ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年8月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2020/04/05 忘れた頃にひまひま朝ドラ日記
2020/04/04 外出自粛で、みんなでひまひま
2020/03/03 さび抜き断シャリ
2020/02/23 プライムミニスター・モンスター
2020/02/17 どっちにしても怒られる人

直接移動: 20204 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2019/08/03(土) もっと正しく、感じるままに
 亡くなった祖母をはじめ、戦前生まれの方々の話を聞くと、なんでごくごく短期間に物言えぬ暗い時代がやってきて、破滅を迎えてしまったのかなあ…とピンと来ないものがあったのですが、ああ、そういう時代に転がり落ちるのはあっという間なんだろうなあ…と最近感じます。

 以前、東日本大震災の前に、原発のある町の宿に泊まったことがあります(このひまひま日記でも書いたかと思います)。原発があることなど意識もせず、いつもの鉄道旅行の途中でたまたま泊まったのでした。帰りに駅まで送っていただく途中、宿のご主人が「この町に民主主義などあったものじゃないですよ」と話していたことをふと思い出します。
 その時も、そんなもんなんだなあ…と他人事のように聞いていただけでした。あのご主人は、今頃どうしているのだろう。

 幸い、民主主義が無くなってきていると言っても、まだ何を言っても命が奪われるわけじゃありません。しかも、守るべき家族とか、仕事上の地位とか、たくさんの友人とか、そういったものが自分にあるわけでもないので、自由なことを言えるうちに、ある程度自由に思ったことを言っていきたいと思います。とは言っても、まなじり決して大上段に構えて世相を斬るような柄でも無ければ知識も無いので、あくまで自分が感じたことをそのままに。

 そんなわけで、オチは無いですけど、今日はこのへんで。オチなどあった試しがありませんが。

(8月4日追記)
 芸術祭の展示中止事件を知る前に、この日記を書きました。今回の件を念頭に書いたわけでは無いことを付け加えます。
 命懸けでないと物を言えない時代に戻らないことを願うばかりです。

2019/08/01(木) そんな話ではない
 以前このひまひま日記で取り上げた『大家さんと僕』の続編が本屋で平積みされていたので、買いました。前回の話の続き、大家さんが亡くなるまでが描かれています。
 で、前回も帯に文句を言ったと思うんだけど、今回も「涙の続編!」とか「日本中がほっこりした」「感動の物語、堂々完結。」とか…。何でそういうコピーをつけてしまうかなあ。ほっこりとか感動とか堂々とか、そういった話じゃないと思うんだよなあ。
 じゃあどういう話なんだよと言われると、うまく説明できないんですけど(すみません)。もっと乾いた感じなんですよね。
 大家さんに本を見せたら、感想が「一番ぐっと来たのが、帯のみなさんのお言葉」と言われるというネタがあったのですが、作者としての照れ隠しでこのネタを入れたんじゃないかなあと思いました。帯と中身の温度差に対して。

 そんなわけで、今月もこんな感じでよろしくお願いします。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.