ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2006年10月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/08/08 オオクワ材割り 今年は低調っぽい
2020/08/06 EM200異常なし
2020/08/04 去るオオクワいれば やってくるカブトあり
2020/07/26 オオクワ脱走!
2020/07/25 タカ 中総体で(多分)頑張る

直接移動: 20208 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  20168 7 6 5 4 3 2 1 月  20157 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2006/10/18(水) どこで見ようか
10月も半ばに入り、そろそろ土星の観望シーズンが近づいてきました。今の時期、明け方前になると、東の空やや高く昇るようになってきました。
ということで、そろそろ土星をベランダから迎え撃ちたいところですが、ベランダから臨める方角は南東〜西で、北東から昇る土星は死角になって見ることが出来ないのでした。
これは、家の建築中から懸念されていたことではあったのですが、「やっぱりダメだ」という現実を突きつけられたときは、そう「ベランダの奥行きが予想以上に狭かった」時と同じぐらいのショックを受けたものです。

かといって、観望を諦めるわけにもいきません。WB25も買ったことですし、更なる土星像を求めて今年も頑張る所存です。
ベランダがダメなら、設置できる場所は駐車場か家の庭ぐらいです。
ただ、これも一長一短があって、
 駐車場 ○ 地面がコンクリなので安心して設置できる。
       × 駐車場からだと家の屋根が邪魔で、土星が出てくるまで時間がかかる
 家の庭 ○ 北東方向を臨めるので、早い段階から土星を観望できる
       × 地面が芝生で、穴開けるのが憚られる
 共通の悩み 設置したまま、放ったらかしにできない(毎回設置しないといけない)

まぁ、外で見る以上は、都度の設置&撤収はやむを得ないのでしょうが・・・。
今更ながら北東〜西まで見渡せるバルコニー作っときゃよかったなーと思いつつ、どこを観望場所にしようか未だに思案中です。

それにしてもここ最近は霞がヒドイですねぇ。外に出せば夜露にやられそう。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.