ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2004年4月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記ダイジェスト
2016/08/12 夏のハウステンボス
2016/07/20 オオクワ オスのサイズ測定
2016/07/17 最後のネコが逝く
2016/07/04 実家のカブトムシ
2016/06/26 オオクワ 最後のサナギが成虫になる

直接移動: 20168 7 6 5 4 3 2 1 月  20157 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2004/04/29(木) 明るい彗星
GW初日の29日の早朝は、船長っと星を見に行ってきました。一番の目的は、今明るくなっているブラッドフィールド彗星です。肉眼では何とかぼやけた星状の物体が見える程度でしたが、双眼鏡ではバッチリ。小さいながらも尾が伸びているのが分かります。
正直言いまして、眼視で見る彗星は薄明の中ということもあって自分のイメージとはほど遠いショボいものでしたが、これが暗い夜空の元で見ることが出来たなら、さぞ素晴らしい眺めになったことでしょう。
今回の顛末は後日「天文奔走記」でご紹介したいと思います。その時、タイトルマークが「泣き顔」になっている理由が明らかになると思います。・・・

2004/04/28(水) 姫のご機嫌向上作戦
最近、姫さまネタ多いですねー。それだけ普段の生活が姫さま中心に移ってきてると言うことでしょうか。と遠くを見つめつつもまたもや姫さまネタです。
最近の姫さまのグズリようは過去に何度か触れましたが、それを鎮める為にあの手この手を画策しています。「ネコあやし」「おしゃぶり」もその1つですが、そればかり続けていると本人もマンネリを感じるのか、効果が今ひとつです。そのため、日々新しい技が必要になってくるわけです。ちょうど新メニューを定期的に出すほっかほっか亭みたいなものですね。
ここしばらく姫のお気に召したのが、「起きあがりこぼし」です。ポロンポロンと赤ちゃんが好きそうな音が鳴り、ぐずっていても耳元で鳴らすとご機嫌になります。ただし、親は四六時中起きあがりこぼしを鳴らさないといけないのでたいへんです。
もう一つは通称「イオダンス」。姫のグズリの声が聞こえてきたら、父ちゃんが素早く立ち上がり、手と腰と足を左右にカクカクカク振りながら「タラッタリッタラッタ 伊織のダンス♪」と口ずさむのです。
これはもう「父ちゃん、バカになれ!!」の世界で、とても他人の前ではやりたくありません。
効果は今のところ絶大で、踊ればグズリがピタリと止まり、止めると愚図るという非常に分かりやすいです。しかし、体全身を使う技ですから長時間続けると汗だくの筋肉ピリピリ。あぁ、子守ってつくづく体力勝負なんですねぇ・・・。

さてさて、次なる技は何にしようか。父ちゃん母ちゃんは今日も姫のご機嫌取りに頭を働かせないといけません。

2004/04/26(月) お座りセンサー
最近、姫さまの各種センサー(通称イオセンサー)がかなり敏感に反応するようになってきました。その最たる物が「お座りセンサー」で、立って抱っこしてあやしている分にはいいのですが、「ふ〜疲れた、ちょっと座るか」と座る動作に入った瞬間、ウギャー!!と泣き出すのです。
前は、座っていても揺すったりしていればそこそこあやすことができたのに、今では座ろうとする動作すら許されません。おかげで、母ちゃんは「空中授乳」という技を身につけさせられる始末です。

一体姫はどういうところで「座る」動作を感じるのでしょう?ついでに何で座ることを許してくれないのでしょう?謎は深まるばかりです。
ついでに、イオセンサーは他にも「カメラセンサー」とかがあって、どんなに笑顔を見せていても、カメラの電源を入れた瞬間にキツイ顔になってしまいます。せめてカメラ目線になってくれたらいいのに・・・(ToT

2004/04/25(日) コンサートチケット
普段、コンサートなんか行かない自分ですが、今度倉木麻衣が当地にやってくると言うことで、3月にチケットを頼んでおりました。で、昨日そのチケットが届きました。案外あっさりでちょっと肩すかしを食らった気がします。
というのも、これまで嫁さんのヘルプを受けて、ドリカムとかのチケットを電話予約したことがあったんですけど、全然つながらないまま終了してばっかりだったんです。倉木麻衣と言えば、自分的には結構メジャーなアーティストだと思ってますんで、倍率高いだろうな、取れないだろうな、と半ば諦め気味にネット予約したところ、「明日振り込んで下さい」との返信メール。
正直取れると思わんかったですねー。その後、半月経ってもまだTVで「残り僅か」とCMしてましたので、売れ行きは爆発的、と言うわけではなかったみたいです。
ともあれ、久しぶりのコンサートは楽しみです。唯一の敵「出張」の話が出ないことを祈るばかりです。

2004/04/24(土) 乳母車デビウ
3月終わりに出産祝いとして、船長っ夫妻、オクヒデ君、どろっぺパパ・ママ、マッツンから頂きました「ドラゴン乳母車」、これがいよいよ活躍するときがやって参りました。
本日、姫さまを乳母車に乗せての初散歩です。
と言っても、昨日母ちゃんとバーバが挑戦したらしいのですが、乳母車に乗せた途端、喉も裂けよと言わんばかりの泣きに入って断念したとか。全く神経質な姫ではあります。

昨日の失敗の原因は、外で乳母車をセットして乗せようとしたために、乗せる段階でむずかってしまったことが敗因と思います。
ですんで、今日は部屋の中でベビーシートに乗せておき、外で乳母車とベビーシートを合体させる方法にしてみました。もちろん、ベビーシートに乗せる前には、姫にたらふくミルクを飲ませておいて、うつらうつら意識が飛んでいるときにベビーシートに乗せるという気の使いようです。最初のウチこそ違和感を感じた姫さまですが、乳母車のガラガラする振動に心地よさを覚えたのか、今日は1時間ほどの散歩でもゆったりとくつろいでいたご様子でした。

これでGWの山デビウとか、運動公園デビウも出来そうです。
あらためて、ドラゴン乳母車を買ってくれた皆さんに感謝、感謝ですよ。by 姫さま

↓乳母車に乗っている姫さま。対面で乗せているのでなかなかその雰囲気が伝えられないのが残念
 それにしても、傍目から見ると女の子って感じしませんね?

2004/04/23(金) おしゃぶりおしゃぶり指しゃぶり
本日も姫さまネタです。一昨日会社から帰って姫さまのご機嫌を伺うと、何と姫さまが指しゃぶりをしていることに気付きました。これまでは、姫さま専用「クマのプーさん おしゃぶり by NUKS」を使ってたんですが、いつの間に?ということで母ちゃんに聞いたところ、ついさっきから、なんだそうです。自分の手に微妙な味(塩味か?)を感じるのか、うつろな表情で舐め続け、ついに口回りはよだれまみれ。本当はプーさんおしゃぶりをくわえさせたいところですが、最近お気に召さないし、「指しゃぶりで少しでも静かになるのなら・・・」と言う気持ちも働いて、これを黙認してます。
昨日は昨日で、ガラガラを掴んでちょこっと振り回す場面も目撃しましたし、何だか成長している実感が湧いた次第です(ここのところ、ほっぺたの成長ばかり目につきましたからねー)。
この調子で早く首も据わって下さい>>>姫さま

*指加えの様子です

2004/04/22(木) オギャリンガルが欲しい(2)
「オギャリンガルが欲しいぞ」と昨日のつぼやきに書いたら、早速船長っから「あるっち情報」が来ました。URLは掲示板の方に紹介されていますが、試しに行ってみると「おぉ!まさにこれこそオギャリンガルではないですか」
感動に打ち震えました。これを買えば姫さまとのコミュニケーションは少しスムーズになるかもしれません。

ということで、嫁さんにそれとなく「オギャリンガルありまっせ?16000円でっせ。」と触れ込んでみました。
嫁の回答・・・「今日、赤ちゃん語で遊ぼうという本を借りてきた。これ読め。これで十分」とつれない返事とともに、1冊の本を手渡されました。
くくっ、日々勉強せよということか。

(赤ちゃん語で遊ぼう、の本の写真です)

2004/04/21(水) オギャリンガルが欲しい
おとなしかったあの頃が懐かしい・・・。最近、姫さまのお気持ちが分かりません。布団に寝かせればグアーーッと泣くまでは分かるものの、抱っこしても何かの拍子に泣くんです。
「・・・おむつかい?」→別にシッコしていない
「・・・ミルクかな?」→ほ乳しようとすると力の限り泣き出してしまう
「・・・おしゃぶりかしらん?」→プッと吹き飛ばす
「抱き方の問題か?」→立て抱き、横抱き、逆さ抱き(んなことはしない)いずれもあきまへん

なんだ?何が不満なんだ?どうして欲しいんだ。・・・母ちゃんに抱いて欲しいようでした。
あぁこの世にオギャリンガルというものがあればなぁ。こんな経験を皆さんしてるんだろうなぁ・・・。

2004/04/20(火) TOEICで運を見る
Test Of English for International Communication・・・頭文字を取ってTOEICと呼ばれる英語の試験をご存じでしょうか。早い話が自身の英語力を試す試験で、1000点満点中600点以上を取れば基本的に外国での生活に支障ないレベルだそうです。ワタシの会社では毎年4回このTOEICを受ける機会があって、昨年12月に久方ぶりに受けてみました。
ちなみに自分の最高得点は535点と、「たどたどしくも何とかかろうじてコミュニケーションが図れる」レベルらしいですが、随所に日本語が出てくる自分の英語で本当にコミュニケーションが取れているのか、大変疑問なところです。

さて、TOEICではヒアリング100問、リーディング100問の計200問設問があって、マークシート形式で回答するわけですが、未だかつて時間内に余裕を持って回答した試しがありません。まともにやろうとすれば大抵160問あたりで時間切れになるのが自分の実力です。
ですから自分の場合、特にリーディングの設問に入った瞬間から、ある1つのマークだけを塗りつぶす作戦に出るのです。何を塗りつぶすかはその日の直感次第。「今日はBが確率高そうな気がする」と思えば、ひたすらBだけ塗りつぶし、「A」にインスピレーションを感じれば、しゃにむにAだけ塗りつぶします。するとどうでしょう。「あぁ終わったぁ」という安心感に包まれるのです。
そのあと、余裕を感じつつ1つ1つ設問を見ながら、「あっこれはCだった」ということで、正しいと思われるマークに変更します。
すなわち、自分のTOEICは「英語力」を試すのではなく、その日の運勢を確認する場だといって差し支えないかと思います。

で、12月に受けた運勢の結果が今日帰ってきました。さてその判定は・・・?う゛っ「535点」。普通の運勢だった模様です。こんなことやってるから判定と実際の英会話が一致しないのだろうか?

2004/04/19(月) 健忘症?
最近物忘れがヒドイです。何か1つは忘却の彼方に葬り去られることが良くあります。
例えば、先週金曜日のこと。実家に寄った際に、実家の鍵をポケットに突っ込んだまま自宅に帰ってしまいました。「まぁ翌日猫のえさを届けるときに返せばいいか」と親にもその旨連絡してました。そして翌日、ネコえさを届けておきながら、鍵は自宅に置き忘れ。返したのは日曜日でした。
そして、鍵を返した日曜日。この日は幾つかのミッションを持っていました。鍵を返すこと、実家からカッパを取ってくること、夕食の食材を買ってくること、姫のおむつをゲットしてくること、嫁のおやつのバナナを買ってくること・・・。さて、この中で忘れ去られたアイテムとは一体?答えはバナナだす。食材を買うことに集中しすぎてバナナは完全に忘れ去られていました。
今日は携帯を家に置き忘れてしまいました・・・。

2004/04/17(土) 笑顔を狙え(2)
なかなか笑い顔を撮らせてくれない姫さまですが、本日ようやく写真に収めることが出来ました。
ミルクを飲むときにたまにデヘッと笑いますが、その瞬間です。両親ともども「笑えぇ、笑えぇ」と呪文のように繰り返した甲斐がありました。まだベロベロバーをしても反応してくれないので、笑い顔撮るのもホント一苦労です。あとは正面から撮れれば言うことナシですね。

2004/04/16(金) ミスター中近東
人質問題とか物騒なニュースが飛び交い、未だに情勢が安定しないイラクですが、そんなイラク関係の仕事を会社が取ってきたと聞いたのは、先月か先々月のこと。イラク復興支援事業の一環だそうです。その時ある不安を抱きました。「オレに来ねぇだろうなぁ・・・」。
不安的中です。昨日係長からお声がかかり「Y−da、これまでの中近東の経験を生かしてやってみる??」。
待って下さい、中近東の経験と言っても4年前の一回こっきりでっせ?おまけに今一番ホットなイラクですか?勘弁して下さいや。・・・だなんて気の弱い自分が言える訳もなく、ただ「はぁ・・・」。

ちなみに、ウチのやっている仕事は国内だけでの作業だけでなく、現地に赴いてお客様と協議したり、建設作業をしないとなりません。その果てが2年間のクウェート生活で、2年後性格が更に悪くなったY−daが出来上がった原因でもあります。
「現地への日人派遣はしない、という契約条件だそうだから、派遣はないだろう(と思う)」。そう言った係長の言葉を信じるしかありませんなぁ。
こんな状況で仕事を請ける会社も会社ですが、「復興支援の一環」と言われればやむを得んのだろうか。なしくずしに現地に行かされそうな不安が出てきた今日この頃です。

2004/04/15(木) 「防具」くる
先日からYahooオークションで手当たり次第入札を繰り返してます。本当は「天体撮影用一眼レフボディー」だけ買うつもりだったのに、つい望遠鏡にまで手を出してしまいました。詳しくは「天文奔走記」の「プロジェクトED(番外編)」にまとめている最中です。

で、本日望遠鏡が届きました。やっぱり中古だけあってそこかしこに汚れがあったりしますが、実用上差し支えなさそうです。
オリジナルは「ボーグ76ED」ですが、レンズだけ流用して本体はビクセンの鏡筒を使っているそうです。「なんちゃってボーグ」ですね。とりあえず「防具76ED」と命名しました。
当然嫁さまにナイショで買ったので大っぴらにベランダ観測できないのが玉に瑕です。

2004/04/14(水) 笑顔をねらえ
赤ちゃんの表情というのは実に多彩です。特に今の時期は、こちらの意図にまだ反応せず、自分の意志だけで表情を変えるので、見ていて「ああ、何だかナチュラルな表情だよなぁ」と思います。

で、ここのところ一番写してみたいのが「笑い顔」です。呆けている顔、泣いている顔、寝顔、白目顔、歪んだ顔など大抵の表情は撮っているモノの、ニコッと笑った顔はまだ成功していないのです(ニヤっとした表情はあるんですが)。ミルクを飲んでいるときにたまに見せたりするものの、カメラを向けると途端に厳しい表情になるのです。
何としても撮るべし、とばかりに毎日隙を伺っていますが、「これは」というベストショットには未だ巡り会えません。何せ、こちらの意志には無反応ですからねー。自然な笑い顔を撮りたいとは言え、なかなか難しいものです。
今日も頑張ってみたいと思います。

↓母ちゃん作。心持ち笑っているようにも見えます?

2004/04/13(火) 60歳からのパソコン入門
自分の両親は、「大」が5個ぐらい付くほど電化製品を扱うのが苦手で、扱えると言えば普通の家電製品(テレビとか冷蔵庫とかクーラーとか炊飯器とか洗濯機)ぐらいで、例えばビデオなんかは再生と巻き戻しと早送りしか使うことが出来ません。
パソコンなんてもってのほかで、まず電源を入れるためにはどうやるのかからして怖じ気づく始末です。
しかし、最近親父様がPCに興味を持ち始めました。理由を聞いてみると、親戚がWORDで文書を作りプリントアウトすることに成功したということで、ちょっとそれに触発されたみたいです。また、嫁さんの両親は3年ほど前からPCを扱い始め、今ではデジカメの画像を編集したりすることが出来ると言うことも、PCに興味を持った要因になっているようです。

ということで、先日ウチの両親が自宅に遊びに来た折りにPCの扱い方をデモしてみました。当面は、自分がデジカメで撮った姫の写真をスライドショー形式で見れればいいので、ホントに必要最小限(電源入れて、スライドショーのアプリを開いて、画像フォルダを選択して、スライドショーを走らせて、あとPCをシャットダウン)の使い方だけレクチャー。するとどうでしょう。まるで子供のように目をキラキラ輝かせながら、「おお、おお、そうか、こうすりゃ見れるのか」とご満悦になったではありませんか。うーん、こんなに興味を示すのは釣りにはまったとき以来じゃないかしらん?

ちょうど、我が家には既に使っていないノートPCがあったので、それを持ち帰ってもらい、上記の一連の手順を反復練習してもらうことにしました。昨日様子を見に立ち寄った時点では、問題なく使えるようになっていて、何と「オレでもこれくらいはできるサ」と強気な発言。できれば、そのパワーをビデオデッキの取り扱いにも見せてほしいものです(せめて時間設定のやり方や録画の仕方とか)。
この分なら単に画像を見るだけに止まらず、いずれワープロとかデジカメにも興味を持ちそうな感じです。まぁ、楽しみが増えたと言うことは良いことではありますねぇ。

2004/04/12(月) 両雄並び立つ?
ここのところ姫さまの相手で、なかなかHPの更新もままならない日が続きます。睡眠が一番の幸せ・・・最近こんな感じです。

さてさて、昨日船長っがうちの近くのストアで買い物したついでに、我が家の方に遊びにきてくれました。もちろん奥様や息子さんもご一緒で、生の姫さまと初のご対面。
マッツンのライバルと目されている船長っJr.ですが、これまではマッツンが「先にご対面し」「先に抱っこした」というアドバンテージがありました。しかし、この日運命的な出会い(?)を果たしたことにより、どこまでマッツンの優位性が揺らぐのでしょう?自分としては、このあたりに注目したいところです。
(一気にチューでもいくか??いけ、いけ!)と思いきや、息子さんはどうやらベビーシートに興味を持ったらしく、ベビーシートのシートベルトを掴んではキャッキャッと振り回しておりました。その後はチョロQをガーッと走らせたり、空きのペットボトルを酔っぱらい宜しく振り回したりの元気ぶり。船長っが言うには、あんまり姫を近づけすぎると髪の毛をワシッと掴むかもしれんのだそうです。姫を姫として認知してくれるには、もう少し時間がかかりそうですね。
ということで、マッツンとそのライバルのただいまの状況は、まだまだマッツン優位となりました。
この次は、マッツンとライバルのご対面、といきたいですね。

2004/04/11(日) その視線の先には
「赤ちゃんは隅っこを見るのが好き」と周りの人はよく言うのですが、姫さまは時々ある一点をジーッと見つめることがあります。
ただ漫然と宙を見ているんではなくて、何か見えるんでしょうか、ユ〜ラユ〜ラ揺らすと目を動かして、ちゃんとその一点に視線を合わせるんですよね。
「何かみえるん?」というと、即座に母ちゃんは「天使の見えるとさ」と切り返します。実は母ちゃんは幽霊の類が苦手で、自分がこう言っただけでも気味悪がるんです。天使だったらいいんか?
ちなみに、姫の視線の先をデジカメで撮ってみましたが、特に何も写りませんでした。純粋な子供の目には大人の見えないモノがいっぱいあるのかもしれませんねー。

↓宙をさまよう姫さま(うつろな表情の時もあります)

2004/04/09(金) 姫さま〜なぜ泣くの〜♪
姫が自宅での生活を始めてまだ1週間も経ってませんが、思ったよりも夜泣きが少なく、母乳を与えるタイミングがはまれば、3時に1度だけ起きるぐらいです。もっとも、まだ自分の方がリズムに乗り切れていないので、キツイと言えばキツイのですが。

そんな扱いやすい姫さまですが、なぜか昨日はご機嫌が麗しくありませんでした。未明から30分おきにぐずり、自分が仕事に出ていた間もひたすら泣きわめいていたそうです。ミルクの飲み具合は芳しくないし、一体この変わり様は何としたものでしょう。
仕事上がりの夕方、自分の携帯に嫁から電話がありました。出ると「ウギャーーーーー!!」とい激しい姫さまの泣き声の前に、嫁の言葉もかき消される程。「もしかしたら熱があるかもしれないから、早く帰ってこい!」コールです。すわっ!急がねば。
帰宅すると、ありゃ?何とバーバ(嫁のお母さん)まで出動しているではないですか。聞けば、赤ちゃん用体温計を持ってきてもらったそうです。それで、熱があるかと言えば・・・、36.8度?普通ですねぇ。一見しただけでもとても元気そうだし、服のシワシワもちゃんと延ばしたりしたそうです。でもモゾモゾ動いて何か落ち着きがないんですよねぇ。
いつもであれば、バーバのミルクや父ちゃんのネコあやしでご機嫌の姫も、この日ばかりはグズリが止まりません。自分で言うのも何ですが、さそり座生まれの特性を活かした自分の洞察力は、結構姫の感情を読み当てるんですけど、・・・分からん。姫さま、何がご不満なんですか?

そんなグズリは、お風呂の後にピタリと止まり、今日は、いつものサイクルに戻りました。?原因何だったんでしょうね。

↓泣く姫さま。たまに「麿」さまになったりします

2004/04/08(木) 参院選挙
会社に組合があるというのは、社員の福利厚生(とか賃金交渉)などの面でメリットがある反面、時として億劫な依頼をうけるものです。と言うか、メリットを感じたことはこれまでただ一度もないんですけど・・・。億劫な依頼の最たる物が選挙関係です。後援会の人集め、政党政策のビラ配り、演説参加云々。今年も来る参院選に向けて、またもややってきたのです。

昨年は衆院選選挙で、後援会人集めと政策ビラ配りに奔走しました。
特にビラ配りは珠玉の作業。決められた町内の一軒一軒にビラを配る作業で、その数約200枚(つまり200世帯)。もっとも、地図を見る限りではそんなに広い地区でもないし、自分一人で何とかなると思っていました。係の人は「手伝うよ」と言ってくれましたが「心配無用、30分で終わるから自分でやっとくよ」。

甘い甘い。メープルシロップに黒砂糖を混ぜる以上に甘かったです。配り始めた瞬間からそう思いました。何と、そこは坂と階段の地区でスクーターの進入を拒む地区だったのです。徒歩でテクテク歩きながらポストを見つけて入れるという地道な作業しかできません。おまけに、ポストが門からやたら奥まったところに置いてある家が多く、不法侵入のような気がして、そんな家にはビラ配りパス(大体ビラ配りそのものを大っぴらにやるな、と指示も出ていたほどなので、殊の外敏感になってました)。更には、地区の境界線あたりの家には、他の縄張りの人が既にビラを入れているという「シマ荒らし」までいるのです。30分どころか2時間経過してもビラはまだ100枚程度しか配っていません。もう配れるところは隅々まで配りました。
「捨てるか?」そんな邪な考えまで出てきます。しかし小心な自分にそんな勇気はなく、結局配った家をもう一度回り、一気に5枚入れるという大サービスをして3時間後無事終了。はっきり言って、嫌がらせですね。
そんな苦労が実を結び、組合が推した人は見事当選したのでよかったですが、もし落ちたらその原因は自分が作ったのかもしれないナーと思います。

今度は、ちゃんと手伝ってもらいます。

2004/04/07(水) 君の名は(2)
最近、栄養の行き届きが宜しいのか、お顔が「さんかくおにぎり」状になってきました。ツヤツヤ、パンパンに皮が張り、昔の2386gの面影はどこにもなく、得意としていた「ウメ口」もすっかり影を潜めてしまいました。
その代わり、顕著になってきたのは2重あご。以前はあくびするときに少しあごがたるんで2重あごになることがありましたが、今はそれが日常化。まるで小林亜星にそっくりです。そこで「亜星君」という呼び名が新たに加わりました。首が据わり、ハイハイするまでこの名はぶらんニューな名前として呼ばれることでしょう。

もう一つは、「へったれ大魔王」。まだ2ヶ月足らずの赤子だというのに、音、香りとも一般成人並みです。アバアバと実にあどけない顔で人の気を引きつけておいて、ボフッ。遠くを見つめ放心状態にあるなーと油断させておいて、ボンッ。いまいましいことに、動画で記録しようとしたら何もしません。
結構したたかな「へったれ大魔王」です。

最近呼ばれなくなった名前: ヨウケン、ウメ
最近呼ばれるようになった名前: 亜星、へったれ大魔王、姫さま
元々呼ばれている名前: イオ、伊織

↓うっ!二重アゴじゃなくて3重あごでは!?

2004/04/06(火) オークション初参加
これまでYAHOOオークションに興味はあったものの、また、たまに飛びつきたくなりそうなアイテムが出品されていたものの、なかなかオークションに参加することには抵抗がありました。
一番の理由は、参加するのに参加費300円弱が毎月引き落とされる、という大変ミミッちい事だったのですが、一応、解除の方法も熟知しましたので、試しにとばかりに先日オークション初参加してみました。

ブツは天体撮影用一眼レフボディー。先日親父のカメラを修理に出したばかりだというのに(しかも修理代金17000円弱)、結局食指が動いてしまうんですよねー。
まだ落札出来たわけではありませんで、ただいま3000円付近でうろうろしています。落札日は10日。果たしてゲット出来るのでしょうか。
自分の限度額をきっちり守り、跳ね上がる金額にも惑わされぬよう、慎重に行きたいと思います。

・・・先日出ていたタカハシのフローライト鏡筒にビクセンのEDを組み込んだ異色の望遠鏡・・・魅力的だったなぁ。

2004/04/05(月) 1杯19円ブルックスです
仕事中のコーヒー。自分にとってはなくてはならない存在ですが、毎日飲むとなるとその金額も少なくありません。
昨年までは自販機のカップコーヒーを飲んでいたものの、価格にして1杯80円。1日2杯、1ヶ月約20日欠かさず飲むと仮定すると、1ヶ月の出費は3200円ですか。考えようによってはミミッチイ話ですが、ここで「オレはちゃんと節約を考えているんだ」という誠意は見せておくべきでしょう。

新聞に良く出てくる「1杯19円ブルックス」に目を向けてみましょう。先ほどの計算式に当てはめて1ヶ月あたりの費用をはじくと、おお、わずかに760円。送料など入れても高々1000円ぐらい。しかもドリップ式なので、インスタントとはひと味違った澄んだコーヒーが味わえます。
待て待て、もう少し安く出来ないものか。インスタントではありますが、巨大なブレンディはどうでしょう。250gで1280円。一杯あたり約2gとすると、125杯分になります。うぉっ?すると1杯10円強ですか。
決まりです。ホントはゴールドブレンドあたりでいきたいところをグッと抑えてブレンディ250g1280円。
ということで、新年1月に買ったブレンディは今ようやく底をつきかけてきました。殆ど3ヶ月以上これで持っているわけです。カップコーヒーならば1万円になろうとする価格が、ブレンディで1280円。8500円近く節約出来ました。

これだけ苦労して節約したのに、天体望遠鏡で一気に吹き飛ぶんだよなー。

2004/04/04(日) 姫帰る 父元気かい?
約1ヶ月半の実家生活を終えて、本日姫が自宅に帰ってきました。先週の予行演習ではオロオロしていた自分も、「コツさえ掴めば何てこたぁないわ!!」と既にベテラン気分でお迎えしましたが、相手が一枚上手というかスケールアップしたというか、結局のところ抱っこ以外は相変わらず右往左往でした。

特にお風呂の時は、かなりのパワーで抵抗するようになり、股間キックという女の子最大の武器は益々過激になってきました。・・・体内にいる頃から足癖悪かったモンねぇ。
それに加えて、「いきなり潜水」をするのでついビックリしてしまいます。一瞬湯面でのけぞったかと思うとすぐ体を丸めて潜ろうとするんです。すなわち体全体を使ってこの場から脱出しようと言うわけですね。
頭を持つ手に力を入れるわけにも行かず、自分の体をのけぞらせて潜水するのを阻止。そうこうする間に自分の足腰がプルプルしてくるのです。
いやホントに体力勝負ですよ、これは。
これがこれから毎日?体力にあまり自信のないお父様は果たしていつまで持つかしらん??

↓伊織君、ハイ!(手の先から足が生えたわけではありません、あしからず)

2004/04/03(土) SAKURAどろっぺ
別に、宇多田ヒカルの「SAKURAドロップ」をもじったわけではないですが、本日恒例の花見大会無事開催して参りました。今回はいつものメンバーは自分と、どろっぺパパ・ママ(たえかるさん)の3人でしたが、どろっぺパパさんのお知り合いに混ぜて頂くという異色の組み合わせで、賑やかに花見をすることができました。

場所はどろっぺパパさんの勤める大学のキャンパス内。今年も相変わらず桜が咲きまくっております。こんなに咲き乱れる桜を見ると、ついついうずく撮影魂。飲んで食って撮影、飲んで笑って撮影、酔って眠って撮影。あれ?おかしいな。自分としては、桜散る遊歩道を歩きながら少し憂いを帯びた表情を浮かべて、クールに写真を撮りたかったんだけど、何か自分の思い描く路線とは方向が違いましたね。
さすがに初対面の人を前に破綻するような行為はしませんでしたが、果たしてみなさまの目に自分はどう映ったのか、冷静になってこれを書いているとだんだん気になってきた次第です。

花見の後は、どろっぺパパさんのお宅にお邪魔して、久しぶりに生のどろっぺとブンブンに会いました。いやいや大きくなったなぁ。おぢさん、覚えてる?ホラ昨年、おぢさんの膝の上でおねむしたろ?と、優しく語りかけます。・・・全然人の話聞いてねぇなぁ。
2匹の大きくなったお姫さまは、ようやくケージから解放された喜びからか、まるで忍者のようにあっち行ったかと思えば、瞬時にこちらに移り、次の瞬間には向こうに飛びかかるという活発ぶり。無邪気な様子についつい目がたれてしまいました。いや〜カワイイ。

桜にビールにどろっぺ(ブンブン)、今日はじっくり堪能させてもらいました。
ただ、どろっぺというオランダの飴は、・・・ニガッ(*o*)/

2004/04/02(金) 気になるお年頃
最近になってようやく生まれ干支を認識し、改めて「昭和55年11月某日申年生まれの今年24歳」と何のためらいもなく言えるようになりました。たまに意識がとんだときには「昭和35年生まれの24歳」とポロッとおとぼけをかますこともありますが、それはご愛敬。
高校時代の頃は、その「大人びた(フケた)面持ち」のおかげで、上級生から「先輩」と呼ばれたときもありましたが、今は年相応の顔に見られ、後は如何にして「面長な」イメージを払拭するかに全精力をつぎ込んでいるところです。

ただ、顔は年相応、たまにそれよりも若く見られたりするのですが、お腹の方が「相応曲線」をオーバーし始めたのは気になります。もちろん、マッツンのこの10年の推移に比べれば取るに足らないことではありますが、しかししかし、ベルトの穴1つ分緩めるということは、当の本人にとって由々しき問題。「オレのウエストは73cm以下なんだぜ」が1つの自慢だったので、これが言えなくなるということは自分が自分でなくなるための条件とも思えるのです。
このところ、腹筋をしてもさして効果が見られず、こうなれば「アブトロニック」に食指を動かさないといけないのか・・・、そんな思いが駆けめぐります。
「買うか?(自分の分身)」→「いやいや値段はバカにならないぜ(もう一つの分身)」。
「じゃ、バッタもんの【アブソニック】なんかどうよ?(自分の分身」→「・・・いやいや、この若さでコレに手を出すようではいけないぜ(もう一つの分身)」
「じゃ、手動アブトロニックでがんばれよ(自分の分身)」→「・・・そうだな、苦労してみることに意義があるもんな(もう一つの分身)」

何と切ない葛藤でしょう。いずれにしましても、二つの分身は手動アブトロニックで合意したので、この1ヶ月試用してみました。やり方は至って簡単。腹の肉をむんずとつかみ、手首をブルンブルンと振って振動させるだけです。おおっ何だか効果ありそう。そんな錯覚さえ覚えたこともありました。
まぁ錯覚は錯覚のままで終わり、花見、歓送迎会のあおりで逆に穴1つ分更に緩める結果に終わりましたけどね。
さて、次なる対策に何を講じようかな。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.