ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年8月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の絵日記ダイジェスト
2016/08/12 夏のハウステンボス
2016/07/20 オオクワ オスのサイズ測定
2016/07/17 最後のネコが逝く
2016/07/04 実家のカブトムシ
2016/06/26 オオクワ 最後のサナギが成虫になる

直接移動: 20168 7 6 5 4 3 2 1 月  20157 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2009/08/25(火) リンゴの言葉は赤さのしるし!
タカの言葉もだいぶん数が増えてきました。ブーブー(クルマ全般)、ウーカンカン(消防車)、ゴゴゴ(ショベルカーなど重機類)、チッコ(おしっこ)、パパパ(アンパンマン)、チャッチャ(飲み物全般)、バナナ、などなど。
ここ最近は、リンゴを覚えました。自分たちが「リンゴ取ってきて」というと、しっかりとリンゴを持ってくるあたり、リンゴを認識しているのは間違いないと思います。
が、今のところタカにはリンゴ、イチゴなど、その他の赤い物体との区別はまだついていないようで、この辺は「ワンワン」が動物全般を指しているのと変わりないようです。
たとえば絵本のイチゴを指さして、「リンゴ!!」と力を込めて説明し、
たとえば冷やしそうめんのサクランボをつまんで、「リンゴ!!」と嬉しそうに見せびらかし、
たとえばキャラクターの赤いフリルをめざとく見つけて、「リンゴ、リンゴ、リンゴー!!!」とテンションマックス。
リンゴは赤さの象徴というところでしょうか。そのうち、イオの鼻血を見ても「リンゴ!」と言いそうな気がします。

2009/08/22(土) イオコントショートショート(34)
みんなで郊外の西松屋に買い物に行ったときのこと。途中ホームセンター「ニトリ」の看板をイオがめざとく見つけて、
イオ: 「ねぇ、あの緑の看板、何て書いてあるの?」
自分: 「んー?イオはもうカタカナ読めるやろ?何て書いてるか、読んでみ?」
イオ: 「えーっとね。『ことり』って書いてる。」

えー?違う、そりゃ違う。ありゃ「ニ」だよ。カタカナの「コ」は、「二」に縦棒がつくやろうが。
と言ったんですが、後ろから母ちゃんがフォローが。
母ちゃん: 「違う違う。カタカナの『ニ』が、ひらがなの『こ』に見えてるんよ。」

・・・・はっ!そう言えば、確かにゴシックの「ニ」は「こ」に見えるわ!!

2009/08/18(火) 父ちゃんが凍った日
最近は、自分も不精者になったもので(いや、前からやろという突っ込みは受けません)、会社から帰ってきたらバッグを玄関に置いたままほったらかしにすることが多くなりました。その日も上がり框にバッグを置いたままにしていたら、翌日タカがバッグの中にある財布やら何やらを引っ張り出して、こともあろうに財布の中身までぶちまけたのでした。
この時自分はイオの歯磨きの仕上げをしていたのですが、玄関の方から母ちゃんが「おーい、タカがバッグの中身を出しよるよー。」と言ってきたので、やれやれと思いつつ玄関に行ってみると、そこには財布の中身を出して喜ぶタカと、腰に手を当てて冷たい視線でそれを見守る母ちゃんの姿が。
何と、先日友人と飲みに行ったときに、スナックの姉ちゃんからもらった名刺(3枚ぐらい)までぶちまけているではないか!!しかもどことなく整然と並べられた状態で!?
こ、これは、タカよ、何てことしてくれた。
このあと修羅場になったかどうかは皆さんのご想像にお任せします。

2009/08/09(日) 今年もハチ退治
ハチがエアコンの室外機の中に巣を作って、ハチ退治で騒動を巻き起こしたのが2年前。巣は作らなかったものの、家の周りを徘徊していたので撃退したのが昨年のことでした。
今年もきっと来るだろうと思っていたら、やっぱりいました、アシナガバチ。こちらの注意が緩んだ隙に、一昨年とは別の室外機の周辺をブンブン飛び回っていました。まずは室外機の周りのハチを撃退し、ハチが出てくる様子がないことを確認して室外機の中をのぞくと、一昨年と同じくらいの巣が作られていました。幸い、奥まったところではなかったので、排気口から巣をめがけて殺虫剤を吹きかけ、これも撃退。しめて成虫8匹、幼虫10数匹が天に召されることとなりました。
相変わらず殺生するのは気が引けますが、これもタカのため、イオのため。来年こそは我が家に来ないでくれよ、と曇り空を仰いで涙するY−daでありました(いや、泣いてない泣いてない)。

2009/08/08(土) ミュージカルショーでおおはしゃぎ
8日は、イオが待ちに待っていたプリキュアミュージカルショーがありました。去年は自分の都合が合わず、祖母ちゃんと一緒に行ったのですが、今年は自分が連れて行くことが出来ました。

第1部40分、休憩10分、第2部40分と、結構長丁場のショーでしたが、大人でも十分楽しめる内容になっており、親子ともども最後まで飽きることなく観覧することが出来ました。
特に、つい最近テレビに登場したばかりの新キャラも出演したことは、観覧に来た子どもたちには大好評だったみたいで、イオと同じくらいの歳の子どもたちが、次々に繰り広げられるダンスや戦闘シーンに、絶えず歓声を上げていました。周りがこんな調子だったので、イオも「安心して」声援を送ることができ、帰りのバスの中で鼻血を出すほど楽しめたようです(タオル1枚血まみれにして、周囲をビックリさせました)。

なお、会場ではプリキュアグッズの販売もありまして、去年キャラ入りの団扇のみに終わったイオは、今年はミュージカルショーのパンフレット(1000円!)と、キャラが入ったキーホルダー(500円!)をチョイス。しかも「ももちゃんの分も買う!」と言うことで、キーホルダーのみ更に追加。父ちゃんの場合だと遠慮無しですなー。

お次は10月の映画です。ミュージカルを満喫できたイオの心は、早くもそちらの方に飛んでました。

2009/08/05(水) 爆弾公園
帰宅するなり、イオから衝撃的な発言が!

イオ: 「パパ!今日爆弾のある公園に行ってきたよ!」
自分: 「は!?ば、爆弾公園?」
イオ: 「そうそう、爆弾が落ちた公園に行って、鶴の折り紙やってきたの」

どうも、平和公園のことを言ってるみたいです。それから、爆弾にまつわるイオ節が炸裂。
イオ: 「パパ!爆弾はね。アメリカと日本がケンカして、怒ったアメリカが落としたんだって!」
自分: 「そうそう。で、何でケンカしたの?」
イオ: 「それはね、アメリカと日本が、『お野菜あげない!』って言って、ケンカになったんだってよ!」
自分: 「はぁ?」
イオ: 「それでめ、麻生総理とハゲ坊主がケンカして、ハゲ坊主が爆弾落として、いっぱい人が死んだんだよ!」
自分: 「は、はぁ・・・」
イオ: 「爆弾落として、子どもも死んだし、おばあちゃんも死んだんだって。パパ、これってどっちが悪いの?」
自分: 「どっちが悪いんだろうねぇ」
イオ: 「(話がコロッと変わって)でさ、爆弾はどうやって落としたの?」
自分: 「そりゃ、飛行機にぶら下げて落としたっさ」
イオ: 「飛行機につけたとき爆発すったい!」
自分: 「爆発せんかったっさ」
イオ: 「ふーん・・・。で、何で日本とアメリカってケンカしたと?」
自分: 「ちょっ、待て。さっきお前がお野菜上げないからケンカになったって言ったじゃん」

その後も、とりとめのない話が延々続いたのでした。

2009/08/04(火) 指切った
帰宅すると、久しぶりにイオが出迎えに来てくれました。・・・が、左手の中指が包帯でぐるぐる巻きになっています。
ビックリして聞いてみると、保育園でお料理している最中、包丁で指を切ったんだとか。ついにやったか!
治療は保育園でしてくれるとかで、どの程度の傷か分からないのですが、たまに「血がドクドクする」と言っていることから、結構傷は深いのかもしれません。プールもしばらくお休みなのだそうです。
しかし、そんな傷を負っても泣かないところはさすがです。父ちゃんだったら多分大泣きしていたかも。

2009/08/02(日) もも帰る!
2週間ほど帰省していたももちゃんがついに東京に帰る日が来てしまいました。
空港まで見送りに来たイオは、最初の方は笑顔で見送りしていたのに、飛行機が動き出すとオイオイ泣き出すではありませんか。最初から最後まで、お姉ちゃんらしい一面を見せることが出来ませんでしたが、まぁ、そこがイオらしいと言えばイオらしいかな、と思います。
一方、タカは展望デッキの滑り台で遊んだり、飛行機が離着陸する様子を興味深そうに眺めたり、と、お友達が帰っていくことに関しては(当たり前ですが)無頓着な様子でございました。

2009/08/01(土) 夜市で頑張る
今年も保育園で夜市がありました。イオにとっては最後の夜市(とは言っても、タカがいるので来年以降も夜市にはさんかできますが!)になります。
今年は、例年と少し趣向が違っていて、各出店に年長さんが(30分ほど)入って、お手伝いをするんだそうです。かき氷屋にレストラン、ヨーヨー吊りなどから好きな店を事前に選んだそうですが、イオが最初に希望していたかき氷屋は多くのお友達が殺到したらしく、自ら身を引いてレストランの方に回ったとか。人が良いのか、席の取り合いをあまり好まないイオらしいというか。
で、夜市当日。店のお手伝いの関係でちょっと早めに保育園に行き、早めの夕食を摂った後、いよいよお手伝いに入ります。レストランには5人のお友達が参加し、役割分担を決めることになりました。
 先生: 「じゃー、今から担当を決めたいと思いまーす。」
 年長: 「はーい!」
 先生: 「お手伝いしてもらうのは、お食事券をもらう人とー、お盆にカレーを載せる人とー、それをお客さんに持っていく人でーす。」
 年長: 「ふんふん。」
 先生: 「じゃ、まずお食事券をもらってくれる人、手を挙げてー!。」
 年長: 「(5人全員)ハーイ!!
 先生: 「み、みんな?えっと・・・、じゃあお盆にカレーを載せる人を先に決めようか。誰かいるかな!?」
 年長: 「(5人全員)ハーイ!!←周りは爆笑
 先生: 「ちょ・・・。じゃあ、カレーを運んでくれる人から決めよっか。運んでくれる人っ!!」
 年長: 「(5人全員)ハーイ!!←周りは大爆笑
 先生: 「・・・・。まずみんなで相談してから決めて下さい。」
 年長: 「(5人全員)ハーイ!!
ほとんどパブロフの犬状態でした。この後、お友達で円陣を組んであれやこれやと協議をした結果、イオはお食事券担当になりました。
さて本番。威勢良く「いらっしゃいませー!」と呼び込みをしたり、チケットをもらって「カレー3杯作って下さい」と先生に指示したり、手際よくカレーを載せてサッと運んでいったりと、なかなかどうして、みんな上手にお店の手伝いをこなしていました。将来ケーキ屋さんになりたいというイオですが、この分だといい店員になるかも。
その後、ももちゃんたちも遊びに来てくれて、お手伝いが終わった後は、一緒にいろんなお店を回って楽しんでいました。お店のお手伝いをやったという達成感、大好きなももちゃんと夜店を回れるこの嬉しさ、今年の夜市はイオにとって充実したものになったと思います。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.