ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年11月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記ダイジェスト
2019/11/16 紅葉散策
2019/11/10 サターンを入れよう(番外)
2019/11/09 サターンを入れよう(2)
2019/11/07 嵐ファンクラブ
2019/11/03 サターンを入れよう

直接移動: 201911 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  20168 7 6 5 4 3 2 1 月  20157 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2019/11/16(土) 紅葉散策
16日は高校バドミントンの県新人戦でイオ(応援担当)を島原まで送りがてら、自分とママとタカの3人で雲仙の方まで足を運んできました。
仁田峠とかさぞかし寒かろうと思っていたら、思った以上に暖かく、着込み用に持ってきた服は全くいらないほどの陽気でした。

見頃を迎えているという紅葉は、仁田峠付近はほぼピークを過ぎたのか、色づいた様子はあまりなかったのですが、麓の地獄あたりはまだ鮮やかな紅葉があって楽しめました。

ちなみに、タカは自然を楽しむよりも、立ち寄った店に置いてあるガラポンやらUFOキャッチャーの方に一目散。多分Y-da家で初となるUFOキャッチャーで賞品をゲットし、それだけで今日の1日が満足出来た模様です。

2019/11/10(日) サターンを入れよう(番外)
サターン赤道儀の格納箱が一応組み上がった勢いに乗じて、赤偉側のモーター取り付けに挑戦してみました。

付けたのはビクセンのMT-1モーターで、以前何かの理由でポチったヤツです。
仮組みしてみると、一部干渉する箇所はありましたが、実用上は問題なさそうですし、思ったよりもうまい具合に取り付けられそうな感じがしたので、微動軸と連結するためのカップリングをネットで仕入れて、チャチャッとマウントしてみました。

で、結果はと言うと、これまたイメージ通りの仕上がり。
後付け感バリバリですが、見た目は気にしません。うまく機能してくれればいいんです。

・・・で、ちゃんと機能してくれたのかというと、、、
残念ながらモーターの固定がイマイチでした。モータが動作する度に固定バーがたわんで、軸が回転するまでにラグが生じます。
固定バーをモータの回転方向に取り付ける構造にしたことが原因でした。うーん、肉厚のバーで強度を確保したつもりだったんですが、ダメでしたなぁ。

一応2軸とも電動化することはできたものの、オートガイドに耐えられるかちょっと微妙。
今度テストしてみようと思います。

2019/11/09(土) サターンを入れよう(2)
とりあえず入れました。
ほぼイメージ通りではありますが、誤算が2つ。。。

@極軸体のところに付けた「ズレ防止の板」が邪魔して、赤道儀の取り出しがやりにくいことやりにくいこと!
A無茶苦茶重い!!箱サイズが大きいこともあって、赤道儀を入れた状態での持ち運びがやりにくいことやりにくいこと!

もう少し機能性を持たせたいと思いますが、出張りでの持ち出しは気合いと根性が必要かもしれませんね−。

2019/11/07(木) 嵐ファンクラブ
AKB→西野カナと変遷をたどって、今や熱烈な(?)嵐ファンとなったイオが、突然ファンクラブ入会「希望」を宣言。

??たしか嵐は来年末に活動休止のはず。
それ以降ファンクラブが機能するのか??もしかすると後1年そこらでなくなるかもしれないファンクラブに入って意味があるのか??
などなど言ってみたんですが、

イオ: 「そんなことはどうでもいいの!」

と一蹴。うーん、このやりとり、イオが幼児期のときに散々体験したような気が!

ここまで必死にファンクラブ入会を望むわけは、12月に予定されているコンサートのライブ中継鑑賞(市内の映画館であるらしいです)に応募したいのだとか。

でも、ファンクラブに入ったからと言って100%当たるわけじゃないし、市内または県内だけでもかなりの倍率・・・

イオ: 「そんなことはどうでもいいの!」

と一蹴。まぁ、ファンクラブに入らなければそもそも権利も付与されませんからな。
ところで、入るのはいいにしても、年会費とか入会費とか誰が出すのか聞いてみたところ、

イオ: 「今年のクリスマスプレゼントね!(ハァト)」

だそうです。
とりあえずファンクラブ入会は許可しましたが・・・、というか、本人は親の承諾画面まで進めていたみたいですが!!

2019/11/03(日) サターンを入れよう
三脚に載って、搭載方法を簡略化して、極軸セッティングをやりやすいようにしたサターン赤道儀ですが、まだまだ出張りでの使用は実現してません。

やっぱり機動力ではAXDに軍配が上がるので、、、特に自動導入があれば天体導入までの時間が短くて済みますので、それを考えると出張りではどうしてもこちらメインになってしまいます。

一方で、例えば1つか2つの天体をじっくり撮るような場面ではサターンに活躍してもらうのもアリかと思います。
ただ、サターンには格納箱がありません。出張りに持って行くなら色々リスクを回避するためにも箱詰めしておきたいところです。

ということで、先月下旬ぐらいから「サターンを入れるプロジェクト」を展開しています。
ざっくりと<台座で支えて、ベルトで縛る>程度の構造で作ります。ほぼほぼ現物合わせで進めていますが、今のところ特に大きな問題もなくイメージ通りの仕上がり。←Y-da的には奇跡的。


船長っの小型赤道儀と比べるとしょぼい日曜大工ですが、失敗しないようボチボチ作り上げていきたいと思います。

*台座と台座に載せた赤道儀です。結構大きい寸法になりそうです。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.