ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年7月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の絵日記ダイジェスト
2021/02/09 ひまひま大河ドラマ日記・『麒麟がくる』最終回
2021/01/01 2021年新春ひまひま朝ドラ日記
2020/12/31 後ろ向きな一年最後のごあいさつ
2020/12/06 ぼく、もらいもん(ハンカチ)
2020/11/16 GOTOトレイン

直接移動: 20212 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2019/07/08(月) 現実を基にしたフィクションです
 ひまひまなので連続更新です。先日、『新聞記者』という映画を観てきました。横須賀はイオン閉館の影響で映画館が無くなってしまったため、京急1本で行ける川崎まで。しかし遠いなあ…(レイトショーだったので、帰りは横須賀方面の終車になってしまった)。伸びゆく川崎と、衰える横須賀の対比を肌で感じます。川崎は駅も商業施設も広々としてきれいで、雑然とした横浜駅周辺ともまた対照的。
 肝心な映画のほうですが、内容の詳細については割愛するとして、前半は現実社会に即した生々しいものだったのですが、後半になって急にフィクション色が強まり、なまじ途中までリアルだっただけにかえって嘘っぽくなってしまった印象。でも、あれぐらい脚色しておかないと、どっかから圧力がかかってきた時に(どこ?)「いや、これはフィクションですから」とかわすことができなくなってしまうかも。「すっきりしないモヤモヤした映画」との評もありましたが、現実世界がモヤモヤしてるのだから、映画だけすっきりしてもしょうがないので、それはいいのではないかと思います。
 松坂桃李という人は、こういうシリアスな役のほうが合っていますね。NHKではなぜかあまり役に恵まれない印象。例えば、わろてんかとか、わろてんかとか、あと、わろてんかとか…(すみません)。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.