ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年11月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2020/01/18 二俣川に大河が来る
2020/01/09 未来と希望と、しょんぼりと
2019/12/31 良いお年を・・・
2019/12/16 ひまひま大河ドラマ日記「称賛に値しますね」
2019/11/02 私の鉄道マニア人生

直接移動: 20201 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2019/11/02(土) 私の鉄道マニア人生
 『私の鉄道人生“半世紀”』という本を買いました。著者の須田寛さんは、長年国鉄に勤め、民営化後はJR東海の社長や会長を歴任、現在は鉄道友の会会長…という、まさに鉄道界のレジェンドというお方です(1931年生まれ、御年88歳!)。先日は相鉄20000系の鉄道友の会ローレル賞授与式で、かしわ台にも来られたようです。
 この本、「鉄道への就職を目指す若い人や鉄道に関心の深い人たちに、経験から学んだ教訓を伝えてほしい」という出版社からの依頼に応えて書かれたそうです。ふつう、これだけの経歴の方だとどこか自慢のような、上から目線の内容になりがちですけど、この本は全くそんなことはありません。
 本の中では、鉄道ファンとしての自身の立場から、好きだという理由だけで仕事を選ばないほうがいい、組織の中で働くことにやりがいを見出せないのであれば、趣味に留めておいたほうがいい…ということが繰り返し述べられています(著者は国鉄最末期の中心にいたわけで、並大抵の苦労ではなかったはず)。決して最近のどこかのJRのトップみたいに「鉄道マニアは嫌いだ」と見下すのではなく、あくまで読者に向き合うように、自身の経験をもとに平易な言葉で丁寧に書かれているのです。本当に偉い人は謙虚で誠実なんだなあ…と思います。
 自分は鉄道会社に就職せずに、趣味にしておいて良かったかも知れない。そもそも試験に受からないだろというツッコミは無しで。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.