ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2004年5月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2016/08/12 夏のハウステンボス
2016/07/20 オオクワ オスのサイズ測定
2016/07/17 最後のネコが逝く
2016/07/04 実家のカブトムシ
2016/06/26 オオクワ 最後のサナギが成虫になる

直接移動: 20168 7 6 5 4 3 2 1 月  20157 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2004/05/31(月) おめでた話
とは言っても、第2子が出来たわけではありません。
昨年結婚したウチの嫁さんの妹のほうです。ただいま8週目に入ったそうで、予定日は来年の1月早々。
嫁方のバーバやジージにとっては喜ばしい報告でホクホクです。
まだ男の子か女の子かは分かりませんが、どちらが産まれるか興味は尽きません。なんとなれば、嫁方の家系は女の子が圧倒的に多く、Y−daのDNAも嫁さんに屈した感がなきにしもあらずだからです(まぁ、自分の母方も女系家族だったので、結局女系の血が色濃く残っているともいえますが)。

さっそく嫁さんは自分のお古を送るんだ、とせっせとパジャマやら妊婦帯やらを詰め込んでいました。ウチの嫁さんの妊娠中はあれこれとお世話になったので、今度は逆にこちらがアドバイスなりして去年のお礼をしないといけませんね。
頑張って下さい、妹さま。

2004/05/30(日) たまには口ずさみたくなる時もある
「母さんお肩をたたきましょう♪」のフレーズで口ずさんでみて下さい

姫さま ミルクをのんだでしょう
どうして そんなに泣きわめく

姫さま おむつもかえたでしょう
なのに どうしてばたつくの

姫さま 抱っこもしてるでしょう
どうして そんなにむずかるの
(最初に戻る)

なかなか赤ちゃんの感情を汲み取るって難しいものですねぇ。

2004/05/29(土) 梅雨入り
午後7時、お気に入りのNHKニュースを見てみたら何と九州、中国、四国が梅雨入りしたそうですね。5月の梅雨入りは自分の記憶では初めてのような気がします。
これはいたってマズイです。自分の予想としては6月10日ぐらいに梅雨入りするだろうから、6月8日の金星日面通過はギリギリ晴れるかな?と目論んでいたんですが、この分だと文字通り雲行きが怪しくなってきました。
久しぶりに、あのテルテル坊主を出して、今のうちから晴れ祈願をしておく必要があるようです。
頼む・・・晴れてくれ・・・。

2004/05/27(木) つまらぬツッコミ
今日の朝のNHKニュースで、ニート彗星とリニア彗星の紹介がされていました。ほうほう、そろそろリニア彗星が高度を上げてきているから紹介でもしてるんだなぁ、と思いつつテロップを見ると「好条件(そう言ったニュアンス)」と出ています。

→ツッコミ@ たしかにこれから高度が(ちょっと)高くなるから条件的にはよくなってるけど、月の光で見えにくいから「好」を付けるのはどうかねぇ・・・。

次いで、リニア彗星とニート彗星の探し方が紹介されました。金星から水平に左へ伸ばした線と木星から垂直方向に下に延ばした線の付近にリニア、ニートは金星から垂直方向に上に伸ばした線と木星から水平方向に右に伸ばした線が交わる付近・・・。

→ツッコミA 絵で見るといかにも近そうに見えるけど、実際は金星と木星は離れすぎているぞ?そんな大ざっぱな解説で本当に見つけられるのか?

とどめは、特に今は近くに月もあるので大変分かりやすい状況です・・・

→ツッコミB 待て待て!!月の明かりで逆に分かりづらくなるんだって。逆だ逆!!

民放だったらいざ知らず、天下のNHKがこんなデタラメ言っちゃいけませんなぁ・・・。

2004/05/26(水) お目々ピクピク
この1週間ばかり、左目の下側のまぶたがピクピク小刻みに震えてます。疲れ目なのか、ビタミン不足なのか、もう気になって気になってしかたありません。
ということで、今日眼科に行ってきましたが、神経が緊張しすぎているのでしょう。ヒドイとまばたきばかりするようになって生活にも支障が出てくる人もいて、注射で痙攣を抑える場合もあります。
何と!?注射ですと??
そ、それはご勘弁下さい。ワタシは先端恐怖症もどきで、注射が大の苦手なんです。いわんやそれを目ン玉付近に刺そうとは・・・、刺すならまず全身麻酔をかけて下さい。・・・という顔をしました(言ったのは「ご勘弁下さい」だけです)。

ここで意地悪な医者だったら「ふっふっふっ、何を仰いますか、今の内に注射しないと将来もっとひどくなりますぜ?」とオドシをかけてくるのではないかとビクビクものでしたが、極めて普通の医者だったので自分の恐れおののきを察し、「いや、注射するほどのものではありませんので、とりあえず神経に栄養をやる薬を出しておきます」とのご見解。ホッとしました。それにしても「神経に栄養をやる」か・・・。今ひとつピンと来ませんなぁ。

ここんところ、緑内障気味(右目の視野が狭くなっている)、結膜炎、まぶたピクピクと、目ン玉関係で良く通院します。
大自然を見れば目に優しい、ということで星を見に行っても、実際はガイド撮影で神経を張りつめながら星を凝視していることが多いし、目を少し疲れさせているのかもしれません。少しいたわってやらないといけないかな、と思う今日この頃です。

2004/05/24(月) 育児マンガでワッハッハッ
先週だったか先々週だったか、ウチの母ちゃんが図書館からマンガらしきものを借りてきていました。そして、自分の前でクスクス、ヒーヒーと怪しげな笑い声を発しながら読んでいました。何をそんなに?と思ってチラッと本のタイトルを見ると「○◇◆§育児図鑑」と書いてあります。何でい、育児雑誌かい。元々母ちゃんの読むマンガの路線には興味がないため、薄ら笑いを浮かべる母ちゃんの顔でも(時折)眺めつつ、こちらは天体写真の画像処理に励んでいました。

ところが先日、そのマンガをワタシに差し出し「面白いから読んでみ?4冊あるけん読んでみ?」というのです。「何でオレが育児マンガ読まねばならんとか」・・・推測するにそこには育児の秘訣とか、赤ちゃんとの上手な付き合い方とか、先輩ママのアドバイスがびっしり書かれているに違いありません。行き当たりばったりで事に望む自分にとっては、こういったアドバイスものはちょっと苦手なんです。しかし母ちゃんは「まぁまぁいいから。1冊でいいけん読んでみ?」と、キャッチセールスよろしくしつこく迫ります。・・・しょうがねぇなぁ、もう。

ということで、あまり気は乗らないのですが寝る前にちょこっと読んでみ・・・・・・・・・・・・(3分経過)。プッ、クックックックッ、ハッハッハッ、ヒーヒッヒッヒッ、お、面白れぇ!!
そうです、面白いんです。内容は予想していたアドバイスものではなく、いわゆる体験記でした。こどものリアクションが、今の姫さまと全く似ていて「あぁ、姫さまもこうだよなぁ」「そうそう、こんなグズリかたしてるしてる」とついつい相づち。絵も(上手ではないけど)雰囲気にマッチしたデフォルメが巧くてついつい納得。
不覚にもはまってしまいました。ただいま2冊目を読破中です。声を殺して笑い声を上げる自分に、母ちゃん「なぁに不気味に笑ってんの?怪しいー」だと。フン、自分もついこの間までそうだったんだよ。

2004/05/23(日) サファイヤプリンセス見学
トップページにも紹介しましたが、今日は大型客船サファイヤプリンセスの見学会が開催されて、自分も母ちゃんとともに行ってきました。
このサファイヤプリンセスは、もう1隻の客船ダイヤモンドプリンセスの姉妹船で、名前が違う以外は、船の構造は(顔かたちはもちろん、内部の配管とかに至るまで)全く同じです。
サファイヤプリンセスは、元々ダイヤモンドプリンセスとして建造されていましたが、1昨年の火災で工期が大幅に遅れ船主との交渉で2隻目の船(これがサファイヤプリンセス)をダイヤモンドプリンセスとして引き渡し、火災を受けた船はサファイヤプリンセスとなって今月末引き渡されることになったのでした。
今回船の中に入って見学したのですが、あの時の火災の跡は微塵のかけらもなく、豪華客船に相応しい絢爛さに圧倒されました。
多分、(建造中とは言え)客船に乗ることはこれが最初で最後ではないですかねぇ。
見学の際には、お子様は小学生以上と制約があったので、我がダイヤモンドプリンセス様はバーバと一緒にお留守番と相成りましたが、いざ行ってみると姫さまと同じくらいの子供はあちらこちらで見られました。
「こんな事なら姫も連れてくれば良かったねぇ」・・・。
まぁ、ウチの姫さまはこんな客船に乗るに相応しい「お嬢様」に育てるつもりですので、今回乗れずとも将来乗ることになるでしょう。なってほしいなぁ。

↓そんな我が家のダイヤモンドプリンセス。帽子がでかくて「キノコ」状態になってます(^ ^;

2004/05/21(金) 皿うどんに醤油
自分の会社では、お昼の食事に「皿うどん」を選択することが出来ます(注:うどんメニューの1つで、木曜日だけうどんが皿うどんになる)。しかし、自分は会社の皿うどんは好きではありません。何故なら「タマネギ」という天敵が入っているからです。「キクラゲ」も嫌いですが、タマネギに比べればいかほどお障害にならんや。
(私が好きなリンガーの皿うどんにはタマネギはないので安心です)
ということで、「木曜日の皿うどん」は入社後一度も口にしたことがありませんでした。

しかし、昨日ついに皿うどんを頼んでしまいました。正しくは、「木曜日である」ということをすっかり忘れてしまってうどんメニューをチョイスしてしまったのです。
これだけでもショックだったのに、更に次の瞬間、ソースと間違えて醤油をタンマリとかけてしまいました。ついその3秒前には「醤油」と「ソース」の位置関係を認識し、「醤油をかけるようなおバカなことはしねぇよな」とほくそ笑んだというのに、気付いたときは・・・(以下省略)

皿うどんに醤油をかけるのが好きという人には悪いですが、醤油皿うどんはひたすら酸っぱさだけが際だつ、とてもおマズイ食べ物でした・・・(結局2口程度箸を付けただけ。何と空しい昼食だったことよ)。

2004/05/20(木) 脱皮の前兆?(2)
噂をすれば、何とやら。昨日オオクワガタの幼虫が動かなくなった。脱皮の前兆か?と書いたその夜、何と脱皮していました。これぞまさしく、虫の知らせ!!
でも・・・あれ?何か形が違います。アイボリーの蛇腹のような体にオレンジ色の頭(単眼)が付いていたのに、見た感じツルリンとした体躯になっています。
・・・げっ、サナギになっとる!!
やっぱりカブトムシ歴23年(ブランク13年)の勘は伊達ではなかったのです。しかし幼虫があまりにも小さかったので、ずっと「2令幼虫」と信じ込んでいたのでした。、いつの間にやら3令幼虫になっていたんだなぁ。でもこの程度の大きさじゃ、とても「オオクワガタ」とは呼べないなぁ。あっそういや性別はどっちなんだろ?
そう思って、オス/メスどちらになっているのか確かめてみました。結果はメスでした・・・。
うーん、オオクワガたっくんとは呼べませんね。オオクワガたっちゃんと改名しますか。

2004/05/19(水) 脱皮の前兆?
昨年格安で買ったオオクワガタの幼虫(愛称:オオクワガたっくん)。このところ、体をまっすぐしてぴくりとも動かなくなりました。死んでしまったのか、と思って容器にちょっと振動を与えると、カックンカックンと屈伸運動をするのです。
・・・死んでないみたいです。
カブトムシ歴23年(ウチ13年のブランク含む)の経験上、この動きはサナギになる直前の状態ですが、イヤ待て待て、この幼虫は「2令幼虫」です。通常3令幼虫まで育つはずですから、今の段階でサナギになるはずがありません。
あと考えられるのは、3令幼虫になる為の脱皮前状態ということぐらいです。でも、でくの坊になってかれこれ10日経過。脱皮するのにこんなに時間がかかるのでしょうか・・・?
カブトムシの幼虫はこれほど時間がかかっていないと思うんですけど。

2004/05/18(火) おかげさまで満3ヶ月
ウチの姫さまも早いもので満3ヶ月を迎えました。
何でも、昨日は保健所の人が見回りに来てくれたらしくて、その時に体重を量ったところ5580gだったそうです。誕生時からすると約3.2kg増ですか。ただ、体重何kgと言われてもどれだけ大きくなったのかなかなかピンと来ないのですが、昨日は誕生してからこれまでの写真を延々と鑑賞し、生まれた頃はブカブカだった服が、今ではパンパンに張っているところに「あぁ、大きくなっているんだなぁ」という実感が湧いた次第です。

表情もだいぶん豊かになり、今では「アー」とか「ギュー」とか声を発して、姫なりに何かを訴えかける仕草も見られます。どういうわけか、「獣の声」バージョンが多くて、最近では「野獣」という嬉しくない愛称を持ってしまったのですが(名付け親→父ちゃん)、それでも笑顔を振りまき振りまき、手足をバタつかせながら話してくる様子は実にカワイイもんですね。
まぁ唯一の難点は、「女の子?」と「?」がつくような貫禄を持ちつつあるということですが、それはこの際置いておきますか。

2004/05/17(月) その名は雑草?
我が家のプチガーデンの話です。「今年こそは」と丹誠込めて育てたつもりのチューリップは芽が出て枯れて、「今年もいっちょ」と期待を込めて育てたつもりのフリージアはたった3つの花だけ咲いてしょぼくれて・・・。そんな中で気を吐いてくれているのが、今年3年目に入る四つ葉のクローバーと、昨年発生した謎の植物です。

謎の植物・・・それは去年自分がコリアンダーを植えたプランターに生息しています。実はコリアンダーは一昨年植えたのはいいですが、芽が出てこないまま1シーズンを越してしまったのでした。そこで、リベンジ(まったくリベンジすることが多いねぇ)として去年植えたところ、何とたった1本だけ芽を出したのです。ところがその1本、変なことにハーブの香りが全くしない上に、やたらめったら生育が良くて最終的に160cm近くまで伸びてしまった挙げ句枯れてしまいました。
あまりの不思議さに以前このトップページに「コリャナンジャー(コリアンダーのもじり)」と紹介しました。それがコレです。覚えている人は相当な「みなみじゅうじ」信奉者とお見受け致します。

さて枯れたはずの謎の植物、コヤツはプランターに種をまいていました。それが今年の3月一斉に芽を出し、一面「謎の植物」だらけ。匂いをかいでみましたが、やっぱりハーブの香りはしません。
ある日義母がやってきて、この凄まじい状態を見てもらいました。結論「これ雑草よ?」・・・何ですって?

どうも本命のコリアンダーは昨年も玉砕していたようですが、植えた覚えのない植物が何で出てくるのでしょう?謎が解けてもやっぱり謎を秘めている植物です。唯一言えることは、「食べなくて良かったよねぇ」ということぐらいですかねぇ。
ちなみに、枯れた初代の雑草も、一面に芽を出した子雑草たちも、まだプランターの中です・・・。早よ処分せんと。

2004/05/16(日) や、やばい・・・
Yahooオークションに出品されていた5cmのフローライト屈折望遠鏡に冗談半分で入札したら、自分が最高入札者のまま残り2時間を切ってしまいました。てっきりどんどん入札が増えると思っていたのに、これは大誤算です。残り2時間、誰か早く高値入札してくりぇぇぇぇ!!
ヤバイっす、ホントにヤバイっす。

追記:
終了30分前ぐらいに、誰かが高値更新してくれました。ホッと一安心。これ以上ハマルといけないので、とりあえず会員登録外しました。でもまぁ、物欲醸し出すようなものが出たら、また会員登録するかもしれませんねぇ・・・。
いや、それにしても今回は焦りましたわ。

2004/05/14(金) 首が据わって膝座り 
・・・最近は姫さまネタが大半ですね。それだけ、日常の生活が姫さま中心になってしまったのか、それとも刺激のない1日を過ごしているのか・・・(マッツンネタも古い記憶を呼び出さないといけないしなー)。まっそれはおいといて、今日も姫さまネタ行きましょー。

昨日自宅に帰ると母ちゃんが「ちょっと見て見て」とせわしく自分を呼びかけました。
何事かと思ったら、おお?姫が母ちゃんの膝の上に座っているではありませんか。ようやく首が据わってきたんですかね。可愛くちょこんと座る姿に不覚にも感動してしまいました。
「どれどれ父ちゃんの膝にもすわっておくれ?」と半ば強引に母ちゃんから取り上げ、自分の膝の上に座らせようとしました。
何と言うことでしょう。思いっきりつま先から背中に至るまでエビ反りして、座ることを拒否するではありませんか。「違う違う、背中は心持ち猫背にして足を前に曲げるんだっちゅうに」・・・エビ反り状態のママ固まってしまいました。これじゃ殆どタイタニックです。それはそれでいいんだけどさぁ。
格闘の末、何とか膝の上に座ってくれましたが、顔は憮然としていた姫さまでした。何がいけなかったんだろう??

↓実は背中反らしてます。

2004/05/13(木) 水しぶきでやばかっち
まるで梅雨を思わせるような天気です。今日も未明からコップをひっくり返したような割と強い雨が降っていて、バイク通勤の自分にとっては大変憂鬱になります。
それでも、押しくらまんじゅう状態の混み合ったバスに乗るよりはなんぼかマシですから、カッパを着込んで出発です。
そこそこのスピードで走ると絶え間なくたたきつける雨で、まったく視界が効かず、手動でワイパーをかけかけ(注:手でゴーグルをぬぐう動作)走っていました。
そこへ対向車がものすごいスピードでやってきて、自分とすれ違いざまバスタブをひっくり返したような水しぶきをズドーーンとかけたのです。ちょうどすれ違いポイントに大きな水たまりがあったんですね。かけられた方は水の中に顔を突っ込んだような感じで視界が効く/効かないの段ではありません。死ぬかと思いました。
幸い死ぬ迄には至りませんでしたが、カッパを通り越して全身びしょぬれ。Tシャツ・おパンツまでまんべんなく水が染みこんでしまいました。いやぁ、今日の仕事は全然集中出来ませんでした・・・。

2004/05/11(火) 何か変だゾ
姫さまが誕生してから、絶えず素敵なな贈り物をもらって感謝感謝のY−da一家でございます。この場をお借りして心よりお礼申し上げます。
で、昨日も母ちゃんの友達がお子さん連れて我が家に遊びに来たとかで、きれいな花とか、子供服を頂いたそうです。
「ほれ見てみ、この服。カワイイやろ?」 母ちゃんが上機嫌で見せてくれた子供服は淡いオレンジがベースの柄で、襟元には白いフリルがついた、たしかにカワイイ服です。ホント女の子向きじゃないですか。プレゼントしてくれた人のセンスが伺える逸品です。

「でもさぁ・・・」 あれあれ?さっきまで嬉々としていた母ちゃんの顔色がちょっと曇ってきたではないですか。一体どうしたことでしょう。「何か違うんだよねぇ」 続けてこう言います。何が違うというのでしょう?(実は薄々感づくY−da)
母ちゃんは、寝ている姫の上におもむろにその服を合わせてみました。

「・・・女装やねんか????」
「そうやろ?そうやろ?女の子なのに、女の子の服なのに何かおかしいやろ?単品(=姫だけ、もしくは服だけ)だったら、すごくカワイイのにコラボすると何か違うやろ?」

そうなのです。前にも言いましたように最近の姫は栄養がよく行き届いていて、3段アゴに代表されるようにほとんどお相撲さん顔。さらに、たまに見せるドスのきいた顔、野獣のようなうなり声。それら要因が複雑に絡み合って、この頃「この子は男の子ではないのか?」と錯覚することもしばしばなのです。そんな貫禄ある風格を備えた姫とメルヘンチックな服の間にビミョーなズレが生じてきているのが明らかになったのです。

「ま、まだ髪も伸びていないし、いずれハイハイするようになれば顔もスリムになってこの服も似合うごとなるよ」

その場を何となく取り繕いましたが、この服が似合うようになる頃、サイズが合わなくなるのではないかと、密かに心配する父ちゃんでありました。

↓ということで「女装した」お姫さまです?

2004/05/10(月) 20cm望遠鏡帰還
ED115S屈折望遠鏡に台頭されてすっかり影が薄くなった感のあるVC200L 20cm望遠鏡。どうも光軸が狂っている可能性があると言うことで、3月ぐらいに以前お世話になったお店にオーバーホールに出していました。
そのときは「2大彗星が来る前(=5月前)までに完了すればいいですよ」といっておきましたが、その実4月中旬ぐらいには終わるだろうと思っていました。そして、その一方で「いや、あそこの事だから日程を目一杯使うだろうなぁ」とも思っていました。過去にEM200を買ったときもそうだったんですが、結構スローペースなんです。
で、オーバーホールが終わりました、と連絡が来たのは5月6日。うう〜ん、後者の予想に軍配があがりましたね。

さて、その望遠鏡を取りに言ったのは5月8日。土砂降りです。こんな天気で望遠鏡を取りに行くのも勇気が入りますが、これを逃すとまた次の週まで持ち越しになるので仕方ありません。
「すいませ〜ん、望遠鏡取りに来ましたぁ」
「おお、来たかね。ほれ、VC200Lばい。副鏡の調整が今ひとつ不安かったいね〜」
「はいっ?(心のつぶやき→先日のFAXでは<完了しました>ってかいてませんでしたっけ?)」
「いやぁ、補正レンズと主鏡はばっちりなんだけど、副鏡がでたらめ難しいんだよなぁ。一応合わせたつもりなんだけど、200mの距離でしか合わせてないので、実際の星を見て微調整が必要かもしれんぞ。いやいや、そんな難しいものじゃないよ」
「はぁ、分かりました(最初に<難しい>って言ってませんでしたっけ?しかも<でたらめ>って?)」
「もし、時間があるんだったら架台も一緒に貸してもらえると、実際の星で合わせるよ。ウチの架台は貧弱でさぁ、星がぶれまくってとても光軸合わせきれんもんねぇ」
「いや、いいっすよ。多分合っているでしょうし。一回見てみます(架台が無かったら今度こそこっちも星を見れなくなってしまいますってば)」

いやはや、相変わらずのアバウトさです。あまりにもあっけらかんと言うので、ホント憎めません。
とうことで、帰ってきたVC200L。早速レジャーボックスに詰め込み、押し入れ行きとなりました。多分夏までこのままでしょう。それまで辛抱してくれ。

2004/05/09(日) 父ちゃん試練の日
恥ずかしい話ではありますが、ワタクシ、姫さまのおむつを何度か替えたことはありますが、「うんこおむつ」は未だかつて替えたことがありません。ていうか、替えることを自主回避していた、というべきでしょうか。よくまぁウチの母ちゃんも文句一つ言わず替えてくれていたものです。

しかし、そんななまぐさ父ちゃんにもついに試練の日がやってきました。
雨が降りしきる午後、ちょっと天候が回復してきたと言うことで、母ちゃんが買い物に行くことになりました。そのちょっと前から、姫さまは「ぶっぶっぶ〜、ハトぶっぶ〜」とばかりに屁ったれ大魔神と化していました。これぞ「うんこたれ」の前触れです。
おむつを替えたくない自分としては「母ちゃんが買い物に行く前に是非うんこしてくれ」と願って止みません。そんな父ちゃんの気持ちを察してか、姫さまは母ちゃんが出かける前に%&”#☆£!$”=*¶¥なる音を立てて、父ちゃんの願いを叶えてくれました。当然、おむつ替えは母ちゃんです。

おむつを交換して出かけた母ちゃん。こちらは安心して天文機材(先日落札した一眼レフデジカメ)の動作チェックでも致しましょうか。
とその時、¶∀∋▼■◇◆●§☆#¢♂♀∞・・・と恐るべき大音響が私の耳をつんざいたのです。も、もしや・・・?
不安におののき自分が振り返ると、「パピっ!」とさらに余韻の響く第2発目。「はうっ」と自分の顔が引きつります。そこへトドメとばかりに「ビビデバビデブーーーーー!!!」。あぅあぁぁぁぁぁぁぁ!

石となった父ちゃんに対して、姫さまの顔の何と安らかなことでしょう。ほっぺた辺りが日の丸みたいに真っ赤ではありませんか。
その顔は「はぁ〜すっきり・・・。ほれ早よ替えんかい」とでも言いたげです。母ちゃんが出かけて僅か5分の出来事ですので、とても帰ってくるまで我慢してくれそうにありません。
こうなれば勇気を振り絞って替えてやりましょう。これも自分がレベルアップするための試練なのです・・・。さぁおむつオープン!!
はわわあぁぁぁぁ!!!ぬおおぉぉ!!うんこの湖や、まさに「うん湖」や\(ToT)/・・・(以下省略)・・・・

刹那の試練でしたが父ちゃんには無限の時間が駆け抜けていったような気がします。ミッション完遂後、そこにはまた一歩親に近づいた父ちゃんの姿がありました。

↓すっきり〜顔のお姫さま

2004/05/08(土) 危険な帰り道
今のスクーター(ADDRESS V100)に乗り続けて早5年。さすがにいろんなところにガタが出始めました。
走行しているときにふとスピードメーターを見ると、0km/hでだんまりしているときもあれば、ウィンカーを出すとパッと一瞬光ったあとチカチカしなくなるときもありますし、都度修理をしながら生き延びています。幸い、まだ走れなくなるような様相はなさそうですので、あと4〜5年は活躍してもらおうと思っています。

そう思いつつ帰宅の途についた昨日の晩、ヘッドライトが怪しい挙動を見せました。暗くなったり明るくなったりしながら次第に消灯していくのです。かと思えばこれまでにないような明るさでパッとついたりします。星に詳しい人であれば、即座に「うさぎ座R型の変光星だな」と一般人には訳の分からない言葉を言いたくなるような挙動です。
どうも電球がソケットから緩み始めて、走る振動で接触したり首の皮一枚程度接触していたり離れたりしている模様です。凸凹道なんか通るものなら灯いたり消えたりせわしくて敵いません。
いつ消えるか非常に不安ですのでハイビームでしのぎましょう。対向車には迷惑かもしれませんが、身の安全を図るためです。許して下さい・・・?ありゃ?点灯せんぞ?

一体どうしたことか、ハイビームが機能しません。これでは身の安全どころかより一層危険が増えてしまいます。これならまだ危篤状態のロービームがマシです。そう思ってローにしたら、こちらも息を引き取ってしまいました。ぐぉぅ!!
自宅まで残り6kmあまり。さすがに無灯火状態では運転する勇気もなくその場に乗り捨ててバスで帰ったのでした。

今日、乗り捨てられたバイクは修理に出されています・・・。あぁまた修理代が・・・。

2004/05/07(金) また忘れてしまった・・・
昨日ビクセン開発工業(自分がED屈折望遠鏡を買ったメーカー)のHPを見たところ、今日7日のNHKニュース「おはよう日本」で、7時55分から同メーカーが紹介される、との情報が載っていました。
多分、これから話題になる2大彗星の特集か何かで引き合いに出されるのでしょう。これは是非ビデオに予約しておいて見ておかなければなりますまい。予約は明日会社に行く前でいいわな・・・。

で、当日。たった今(11時です)「あーーーー、しまったぁぁぁぁぁぁ!ビデオの予約ば忘れとったぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

教訓>>思い立ったときにすぐ行動

2004/05/06(木) 仕事帰りの一杯ならぬ・・・
GWも終わりました。終わった途端、この晴れた天気は一体何なんだ?と言いたくなるようなスカッとした天気です。いや別にGWに入る前日の30日に洗車をしてもらったからではない、と思うんですけどね。

さてさて、GWが終われば今度は彗星月間です。既にニート彗星が夕方の西空に見えていると言うことで、これからしばらく仕事上がりにちょっと寄り道して彗星でも見て撮ってみたいなぁと画策しています。もちろん、重たい機材をえっちら運ぶのは週末ぐらいにしておいて、平日はカメラとレンズと三脚を携帯してスクーターでひとっ走り。固定撮影で露出は十数秒ぐらいですかね。
7日は、ニート彗星が最大光度になる頃という予報も出ていて、順調に増光していれば何と明るさ1〜2等?尾っぽも30度以上??生唾ごっくんな予報じゃないですか。
もっとも、アストロアーツの彗星ギャラリーを見ると、いずれのコメントも「思ったよりショボい」らしいですが、それでもやはり期待に胸躍るのであります・・・。

2004/05/05(水) 姫さま山デビウ
雨にたたられた今年のGW。さすがにそれではバツが悪かったのか、最終日のこどもの日は見事に晴れ渡りました。よし、今日こそ姫さまを山デビウさせましょう。
目的地は、毎年この時期いつもツツジが咲き乱れる近くの山です。私の頭の中には既に赤、白、ピンクのツツジをバックに、愛くるしい笑顔を振りまく姫さまの構図が浮かんでいます。
最近倒産が決まったオサダで買ったチャイルドシートに(苦労して)姫さま乗せてさぁ出発。チャイルドシートの寝心地が気に入らず泣きわめく姫ではありますが、車が走り出してガタゴト振動し始めるといつの間にやら大人しくなるから助かります。しかし、一度信号待ちでもしようものなら烈火のごとく泣きわめき、親の気苦労は絶えることがありません(ToT)。

さぁ目的地の山に到着!・・・ありゃ?ツツジが影も形もないですな。何てこったい!昨日までの大雨突風にほとんど吹っ飛ばされてしまっているではありませんか。しつこく残っているのは枯れた花ばかりです。「ツツジ祭り」の垂れ幕には悲哀感がたっぷりにじみ出ていました。
結局、ずっと頭に思い描いた「ツツジバックに姫笑顔」は泡と消えました。うぅ残念無念。
それでも、すんだ青空の下萌える緑に子どもたちが高らかに遊んでいるこの光景には心安らぎます。姫さまも後1,2年経ったらこの子どもたちと一緒に駆け回るんでしょうねぇ。その時の様子を想像しながら、ドリャゴン乳母車で山デビウを果たした、うららかな午後でした。

2004/05/04(火) マッツン幸せロード確認会議
以前マッツンが言っていたことには、本人はこのGW期間中一度帰省するとのことでした。ところが、「論文が迫って忙しい」との理由で、結局帰ってきませんでした。
おーーい、今ホントに論文やってるかい?とつい聞きたくなってしまういます。
もし帰ってきたら、一緒に飲みに行ってまたもや幸せゲットのための対策会議(というよりお説教?)でもやったのでしょうが仕方ありません。どろっぺパパ・ママと、今後の傾向と対策を本日練ってみました。
そこで出た結論とは・・・、すみません、しこたま酒を飲んでましたので何を話したのやら、すっかり忘れてしまいました。
今度はシラフの時にもう一度対策を練りましょう。

うーーん、実に中身のないつぼやきでしたねぇ。すみません、今度からもう少し頑張ります・・・。

2004/05/03(月) 慣れない姫さま
このゴールデンウィーク中、嫁の妹2人が帰省していると言うことで、昨日嫁の実家に行って姫さまを披露してきました。
妹はどちらもクールで、「きゃーカワイイ」などとブリブリ騒ぐことはないのですが、ご対面すればそれなりに「かわいいでちゅねぇ」と赤ちゃん言葉が飛び交います。ふふふ、さすが赤ちゃんパワーなり。
程よく落ち着いたところで、妹による姫さま抱っこタイム。
2人とも手慣れた様子で姫を抱きかかえます。と思いきや、何としたことか、喉も裂けよと言わんばかりの泣きが入るではありませんか。むむ?機嫌が悪いのか?と、父ちゃんに代わります。ピタリと泣きやみます。そこで、心を落ち着かせて再度挑戦させます。
ブギャーーーーーーー!!!!!
うおおぅ!泣くわ喚くわ。まるで雷が落ちたような騒ぎよう。
おお?これまで何度も他の人に抱っこしてもらいましたが、ここまで騒ぐことはありませんでした。ワタシが知る限りたしかどろっぺパパぐらいなものですが、暴れっぷりはその時の比ではなかったです。まだ人見知りする程成長はしていないはずなんですが?
結局この日1日、何度抱いてもらっても妹2人だけは慣れてくれず、きっと影で評価を落としたに違いありません。

2004/05/01(土) 動く物体に興味を示し始めた
最近になって姫さまもようやく動く物体に興味を示し始めました。写真は、ウチの係長からもらった何たらジムというヤツで、2ヶ月目からしばらくは上から人形とかプラスチック球とかをぶら下げて、赤ちゃんに遊ばせる小道具ですが、これまではぶら下げても人形と玉をぶつけても全然知らん顔でした。
ところが、ここ数日前からじっとオブジェを見つめていたかと思うと、おもむろに手を伸ばして玉に左ジャブを繰り出しているではありませんか。おお、なかなか筋がいいですぞ?もう少し内にひねるように拳を突き出せばもっと威力が増しますぞ?
姫も拳が当たって「ガラガラ」と音がするのが面白いのか、時折笑顔を見せながら一心不乱に叩き続けます。あぁ、こうして子供の成長を一つ一つ確認していくんだなぁ・・・。
ついでに、首も大分座ってきました(^^

↓ジャブジャブジャブジャブ!!


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.