ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年5月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の絵日記ダイジェスト
2016/08/12 夏のハウステンボス
2016/07/20 オオクワ オスのサイズ測定
2016/07/17 最後のネコが逝く
2016/07/04 実家のカブトムシ
2016/06/26 オオクワ 最後のサナギが成虫になる

直接移動: 20168 7 6 5 4 3 2 1 月  20157 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2008/05/28(水) パパより土産
6月は8日からタイの方へ出張してきます。1月に仕事でタイに行ったのですが、それの続きみたいなもので、約10日から2週間の予定。自分にとって一番気になるのは、イオが寂しがって「行くな」コールをしないかと言うことでしたが、最近は精神的にも強くなってきたみたいで・・・・、と言うか出張=お土産の構図が出来上がったみたいで、出張のことを言うなり、
イオ: 「ねぇねぇ、お土産はプリキュアのハンカチがいいなー」

・・・・タイにはプリキュアありません。ってかプリキュアのハンカチはこの前買ってきたばっかりじゃないか!
イオがリクエストするお土産は、実際置いていない物ばかりいうから困ったものです。
いやいや、それより寂しがってくれなくなってきたことに対して、少し寂しさを覚える父ちゃんでした。やっぱり成長してきているんだなぁ。

2008/05/25(日) イオコントショートショート
毎週日曜日19:30からNHKで放送されている「ダーウィンが来た」。この日の放送は南極に住む生き物の紹介でした。
冒頭のナレーションで「南極の孤島・・・・・」と流れたとき、イオが「パパ、コトウってなぁに?」と聞いてきたのでした。

自分:「ん?孤島ってねぇ、ひとりぼっちの島のことだよ。」
イオ: 「ふーん・・・。」

納得したのかしないのか、気のない返事です。どうも他に何か考えているようです。何かな?と思っていたら、
イオ: 「ねぇねぇ、コトウってオクヒデ先生のいるところ?


・・・・・・そりゃアンタ、五島ですがな。
この後、砂糖とか納豆とか出てきたら芸人に向いていたかも。

2008/05/24(土) リビング運動場が消える日(2)
この日はあいにくの雨。大物を運ぶ日には非常に都合の悪い1日でしたが、無事ダイニング・ソファとも届きました。
ソファはホームセンターで見るよりもかなり大きくて、レイアウトを考える余地すら与えられず、ドカ置き状態となりました。
運動場がなくなって、イオがぶつくさ言うかな?と心配したものの、思いの外あっさりしていて、「ソファとダイニングの間を走ればいいもん!」とトコトコ走っていました。昔と違って、割り切りが早くなったものです。まぁ、それよりもソファの上でピョンピョン跳ぶのが気に入ったからなのでしょうが・・・。
それにしても、掃除がやりづらくなったなぁ・・・。

2008/05/23(金) リビング運動場が消える日(1)
今の家に移り住んでから、今に至るまで我が家にはリビング・ダイニング用品が全くありませんでした。嫁さんの腰がなかなか上がらなかったためです。その間、リビングとダイニングは運動場と化し、イオの格好の遊び場になっていました。
ところがこの程嫁さんが「ダイニング用品を揃える」と言い出したのでした。理由は、食事中イオがあっちこっち立ち回るのをやめさせるためとか。更には「ソファも買う」と言い出しました。床にベタ座りでミルクを飲ませるのは結構辛いんだそうです。
こうなると、一気に部屋が狭くなってリビング運動場がなくなるのは避けられません。住み始めた当初は家具を揃えないと格好が付かないなーと思っていた自分も、2年もこの状態だと、逆に運動場みたいな今の方がイオたちにはいいかなと考え始めていただけに(掃除もやりやすいし)、少し寂しいものがあります。
品物が来るのは24日、イオが思いっきり部屋の中で遊べるのもあと少し。心ゆくまで遊んでくれ。

2008/05/22(木) お土産魔神の葛藤
出張で京都の方まで行ってきました。最近は短い出張だったら不満を述べなくなったイオのいつもの口上は、「お土産何を買ってくるの?」・・・(−−;
何が良いかと聞いてみると、「プリキュアのハンカチ」だそうです。思い当たるフシがあります。先日近くのデパートでプリキュアのハンカチを目ざとく見つけて、「今度これ買って」とおねだりしていたことがあって、しつこくそれを覚えていたようです。
しかし、キティちゃんのご当地お土産はたくさんあるのですが、ことプリキュアとなるとさっぱり置いてありません。逆に言えば、京都でなくとも地元で買えばそれで済みそうです。後はそれでいいのかどうか、父が葛藤するだけの話です。
  *プリキュアに拘るな。ここにしかないものを買った方がお土産になるじゃないか
  *いやいや、リクエスト以外の物を買ってきても興味を示さないかも知れないし。  などなど
散々考えた挙げ句出た答えは、京都でキティちゃんのご当地お土産を買って、近くのデパートでプリキュアハンカチを買って、さも向こうで買ったと見せかける事でした。何という親バカ・・・。
家に帰ってきた後、イオから熱烈な歓迎を受けました。が、出てきた言葉は「ねぇ、お土産買ってきた?プリキュアのハンカチ買ってきた?」・・・・(−−;
近くのデパートで買ったハンカチを見せると、「コレコレ!!」ととても嬉しそうでした。キティちゃんは・・・、まぁそれなりに喜んでくれました・・・・。

2008/05/18(日) BBQよりも友達よりも
今日はどろっぺパパたちのお誘いを受けて、一家でBBQに参加してきました。どろっぺママのお友達が一世に集まってのBBQということで、参加家族は7〜8家族ぐらい。当然、こちらはドロッペパパたち以外は初対面です。
週の初めに熱を出してダウンしたイオも、金曜日ぐらいには全快して土曜日は全開モード。何の心配もなく、参加させて頂くこととなりました。
ほとんどの家族に、イオと変わらない年齢のお子さんがいて(多分イオが一番お姉さんの部類)、お母さんたちは子どもの話で盛り上がっていました。自分としては、イオが他のお友達と一緒に遊んでいる隙にいろいろお手伝いしたり、写真を撮ったり、覚え立てのバルーンでも作ってあげたり云々を目論んでいました。が、蓋を開ければイオは父と共に我が道を突き進み、施設内にある遊具でひたすら遊んでいました。そう、ちょっと給水したら「早く遊びに行くよ」、ご飯をちょっと食べたら「今度はあそこで遊ぼう」、トイレで用を済ませたら「別の場所を探検しよう。」・・・こんな調子で延べ6時間、ずーーーーーっとハイテンションで遊んでいたのでした。おかげで、写真も風船もほんのちょっとやったぐらいで、お手伝いに至っては皆無。いやはや他の皆さんにはご迷惑をおかけしました。
6時間ほとんど休まず遊んでいたイオは、なかなか帰りたがりませんでしたが、クルマに乗ったらあっという間に落ちてしまって、夕飯もそこそこに翌朝まで起きることはありませんでした。こんなに遊んだのって多分初めてのことだったかも。

2008/05/16(金) イオの最近のマイブーム
アンパンマン→キティちゃん→プリキュアと、年齢に応じて少しづつ好みも変わってきているイオの最近のお気に入りはと言うと、「おねがいマイメロディ」です。キティちゃん同様サンリオシリーズのキャラクターなのですが、先日DVDをレンタルして鑑賞して依頼、すっかり目覚めてしまったようでした。
日々「新しいマイメロ(マイメロディの略称)は?」と督促し、父ちゃんからは「週末まで待て」とたしなめられています。絵柄はかなり小さい子向けで、物語も全体的にほのぼの系なんですが、意外と相手をバシバシ叩いたり、あまり好ましくない言葉遣いが出たりして、内容的にはちょっと考えるところがあります。プリキュアと違って、すんなり受け入れやすい雰囲気があるから、変に影響受けなきゃ良いけどなぁ・・・。
とか何とか思いつつも、今日もマイメロのDVDをお土産にレンタルしていく父ちゃんなのであった・・・。

2008/05/14(水) 久しぶりの発熱
ここ1年ほど、熱らしい熱を出さなかったイオが、久しぶりに39℃近くまで熱を出し、保育園を休む羽目になりました。夜には鼻血が吹き出し、鼻からだけではなくて口からも逆流するという、スプラッタ顔負けの悲劇にも見舞われ、一騒動でした。モモちゃんが帰省している間風邪引いてこちらも40℃近くまで熱を出したことがあったそうですが、どうもそれが移ってしまった模様です(実家のおばあちゃんもダウンしたとか)。
それにしても、前は38℃弱の熱でもバタバタ走っていたものですが、今じゃすっかりダウンしてしまうとは、身体の方も段々我々と変わらない造りになってきているんだなと思いました。
今週末はどろっぺパパたちとBBQの予定なんですが、果たしてそれまでに間に合うかな?

2008/05/09(金) 父の屈辱(その後)
アートバルーンを膨らませることが出来なかった、あの忌まわしい出来事の翌日、近くの玩具屋でアートバルーンセットを買ってきて、何とか膨らませようと努力を続けてきました。
が、今に至るまで膨らませることは出来ませんで、同梱の手動ポンプでシコシコ膨らませては、説明書片手にバルーンアートを作っているというこの事実。あの時の誓いはどこへ??
それはそれとして、できあがったオブジェは、顔が長くて胴が短いイヌとか、前足と後足の長さが半分も違うイヌとか、ろくろ首のようなキリンとか、尾がないトンボとか、とかくバランスが悪いものばかりですが、自分で作るとそれもまたアートのような気がしてくるから不思議です。このアンバランスさをウリにして、こうなれば、独学バルーンアート屋さんになってみるかと思う今日この頃。あの時の屈辱は一体??

2008/05/07(水) 土星さまさま、衛星さまさま
5月2日、拙HPの掲示板を見ると、コーチさんから嬉しい書き込みがありました。
3月にそっと応募した土星の写真が、星ナビに入選していたそうです。3月に天文ガイドで、4月にビクセンで、5月に星ナビで、と立て続けの嬉しい結果に、今年の運は早くも使い果たしてしまった感があります。
今回の写真も、土星面を横切る衛星の様子を写したもので、内容的には天文ガイドと同じでした。それが自分に幸運をもたらしてくれたのですから、全くもって土星さまさま、衛星さまさま、もはや土星に対して足を向けて寝られません。あと、普段お世話になっている機材にもお供え物をしようかと思っている次第です。
当地域では発売がよそよりも遅いため、自分の目で確かめられたのは5日のことでした。豪華な天体写真が紙面を飾る中、地味で冴えない拙作を見ると何とも申し訳ない気分になりますが、良い記念になったと思います。
それにしても、昔と比べると惑星の写真ってめっきり少なくなったなーと思います。これは天文ガイドでも共通なのですが、前はいろんな口径で撮影された惑星写真が結構な紙面を割いて掲載されていたような気がします。惑星写真を撮っている方がそれだけ少ないと言うことか、あるいは惑星分野はどれもこれも似たり寄ったりで花がないということなのか・・・。一抹の寂しさも感じた次第です。

2008/05/05(月) 勝負の世界は非情なり
イオとモモちゃんがカルタ遊びをしたと嫁さんから話を聞きました。何でもモモちゃんは既にひらがなが読めるんだそうで、それを聞いたとき、まだ満足にひらがなを読めないイオは勝負にもならんだろうな、と予想しつつ「で、どうなった?」と結果を聞いてみました。
すると、予想外にもイオが連戦連勝だったそうでびっくり。そうです。イオはかなは読めないのですが、形は覚えているのでした。つまり、「あ」を指して「これ何て読むの?」と聞くと「分かんない」と首傾げるにも関わらず、自分が「『あ』ってどれ?」と聞くと、ちゃんと「あ」を指す・・・こんな具合です。しかも目ざといので、モモちゃんよりも早く見つけることができたのではないかと思います。
まだ相手の心情を思いやる年齢でもないイオは、とにかくパッパパッパ取って取って取りまくり、最後にはモモちゃんは「もう、イオリちゃんと遊ばない!!」とふて腐れてしまったそうな。大人しそうに見えて、モモちゃんも実は負けず嫌いだったみたいです。

*それでも少し時間が経てばとても仲良しの二人でした。

2008/05/03(土) 端午の節句の一幕
5月3日はタカの初端午の節句をしました。ちょっと早めの節句となったのは、元々モモちゃんたちも来てもらうためだったのですが、モモちゃんたちは別用があると言うことで、両方の祖父母を呼んでの節句となりました。料理の方は、2年前の新築祝いで注文した仕出し屋に2日ほど前にお願いしておきました。
 自分: 「もしもし。えーっと、仕出しを6名分お願いします。端午の節句のお祝い用です。」
 仕出屋: 「ハイハイ、分かりました。それなら鉢盛りにした方が宜しいですかね。」
 自分: 「え?鉢盛り・・・(刺身とかを鉢に盛って、後はそれぞれの弁当を作るということか?)。え、ええ、できるんであればそれで。」
 仕出屋: 「ハイハイ、分かりました。では当日伺います。」

で、当日です。主役のタカはこの日珍しく大人しくて、祖父母に抱っこされても笑顔を振りまいています。この分だとみんなの注目がタカに行ってしまうと思ったのか、イオはイオであっちこっち走り回って自分をアピール。和やかなひとときが流れます。
その時、仕出し屋が料理を持ってきました。ちょうどお腹が空いていた頃だったのでグッドタイミングです。しかし、仕出し屋が持ってきた物を見て目が点になったのでした。
持ってきたのは本当に鉢盛り1個でした。これだけ?茶碗蒸しとかは?お吸い物とかは?ご飯類はどこですか?両者の間に無言の時間が流れました。そして、ようやくあの日の仕出し屋の言ってたことを理解しました。
 仕出屋: 「あ、あのーたしか鉢盛りと伺っていたんですけど?」
 自分: 「いや、こっちは刺身とか鉢にまとめられるものは盛ってもらって、後は弁当みたいなものを用意してもらえると思ってたんですがね・・・。いや、いいです。こっちの説明不足でした。」
 仕出屋: 「ゑっ!そうだったんですか!あの、まだお時間ありますかね。」
 自分: 「いや、もうこれからなんで。いいです、あとはこっちで準備しますから。」

ということで、このあと父ちゃんは近くのお店でお寿司パックとか、インスタントお吸い物とか買ってくる羽目になったのでした。いつものお店に頼んでおけばこんな事にはならなかったのになぁ。。。と思う反面、逆に安くついて懐の面では助かった端午の節句の一幕でした。

2008/05/01(木) 父の屈辱(2)
めろんちゃんに呼ばれて壇上に上がり、どんなお手伝いをさせられるかと思いきや、風船を膨らませてくれと言われました。この時、自分は「えらくまた簡単な。これならちょちょいのちょいよ。」と思ったものでした。
すーっと息を吸って、思い切り風船を膨らませ・・・・・・??え?膨らまねぇ!!!こんなはずでは。ぬぬ、気を取り直してもう一度。はぁはぁ、全然膨らまないぞ?身体が思い切り前屈状態になってもさっぱりです。こ、こんなはずでは。会場からは乾いた笑い。
そこですかさずめろんちゃんがフォローを入れました。
 め: 「だ、大丈夫ですか。実は風船を上手に膨らますコツは、膨らませる前に2、3回延ばしてみるんです。」

そう言いながら、ハイキックしながらビヨーンビヨーンと風船を延ばします。自分もそれにならって風船を何度か延ばしました。
 め: 「ダメですよ、ちゃんと、私と同じように足を上げないと!ホラ、イッチニ、イッチニ、ハイハイハイハイ」

えゑえぇ!?俺もかよ?アンタは化粧しているからいいかも知れないけど、こっちは素ですよ、素。しかし、何とか会場を盛り上げさせようとしているめろんちゃんには通じません。何というか「あなたがしないと、先に進めないわよ」と言わんばかりです。結局やらされる羽目になってしまいました。穴があったら入りたい。
はずかしいパフォーマンスを経て、ようやく「風船延ばしの行(仮称)」をクリアしました。再び気を取り直して膨らませます。今度こそうまく行くか。すーーーーーーーーーー・・・・・・ぷぉぉぉぉぉぉぉおおぉぉぉおおおぉぉ・ぉ・・ぉ・・・。やっぱり膨らみません。
 
 自: 「あ、あのー、ホントにこれ膨らむんですか?」
 め: 「簡単ですよ、ホラ、ぷーーーーー(めろんちゃんの風船はあっさり膨らんだ!)。」
 自: 「他にコツがあるんじゃないですか?」
 め: 「全然ないですよ。ホラ、ぷーーーーー(めろんちゃんの風船はシュッと膨らんだ!)。」

それから格闘すること数分間、やっぱり自分の風船は膨らむことなく、時間も押し迫っていることからめろんちゃんに膨らませてもらうことになりました。そして「ハートに乗ったプードルのバルーン」をパパッと作った後、手伝ってくれたお礼にと(お手伝いらしいことは何1つできなかったのですが)、そのバルーンを頂いたのでした。
イオのためにバルーンをゲットしたのはいいのですが、父ちゃんの心は屈辱感でいっぱいです。こうなれば、おもちゃ屋でしこたまバルーンを買って、自分で膨らませないと気が収まりません。残りのGWはバルーン膨らましの練習で過ごすことになりそうな予感です。
なお、この時の一部始終をモモちゃんのお母さんが(Y−daの)ビデオに納めていたのですが、これは門外不出の記録とさせて頂きます。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.