌で、高畑さん本人もインタビューに答えていました。
 高畑さんは、アニメは現実から離れたものであってはいけない、そして主人公の視点ばかりを追ってはいけない(客観的な視点が必要)という信念があったそうです。これは『ドラえもん』にも共通していると思います(のび太のことなんか、結構突き放していますよね)。だからこそ、原作者の心を動かす企画書ができたのでしょう。
 高畑さんは当時『世界名作劇場』の制作で忙しく、ドラえもんの制作には関わっていないそうですが、実際にドラえもんを作っていたらどうなっていただろう。一度見てみたかったです。

2018/06/10(日) あなたとは違うんです
 辞め時を自分で判断するというのは、難しいことだと思う(政治家の話ではなくて、自分自身の話です)。
 いま仕事を投げ出したら周囲の人たちに迷惑がかかる…と思って、ここ数年仕事をしてきた。思って…と言うよりも、思いこんで…と言うか、もっと言うと自分に思い込ませていたのかも知れない。
 両親とも死んで、自分一人になって、守るものも何も無くふと振り返ると、自分が仕事を辞めても、まあ確かに一時的な引き継ぎで迷惑は掛けるけど、それ以上のものは何も無いと気が付いた。
 と言うよりも、もっと早く辞めていたほうが、ずっと迷惑を掛けなかったのではないか。口に出しては言わないけど、多くの人がそう思っていたのではないか(口に出して言う人もいたけど、一部の人だと思っていた)。今さらそう気付いて、愕然とした。
 もう手遅れだ。組織の内外の、周囲の優秀な人たちは何人も去っていってしまった。そして今後、本来だったらもっと能力を発揮して活躍できたであろう人たちが、巻き添えを食って去っていくことになるだろう。そして「辞めたい辞めたい」と愚痴を言い続けていた自分は、のうのうと居座って、今日まで残っている。

 …などグチグチ、このひまひま日記で愚痴を放出して、まだしばらく仕事を続けるのです。我ながら何という面の皮の厚さでしょう。
 こんな文章を読まされてしまった皆様すみません。次回は楽しいひまひま日記(そんなの書けるのか)をお届けします。

2018/06/01(金) ダメ人間のつぶやき&ひまひまテレビ日記
 会見をした日大の選手は立派だと思う。してしまった行為は立派じゃないんだけど、過ちを衆人環視の下で認めて謝罪し、自分の言葉で語る姿は感心しました。
 一方で、自分の過ちや不正を認めず、組織や上の人間の立場の維持だけを慮って、能面のような表情で意味のない弁明や言い逃れを繰り返す人間が、なんと多いことでしょう。しかもある程度責任のある立場にいる人々が(責任のある立場にいるからこそそうせざるを得ないのだ、と言われそうだけど、いったい何を守ろうとしているのか全然わからない)。
 以上、立派さや責任感とは程遠いダメ人間のつぶやきでした。

 話は全く変わって、久々のひまひまテレビ日記です。4月から始まったNHKの新番組『チコちゃんに叱られる!』が面白い、とネットで見て、真に受けて視聴してみました。
 5歳児のチコちゃん(バーチャルCG)が、ゲストの芸能人にいろいろ素朴な疑問をぶつけて、答えられないと「ボーッと生きてんじゃねえよ!!」と言って怒る…という番組です。
 NHKがこういう民放っぽい番組を作ると、無理してはしゃいで痛々しいことになることがしばしばですが、この番組はうまくいっている感じ。検索して調べると、プロデューサーが元フジテレビの人で、『トリビアの泉』とかにも携わっていたらしいので、こなれているのは当然か。同じ雑学系の番組で、VTRのナレーションが若干皮肉っぽいのもトリビアに似ています。
 その皮肉っぽいナレーションを担当しているのが、ベテランの森田美由紀アナウンサー。若干作ったような冷たい口調で、しかしかつての『ニュース7』を彷彿とさせるようによどみなくしゃべり続けます。いかにもマジメそうで、正しいNHKアナウンサーといった印象の森田さん。今後、どんなナレーションを読まされるのか、楽しみなような、不安なような…。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.