ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2020年12月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2021/02/09 ひまひま大河ドラマ日記・『麒麟がくる』最終回
2021/01/01 2021年新春ひまひま朝ドラ日記
2020/12/31 後ろ向きな一年最後のごあいさつ
2020/12/06 ぼく、もらいもん(ハンカチ)
2020/11/16 GOTOトレイン

直接移動: 20212 1 月  202012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 月 

2020/12/31(木) 後ろ向きな一年最後のごあいさつ
 気づいたら今年も最後の日になってしまった。ラジオを聴いていたら、コロナに負けずにみんなでがんばろうの連呼。東日本大震災の時の、絆の連呼にも違和感があったけど、今回はそれ以上に感じてしまいます。
 放射能もそうだけど、ウィルスという見えないものへの不安は、人々をますます分断させます。災害は平等になど訪れません。住んでいる地域はもちろん、年齢、障害や持病の有無、収入や職業など、いろいろな格差があるのに、「みんなでがんばろう」などと掛け声だけかけられても…。

 一年の最後に、なんかひじょーにグダグダ後ろ向きのことを書いてしまった。すみません。
 来年は明るく過ごせますように。今年一年ありがとうございました。

2020/12/06(日) ぼく、もらいもん(ハンカチ)
 友人にドラえもんのハンカチをいただきました(洗濯したばかりで、しわくちゃの写真ですみません…)。ドラえもんによる名言・格言(?)シーンが集められています。
 ドラえもんといえば、いま『STAND BY ME ドラえもん2』という映画をやってるらしく、ラジオや電車内の広告で「ドラ泣き」とか言って宣伝していました。うーん…ドラ泣きってなあ。そんな「泣き」を前面に出した漫画じゃ決して無くて、たまにさりげなくいい話を混ぜてくるからいいんだと思うんだけど…。
 そもそも、ドラえもんの消費のされ方が、「ドラえもんで育った大きなお友達向け」になってきていることに、どうも違和感があるのです。自分が子どもの頃のドラえもんはあくまで子ども向けで、でも全力で子どもを楽しませるために、手を抜かずに描かれているから面白かったんだよなあと思います。ドラえもんの新巻が出るたびに、楽しみに商店街の本屋へ向かっていたあの頃…。

 …こうして過去を振り返ってばかりの人がああだこうだ言っても説得力ゼロですね。はい。

 さて、大河ドラマ『麒麟がくる』、いよいよ面白くなってきました。歴史ちんぷんかんぷん人間なもので、話の筋を追うのが大変なのですが、字幕をオンにして見るようにしたら、だいぶ流れがわかりやすくなりました(これじゃバラエティー番組のテロップをバカにできないなあ…)。
 ちょっと登場人物たちを突き放したような、誰にも感情移入させない(←いい意味で)スタイルがいいです。この信長は、打ち取った首を父親に差し出して怒られて、褒めてもらえなかったと拗ねていた頃のまま成長しちゃったんだなあ。駒殿はちょっと活躍し過ぎでしょ。あと、帝の「ほめてほしそうであった。ほめてやった」には笑っちゃいました(信長ちょっとかわいそう)。本能寺の変が楽しみになってきました。
 あと、再来年の『鎌倉殿の13人』、ついに大河ドラマに二俣川の偉人、畠山重忠が登場! しかも三谷幸喜脚本。これも楽しみ(演じるのは『真田丸』で豊臣秀頼役だった中川大志とのこと。最終回、炎上する大阪城のシーンは印象的でした。茶々役の竹内結子さんも)。
 来年は…なんとなく「イケメンうっとり大河」枠っぽいからパスかなあ(朝ドラも時々この系統がありますね)。めちゃくちゃ面白いドラマだったらすみません。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.