ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年5月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/26 いだてん名セリフ集(最終回)
2020/07/25 いだてん名セリフ集(第45回・第46回+第4回)
2020/07/20 いだてん名セリフ集(第43回・第44回)
2020/07/14 いだてん名セリフ集(第40回〜第42回)
2020/07/12 いだてん名セリフ集(第37回〜第39回)

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2019/05/08(水) パパママバイバイ
 図書館で借りた絵本。1977年に横浜市緑区で起こった米軍機墜落事件について描かれています。事故からまだ間もない頃に書かれたもので、絵本というには非常に生々しいものです(ここでは詳細は省きます)。
 私はこの事故が起こった時にはまだ1歳。当然記憶には無いのですが、後年、母親から何度か話を聞いたことがあります。
 当時、母親は二俣川の自宅にいたのですが(当然私も一緒に)、日頃から厚木基地を飛び立ち二俣川上空を通過する米軍機が、この日は普段と明らかに違う低空を飛ぶような轟音を立てていていると思ったら、間もなく雷が落ちるような凄まじい音がして、それがその事故だった…と言うのです。
 犠牲になった兄弟は当時3歳と1歳、次男は私と同い年だったわけです。2人のお母さんは皮膚移植などを経て一時は回復しましたが、4年ほど経って亡くなったそうです。

 港の見える丘公園の一角には、遺族から寄贈された「愛の母子像」が、ひっそりと設置されています。
 事故から40年が経ちますが、それから世の中が良くなっているかというと、全く変わっていない、むしろ悪くなっているのでは…と思いつつ、この本を読みました。こういう本は、最近では政治的とか言われて、批判されてしまうのかも知れません。でも、政治的かどうかなど関係無く、こんなことがもう二度とあってはならないと思うのが、自然な感情なのではないか…と思います。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.