ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年11月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記ダイジェスト
2016/08/12 夏のハウステンボス
2016/07/20 オオクワ オスのサイズ測定
2016/07/17 最後のネコが逝く
2016/07/04 実家のカブトムシ
2016/06/26 オオクワ 最後のサナギが成虫になる

直接移動: 20168 7 6 5 4 3 2 1 月  20157 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2008/11/22(土) プリキュア映画を見に行った
11月8日に公開されたプリキュアの映画、早くイオを連れていきたいと思いつつ、やれ母ちゃんが腰をやった、やれ休日出勤だ、となかなか行く機会が作れないでいましたが、本日ようやく連れていくことが出来ました。
入場料金、何と大人1800円に子ども1000円。高っ!!
その高い料金が災いしてか、公開してまだ1ヶ月も経っていないというのに、館内の入場客は前席の半分にも満たず、なんだかわびしさを感じてしまいました。これで本当に映画館はやっていけるんでしょうか。

定刻になると館内が暗くなって、いきなりの大音響にイオはビックリ。今日が映画館初体験のイオにはちょっと刺激が強かったようで、泣きそうな顔になりました。これだと本編が始まる前に「帰る!」と言い出すかも。「イオ、頑張れ。もうすぐしたらプリキュアが出てくるから。」と何故かエールを送る父ちゃん。そりゃそうです。ここで帰られたら2800円がパーですから。その甲斐あってか、大音響に耳が麻痺するまで我慢してくれ、何とか鑑賞することが出来ました。

さて、この映画。子ども映画の王道を行くべく、どこかの国を苦しめている悪の親玉を成敗するストーリーなんですが、親玉がその国を苦しめている理由というのが、何と「自分の満足できるお菓子が食べられないから苦しめてやる。」
という、そのスケールの小ささに脱帽。親玉のデザインは、渋くてマッチョでとてもダンディな雰囲気が漂うだけに、このギャップには最後の最後まで慣れることができませんでした。子ども向けにほんわかした征服理由というところだったのかもしれませんが、もうちょっと可愛らしい親分だった方が良かったかも。まっ、イオを始め会場に来ていたお友達はさかんに声援を送っていたようですし、それなりに満足した様子なので、一応2800円の元は取れたと思いたいものです。
ちなみに、来年の春には歴代のプリキュアが一同に介して活躍する映画が公開されるそうです。イオの感心は既にそちらに飛んでいる模様。

2008/11/19(水) カルタ遊び
先日のドタバタ出張では、今回イオ用にかるたをお土産に買ってきました。かるたと言えば、今年のGWに東京からももちゃんが遊びに来たときに一緒にやらせてもらい、思いの外勝ちまくってももちゃんの機嫌を損ねてしまったという一幕が思い出されます。
ちょうど出張前にその話が出まして、イオ用にもカルタを買ってやるかと思った次第です。もちろんふつうのカルタではなくて、プリキュアかるたにするところが親バカというか何というか。

で、当然の事ながらイオの食いつきは良くて、見せるなり早速遊ぶことになりました。対戦はイオと自分の二人。読み手は父ちゃん。何と父ちゃんは読みながら取るという一人二役をこなすわけです。自分は、例えいち早く見つけても、イオが取るまで探す振りをするという親心を見せましょう。と思っていたら・・・イオはマジで見つけるのが速かった!!

何と言いますか、ある時は文字の判別、ある時は語る内容から絵柄を判別するという2つのアプローチから攻めてくるのでした。文字一本やりの自分としては演技どころではなく、数戦は完敗という有様でした。恐るべしイオの実力!

ところで、途中から読み手をイオがやるというので、兼任を交替しました。文章はすべてひらがなで書かれてあるので、イオは読めないことはなかったですが、すらすら流調に読めるわけではなくて、「い・・・・・く・・・・・よ・・・・・お・・・・ん・・・・・な・・・・・の・・・・・こ・・・・」と言う具合で、一文字一文字読んでいくので、全て取るのに小1時間ほどかかってしまいました。
まだまだ読み手をさせるには無理があったようです。

2008/11/17(月) 呪いの出張(復路編2)
駅を降り立ったとき、周辺のあまりの寂しさに開いた口が塞がりませんでした。どう見ても、タクシーが寄りつきそうな雰囲気が感じられません。しかも連絡先もないのであれば、もう打つ手無しといった感じです。そんなときに、はるか彼方(200mほど先)にポツンとローソンがあることに気が付きました。そうだ、ここでタクシーの連絡先を聞いてみよう。
行ってみると、ありがたいことにローソンの店員が連絡を付けてくれました。おそらくすぐ来てくれることでしょう。やれやれまずは一安心か・・・。

店員: 「えーっと、あと10分ぐらいしたら来るそうですよ(ニッコリ)。」

ぷほっ!じっ・・・10分・・・ですか・・・。時計を見ると9:10を回ったところ。予定通り来たとして出発は9:20ぐらいで、残り時間は30分を切ります。しかし、だからといって親切に対応してくれた店員に不満を言うことはできません。顔で笑って心で焦り、お礼とばかりに小説を買ってタクシーを待ちます。
タクシーはほぼ時間通りにやってきました。見た感じ「さんまのからくりTV」に以前出ていた「ホネホネロック」のおじさんによく似た運転手が行き先を聞きました。

Y: 「えっとですね、9:48までにどこそこの乗り継ぎ駅に行きたいんですが、何とか間に合いませんかね。」
運: 「ゑ!?そこですか?うーん、高速使って五分五分ですかねぇ。どうします?」
Y: 「高速あるんですか。そうですねぇ。そっちにしましょうかね。お願いします。」

移動中、自分は何でこんな事になったのか、聞くも涙語るも涙の調子で「ホネホネロック」の運転手に説明。自分をとても気の毒に思ったのか
、何とか時間に間に合わせようとグイグイ高速を突っ切ってくれます。
当然メーターもドンドン上がっていきます。上がるたびにピンポンと音が鳴るのですが、その間隔があまりに短くて、まるでスピードが規定を超えたときに出るアラーム音に聞こえないでもありません。

そして、出発時刻の3分前、タクシーの努力のおかげで、無事乗り継ぎ駅に到着し、何とか特急に乗ることが出来たのでした。
運賃は高速台含めて1万円ちょっと。もう、たいへんな大赤字です。ですが、時間に間に合っただけでも御の字であり、頑張ってくれた運転手には感謝のしようもありません。

この後は、自宅に戻るまでは何の変哲もない時間でしたが、朝がディープな分1週間分の体力と神経を使ったような気がした出張でした。

2008/11/16(日) 呪いの出張(復路編1)
作業の方は夜中のうちに終わって、朝方までデータ整理して8時ぐらいに帰任の運びとなりました。
ところで、舞鶴市からの移動についてちょっと書きますと、舞鶴からJRで京都まで移動し、京都から伊丹空港までバスで移動する手段を執っています。舞鶴から京都までは時間によっては乗り継ぎをする必要があり、自分が帰ろうとしていた時間帯は正に乗り継ぎしないと行けないのでした。ということで、舞鶴を8:59の鈍行で出発、乗り継ぎ駅では9:48の特急で京都に移動することにしました。

眠たいとついつい注意が散漫するものです(もっとも、眠たくなくても十分注意散漫なんですが)。ホームに出ると既に鈍行列車が待っていて、迷わずそれに乗り込みました。この時の時刻8:55です。すると間もなくこの列車が出発したのでした。え?定刻まで4分もあるのに、もう出発?えらく早いけど、まぁこんなこともあるのかもしれないな。


ところが、車内放送で各停車駅の案内を聞いて、おかしいことに気付きました。乗り継ぎ駅が案内されなかったのでした。もしかして聞き逃したか?と、車内の停車駅一覧を見てみましたが、ここにも掲載無し。
・・・まさか列車を間違ったか・・・?
車掌に聞いてみました。すると、

車掌: 「お客さん、この列車は京都じゃなくて福井に行くヤツですよ。反対方向だからその乗り継ぎ駅は通りませんよ。」

えゑえゑゑっ!!な、何ですと?行き先は違っても、乗り継ぎ駅近くは通るはずと思っていただけに、これはビックリです。

Y: 「じゃ、じゃあ、最寄りの駅から乗り継ぎ駅に行くにはどうしたらいいでしょうか?」
車掌: 「一旦舞鶴まで戻らないといけませんが、折り返しの列車はしばらく通りませんねぇ。」
Y: 「じゃあ、タクシーで乗り継ぎ駅まで行くとしたら、時間的にどれくらいかかるでしょうか?」
車掌: 「うーーん、結構距離がありますからねぇ、3、40分はかかるんじゃないでしょうか。」

時計を見ると9時を少し過ぎたばかり。最寄り駅はあと1分くらいで着くそうですから、駅を下りてタクシー拾えば何とかなる時間です。こうなれば、タクシーで乗り継ぎ駅で行くしかありますまい。駅に着けば、タクシーが待っているだろう。

1台もいませんでした
駅構内には電話もタクシーの連絡先も何にもありませんでした


あまりにもちっぽけな駅すぎて、しばし呆然とするY−daであった・・・。(以下次号)

2008/11/15(土) 呪いの出張(往路編)
今回の週末は、仕事の関係で京都の舞鶴の方まで出張してきました。出張自体は、徹夜作業と言うこと以外は大した内容ではなかったのですが、移動の面で実に疲れました。それも全て自分が招いた結果であり、自分のアホさかげんに我ながら愛想がつきかけそうになったのでした。

土曜日。空港行きのバスターミナルへと向かった時から、ネタの仕込みが始まります。今回は正午過ぎの飛行機に乗るので、空港で食事をする時間を取るため、少し早めに家を出たつもりでした。ところが、バスターミナルについて、作業服を持ってこなかったことに気付きました。現場での作業になるので、作業服がないと話になりません。ヘルメットは入れたのに、何で作業服まで頭が回らなかったのか・・・。
あれこれ考えても仕方ないので、とにもかくにも作業服を取りに行くことにします。家に戻るのは時間的に無理なので、ターミナルから近い職場に行って作業服を取りにいきました。そしてきびすを返して再びターミナルに。時間はたかだか20分もかかりませんでした。元々余裕分は40分ほど見ていたので、このままバスに乗ればまだ多少の余裕はあります。多分10分も見れば次のバスに乗れるでしょう。だとすると、まだ10分ほど待ちシロはあります。ゆっくり昼食というわけにはいかないでしょうが・・・と思って時刻表を見てみると、
次のバスは20分後でした!


何と、自分がバスターミナルに着いた正にその時刻に出発したばかりなのでした。そして、次発の時刻は余裕分を完全に食いつぶす20分後?
ゆっくり昼食どころか、搭乗手続き締切に間に合うかどうかの緊迫した状況に陥りました。舞鶴には18時ぐらいに入らないといけませんが、この飛行機を逃すと、空での移動ではこの時間までに舞鶴に入るのは無理です。
バスに乗ってからは、急げ、急ぐんだとバスの運転手に念じる一方で、乗れなかった場合の移動手段を考えたりします。

その@JRに鞍替えするか?それだったら何とかなるかも。でも空港から最寄りの駅まで結構距離があるからどうして行ったものやら。 
そのA空港からレンタカー借りて、一気に舞鶴まで行くか?およその距離は大体1000km。140kmぐらいでぶっ飛ばせば18時とまでは行かないまでも19時ぐらいには着くかも知れない。・・・でもそれだけの金ないわ。
そのB福岡までレンタカーですっ飛ばして、そこから新幹線?これが現実的かも。

などなど。幸い交通事情がよかったので、搭乗手続き終了3分前に空港に到着し一安心。この日の昼食は機内で出たコンソメスープと、ちとわびしい内容でしたが、自分が蒔いた種ですから贅沢は言えません。
この後の行程は特に問題なく、約束の時間に現地入りすることができました。あとは眠たい目をこすりつつ与えられた仕事をこなして、明日帰任すればいいだけです。明日は早めに空港に行って、じっくりお土産でも吟味するか・・・と思います。
しかし、Y−daスタイルはそんなささやかな夢すらヨシとしないのだから頭が痛い。以下次号。

2008/11/11(火) 年中さんの合同運動会
今週一週間は、イオの保育園では一種の授業参観が設けられているそうです。昨日月曜日も保育園で参観の時間があったのですが、嫁さんが肋間神経痛でまともに動けない状態だったので、ウチの親父に代理参観してもらったのでした。

で、今日は近くの体育館で5つの保育園合同で年中さん限定の運動会。
昨日まではヒーヒー言ってた嫁さんは、整体のおかげかほとんど普通に動けるようになり、自分も会社を休んで一家+ウチの実家の祖父母で見に行ってきました。年中さん限定とは言え、さすがに5つの保育園合同だと人数も多く、体育館内は活発な園児が所狭しと駆け回っていたので、イオを探し出すのに一苦労でした。

運動会のプログラムは、先月行われた大運動会の延長みたいなものでしたが、他の年齢の園児がいない分イオの出番も多く、むしろこっちのほうが楽しめました。
一番面白かったのは、目的意識がはっきりしたときのイオの行動の素早さですか。普通のかけっこでは、みんなに遠慮してか後ろの方を走るのですが、オモチャがもらえるようなかけっこだと、走るのが速いこと。今度の運動会では、竿でも背負って、その先にニンジンぶら下げて走らせたら良いんじゃないかと思ったものでした。
ちなみに、こういう運動会は規模の大小こそあれ結構頻繁にやってるみたいで、普段保育園での生活の一端が垣間見えた気がします。最初から最後まで楽しめた運動会でした。

2008/11/10(月) 久しぶりに船長っと飲む
今日は船長っが出張でこちらに来るという連絡を受けて、久しぶりに飲みに行きました。嬉しいことにタカの出産祝いも頂き、雄志の方には心から御礼申し上げます。

飲み会では、もっぱら仕事の話(3割)と子どもの近況(6割)、その他(1割)で、珍しく昔話は出ませんでしたねー。爽太君も沙耶ちゃんも元気そうで何よりです・・・が、爽太君はこの間高熱を出して救急車が出る騒ぎになったとかで、気が抜けないこともしばしばあるようでした。コレを考えるとイオの強靱さには改めて敬服せんといかんと感じた次第です。
来年は対馬からの異動はほぼ確実と言ってました。是非市内に戻ってきて頂いて、3家族6チルドレンのドタバタ劇を実行したいと思います。
ただ、爽太君は来年小学校に入学するのですが、異動発表が3月末ギリギリにしか出ないというのは困りものですね。引っ越しは4月になると思いますが、それから学校探しとか入学手続きとかスムーズに行くんでしょうか。お役所にもそれなりの事情があるのでしょうが、もう少し公務員とその家族のことも考えて、フレキシブルに対応してもらいたいものだと、船長っの話を聞いて強く思いました。

2008/11/09(日) 肋間神経痛
嫁さんが急に「腰痛い」「熱ある」と寝込んでから翌日。熱は下がったので、どうやらインフルエンザではないと分かって一安心。しかし、相変わらず床から出るにも一苦労のようです。
そこで整体院に送っていったところ、骨がちょっとずれていたとかでそれが神経を圧迫していたようです。嫁さんは肋間神経痛と言われた、と言ってました。
一応整体をしてもらったおかげで、昨日のようなつらさからは解放された模様です。もしかしてタカを抱っこしたときにグキっとやったのかな。自分も気をつけなければ・・・。

2008/11/08(土) ドタバタ誕生日
11月が自分の誕生日と言うことで、今年はめがねを買ってもらうことにしました。今使っている眼鏡は、ずっとクルマの中に放置していたらコーティングが痛んでしまって、さしずめアポダイジングスクリーン(命名:船長っ)みたいになってしまって、夜に眼鏡をかけると全てが格子状に見えてしまうのでした。
ということで、市内中心部の行きつけの眼鏡屋さんに一家揃って行くことにしたのですが、なにやら嫁さんが「腰が痛い」ととてもつらそうなのでした。動くたびに腰から全身に激痛がまわり、まるでロボットのような動きです。かろうじて眼鏡屋に行って眼鏡を買うことは出来たものの、家に帰るとギブアップ。今度は熱まで出てしまいました。これはもしかしてインフルエンザか?
もはや父ちゃんの誕生日を祝うどころではありませんで、タカの相手にイオの相手と大忙しの1日になってしまいました。あまり熱がひどいようだと夜間救急も考えないといけないし、それを考えれば酒も飲むことができません。何ともわびしいバースデーでした。

2008/11/06(木) ニセY−da現る?
この日、自分は組合からの選挙フォロー要請を受けて、集めた後援会の方々に「今後とも○○党をよろしくお願いします!」と電話をかけまくっていました。
そんな中、不意に自分の携帯が鳴りました。ウチの親父からの電話です。何か用でもあったっけ?と訝りながら電話を取ると・・・

父: 「あれ?K(自分のイニシャルと思ってください)か?」
Y: 「へ?俺の電話にかけとって、Kも何もなかろうもん。何でよ?」
父: 「いや、お前さっき『電話番号が変わった』ってお母さんに電話せんかったか?」
Y: 「いや?そんな電話かけてないけど。」

すると今度は親父と母が電話の向こうで
父: 「Kは電話変えとらんってぞ。」
母: 「えーー!?そいじゃさっきの電話は何よ?」
父: 「そりゃお前オレオレ詐欺の電話やったっさ。」

何とニセY−da現る!!
ついに振り込め詐欺の電話がY−da家にも来たというのか。
電話フォローが終わった後、取るものもとりあえず実家に依ってみました。事情を聞いてみたところ次のような感じだったそうです。突然実家に電話がかかってきて母が取ったところ・・・

偽者: 「あぁ、お母さん?俺だけど。Kだけど(何と自分の名前を語るとは!)」
母: 「あら、どうしたとね。」
偽者: 「いや、実はさっき電話ば落としてしもうて、そいで電話番号が変わったっさ。」
母: 「あらまた、あんたもドジかねぇ」
偽者: 「で、新しか番号が080-****-****になったけん。」
母: 「はいはい・・・そいにしても何か声がおかしかね。」
偽者: 「うん、ちょっと扁桃腺ばやられてさ(何と、自分が扁桃腺が弱いことを知っているとは!)」
母: 「あらら、そいはまた。伊織はちゃんと送ったと?(全く疑う気配なし)」
偽者: 「うん?う、うん。それは大丈夫。一応明日病院行くから、その後に電話かけていいかな。10時ぐらい」
母: 「ああ、よかよか。その時間は家におるけん」

ということで、特にお金云々は言われることなく電話が切れたそうです。その後、上のやりとりを親父に話したところ、親父が不審に思って自分の携帯にかけてきて、ニセY−da発覚となった次第です。Kと名乗ったことと、扁桃腺というまさに自分の特徴をなぞらえたため、母はすっかりだまされたようでした。普段ニュースなどで振り込め詐欺の件が出ていますが、これを聞くと嘘を見破るのは難しいのかなと思いました。

ちなみに翌日ニセY−daから電話があるかと心構えをしていたのですが、結局かかってこなかったそうです。そして、その費の夕方市内で振り込め詐欺の被害が多発しているというニュースが出て、その中の一人(未遂ですが)が我がY−da家だったのでありました。

2008/11/05(水) 気になるあの子と遊べない
11月からイオのクラスに新しいお友達が来たんだそうです。
お世話好き(?)と言うか新しもの好きなイオは、「この子と遊んで仲良しになるの。」とお世話する気マンマンなのですが、押しが弱いので、どうしても他のお友達に先を越されてしまい、毎日のように「今日も○○○ちゃんと遊べなかったの。」ととても残念そう。

今日は、「あのね、今日ね。朝に○○○ちゃんと遊ぼうとしたら、□□□ちゃんから『○○○ちゃんとは□□□と二人で遊ぶから来ないで』と言われたの。もう、□□□ちゃん嫌い!」と不穏な発言。いやいや、そんなことで二人の仲に亀裂を入れないでくれ。父ちゃんとしては、解決策を教えてやらねばなりますまい。

自分: 「朝二人で遊んでるんだったら、お昼に○○○ちゃんと遊べばいいと思うぞ。」
イオ: 「えー?でもお昼は他の子と遊んでたんだもん。」
自分: 「誰と遊んだの。」
イオ: 「えーっとね、◇◇君に、△△△ちゃんに、×××くんに、□□□ちゃん。
自分: 「へ?□□□ちゃんとも遊んだの?」
イオ: 「うん。だって□□□ちゃん好きだもん。」


・・・・・子どもの世界って不思議だわ。この後腐れのなさが子どもの純粋さを表しているのでしょうね。
ちなみに、○○○ちゃんは?聞くと、「知らない」と言われてしまいました・・・・。

2008/11/04(火) チョロすけ全開!
最近、タカの異名は「チョロすけ」になっています。派生語として「チョロ」「タカチョロ」「チョロ松」とチョロにちなんだ言葉が続々。言うまでもなく、あっちこっちチョロチョロしまくって収集がつかなくなってきたからです。
朝はまだ鶏が鳴く前からウーウー唸って部屋中チョロチョロ。イオの顔面バチバチしてうるさがられるし、昼間は下手にドアを開けていればチョロっと冒険に出てそのまま転落(土間に行った場合)、夜も夜で布団に寝せればチョロチョロコロコロ。この活発さ、やっと男の子なんだと実感してきた今日この頃です。まぁ、イオの時もこんなんだった気がするのですが・・・。
今のところ、つかまり立ちはお茶の子さいさいになっていますが、伝い歩きはまだこれからと言うところです。歩き始めると、スーパーチョロすけに進化してしまうんでしょうか??

2008/11/02(日) プリキュアショーに行ってみたら
11月2日は、「干拓の里」という遊園施設でプリキュアショーがあると言うことで、一家揃って言ってみることにしました。ちなみに翌3日はゴーオンジャーショーがあるそうで、なぜかそちらにも興味を示すイオでありましたが、どっちか1つと条件を付けた結果、プリキュアショーになった次第です。
ショーは11:00と15:00の2回でした。自分たちが到着した10:30にはそこそこの人出になっていて、ショーが始まる直前はかなりの数に膨れあがっていました。プリキュア人気は相変わらずです。
ショー自体は昨年とほとんど同じで、着ぐるみ来た5人のキャラがエイヤエイヤと大活躍。新バージョンのプリキュアは、ベースの5人に加えて「ミルキィローズ」なるお助けキャラもいるのですが、こちらはショーには出ませんで、イオ・・・と言うより大部分の子どもたちはガッカリした様子でした。それでも、ストーリーが進めばそれなりに盛り上がっていたんじゃないかと思います。

ショーが終わるとサイン会と撮影会が開催。サイン会は色紙などでお金がかかるので、無料の撮影会の方に行ってみました。ところが、イオと自分が駆けつけたときにはものすごい長蛇の列になっていて、約1時間も待たされる羽目になってしまいました。立ちっぱなしでひたすら自分たちの番を待つイオと父ちゃん。一方、嫁さんの方はその間タカの相手で大変だったとか。

ショーが一通り終わった後、昼からビンゴゲームがありました。一応、干拓の里の入場券が一緒につくと言うことでしたから、まぁ息抜きにと3枚買って臨んだら、何とイオのカードがビンゴになって、「干拓の里年間フリーパスチケット」をゲット。今年のイオは何かとくじ運が強く、この分だと年末ジャンボはイオに買わせればきっと良いことあるかもしれません。期待したいモノです。

そういうわけで、プリキュアは見れるわ、くじには当たるわ、遊具施設で思いっきり遊ぶわで、イオにとっては大満足の1日となったようでした。タカが大きくなると、それこそ1日目は女の子向けのショー、2日目は男の子向けのショーと、連チャンでいく羽目になるんだろうなぁ・・・・。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.