ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2018年8月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/03/03 さび抜き断シャリ
2020/02/23 プライムミニスター・モンスター
2020/02/17 どっちにしても怒られる人
2020/02/03 清く正しく、やかましく
2020/01/27 良いダメ人間、悪いダメ人間、普通のダメ人間

直接移動: 20203 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2018/08/30(木) 笑顔いっぱい、マニアもいっぱい
 先日亡くなった、沖縄県知事の翁長雄志さんの著書を買って読んでみた。2015年に発行された『戦う民意』という本。何と言うか、確固たる信念を持った人だと思いました。信念を持った人の言葉は心に響きます。それに比べて、自分を立派に見せようとしたり、相手を罵ったりするだけの、言葉の軽い政治家のなんと多いことか。
 ご本人にとっては不本意だと思いますが、殉職という文字が頭から離れませんでした。真面目な人ほど、早く逝ってしまうのかなあ…(いや、ご長寿で立派な方もたくさんいると思いますが)。

 話は変わりまして。先日、磐越西線の『DLばんえつ物語号』という列車に乗ってまいりました。この列車、普段はSLが牽引しているのですが、機関車不調のため、DL、つまりディーゼル機関車がピンチヒッターを務めているのです。SL列車だと夏休みということもあって家族連れで満員だろうけど、DLなら空いているのではないか…という、後ろ向きな(?)理由で行ってきました。
 で、予想以上に子どもは少なく、大きなお友達(自分含む)が多かったです。そりゃ、DE10に乗りたい!なんてマニアックな子どもはいないよなあ。
 しかし、車掌さんや添乗スタッフさんたちは、普段のファミリー向けモードで、笑顔いっぱいで頑張っておられました。挨拶から始まって、乗車スタンプを押して回って、記念品を配って、じゃんけん大会をして…。
 顔出しパネルを持って記念撮影に回っている時は、さすがにいたたまれなくなってトイレに避難してしまいました。いや、普通に断ればいいんでしょうけど、なんか申し訳無いような気がして…。
 そんなわけで。乗務員の皆様お疲れ様でした。早くSLが復帰して、子どもたちの笑顔で車内があふれますように(その時は私は乗らないけど)。

2018/08/05(日) 生きてるだけで丸もうけ
 毎度テレビの話題ばかりですみません。先月になりますが、明石家さんまが34年ぶりにテレビ東京の番組に出演したという話。『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』という番組で、出川自らの出演要請を受けて出演…ということのようです。映画で言うと友情出演とか特別出演とかいったものでしょうか。
 ちなみに、34年ぶりというけど実際は違い、1990年頃に、小堺一機がメインのコント番組に「8年ぶりにテレビ東京に出演」と銘打ってゲスト出演していたのをよく覚えています。当時、フジテレビの『いただきます』で共演していたので、これも友情出演だったのでしょう。この時もさんまは、テレ東に番組を打ち切られた恨み節を話していたと思います。

 ところでこの『充電させてもらえませんか?』という番組、けっこう面白い。ナレーションを一切入れないテンポの良さが、独特の面白さにつながっている気がします。出川が噛んだり言い間違えたりするコメントも、一字一句そのままなぞるテロップも独特。『TVチャンピオン』以来、『路線バス』『池の水』などの、連綿と続くドキュメントタッチのテレ東バラエティ路線を受け継いでいるように感じます。

 そして明石家さんまについて。番組でのさんまは、いつも通りのさんまだったのですが、ちょっと心に引っかかったのが、地元の人にサインしていた際に書いていた「生きてるだけで丸もうけ」の言葉。
 サインに座右の銘のようなものを書き添えるのは、よくあることだと思います。さんまにとっての座右の銘なのでしょう(娘の名前につけてしまうぐらいなのだから)。
 しかし、テレビでは一切人生訓的なことを語らず、ひたすら笑わせることしか考えていない。そんな本人のイメージと、この言葉の重さにギャップを感じずにはいられない。なぜなんだろう…と、番組本編とは関係無く心に残ってしまったのでした。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.