ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2010年11月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2016/08/12 夏のハウステンボス
2016/07/20 オオクワ オスのサイズ測定
2016/07/17 最後のネコが逝く
2016/07/04 実家のカブトムシ
2016/06/26 オオクワ 最後のサナギが成虫になる

直接移動: 20168 7 6 5 4 3 2 1 月  20157 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2010/11/27(土) 見えた!撮り逃がした!!
前回やっと日中の水星観望に成功したものの、少し目を離した隙に見逃してしまい、そのまま見つけることなく終わってしまったあの悔しさを晴らすため、今日も日中の水星観望に挑戦してみました。先の失敗を繰り返さないため、モータードライブのコントローラは常に手元に置き、眼視でのピント位置もチューブに書き込み、更には接眼レンズと目の間から入ってくる太陽の光によってコントラストが低下しないよう、タカのはんてんを頭に被って挑んでみました。

いつものように太陽を中央に入れてから、目盛環を使って水星があるであろう位置に望遠鏡を動かし、ドキドキしつつ望遠鏡をのぞいてみました。すると・・・・
水星がはっきりあっさり見えるじゃない!!

何と、これまで苦戦したのが嘘のように、今日はかすかに輝く小さい水星が簡単に見つかりました。中央から少し外れているため、水星から目を離さないようにしつつモーターを動かして中央に入れます。中央に入れてしまえば、そう簡単に見失うことはありませんが、今日はこれまでと違ってよく見えますので、多少中央から外れていても視認することはそう難しくなさそうです。
苦節ン年、やっと水星を昼間に見ることができました。

いやいや、これで終わりではないです。日中の水星を撮影して証拠を残すことで、初めて日中の水星観望が「成功」となります。
しかし、この撮影が困難を極めました。何しろ、見えたとはいってもバックにとけ込みそうなかすかな見え方ですので、モニタ上のどこに水星があるのか分からないのでした。ピントはおおよそ合っているはずなのですが、それでもバックと水星の見分けが付きません。1時間ほど格闘したものの、ついに水星が入っているという感触をつかめないままタイムアウト(お出かけタイム)。見ることは出来ましたが、撮影への道のりはまだ険しかったです。今度こそ見る!撮る!の両方を制覇したいと思います。

2010/11/24(水) ブタさんマイフレンド
タカのお気に入りのブタさんが「タカのもの」になってから1年経ちました。昨年イオが景品としてゲットしたのですが、タカがどうしても欲しいと言い張り、やむなくタカに上げてしまったこのブタさん、どうせすぐに飽きるだろうと思ったら、なんのなんの、寝るときも食べるときもお出かけするときも肌身離さず状態でした。
この間、キティちゃんのぬいぐるみとか、ポケモンの人形とか色々タカのお土産としてあげましたが、このブタさんの前には通じません。きっと、のどかな笑顔がタカの心を癒すのでしょう。
来年もやっぱりマイフレンドはブタさんになるのでしょうか。そうなってほしいような、ほしくないような??

2010/11/23(火) 見えた!見逃した!!
最近は日中の金星観測(撮影)を定期的にやってますが、水星の日中観測は太陽面通過以外はまだ成功していません。機会がある度に何度も挑戦を試みたものの、バックの明るさにかき消されるのか、なかなか捉えることが出来ず今に至ります。そう言えば、数年前に一度見たような記憶がありますが、今となってはあれが水星だったのかどうか怪しいところです。
何としても見たという感触をつかむために、今日も水星観望に挑戦してみました。
ベランダからの観望ですが、赤道儀の極軸はしっかり合っていて、このところの金星観測は全て目盛環での導入。おおざっぱな入れ方でも視野のどこかには必ず入っているので、水星もまず入れられるに違いありません。
現在の水星は太陽から大きく離れていて、明るさも0等級。この離角と明るさならかろうじて見えると思います。
そうして挑戦すること30分・・・・、何と視野の中央から少し離れた場所にかすかに光る物体発見!間違いなく水星です。おお!やった、これこそ水星に違いない!さ、早速真ん中に持ってこなくては!
とモータードライブのコントローラを取ろうと少し目を離したら、その後水星の姿を見つけることが出来なくなってしまいました。え?確かここにいたはずなのに、何で見えないんだ!

水星は視野の中に必ずあるはずなのですが、どうしても見つけることが出来ませんでした。1時間ぐらいあちこち探して結局断念。撮影に至らなかったのは痛恨の極みでした。
でも、わずか一瞬の出来事とは言え、水星を日中に見つけられたことだけは今後の大きな自信につながったと思います。今度こそは撮影に至るよう頑張ろうと思います。

2010/11/21(日) 創立50周年記念
今日はイオが通う小学校で文化の日の催し物がありました。今年は創立50周年ということで、午後からはOBのさだまさしを初めとする数名の著名人を呼んで、いろいろイベントを繰り広げるらしいのですが、一般の保護者はそれには参加できないそうで、午前の部の児童の発表会のみ見てきました。
イオを含む1年生は、「アイウエオリババ」という、「アリババと盗賊」の物語をもじった演劇を披露。イオは語り手としてナレーションを務めていました。演劇は保育園の時も経験してはいますが、広い体育館で多くの児童を相手に披露するのは多分初めてでしょうから、さぞ戸惑うかと思いましたが、しっかりお役目を務めたことはほめてあげたいと思います。
午後のさだまさしを囲んでのイベントでは、5月の運動会で日宇労した「がんばらんば体操」を見せたそうです。どういう感想をもらったのか聞けませんでしたが、本人いわく「ちゃんと踊れたよ」。きっといい思い出になったことと思います。

2010/11/19(金) 富士山雪化粧
約1週間の静岡滞在もこの日が最終日。
出張先の彼の地は来たに富士山を眺望できるうらやましいところですが、たいていは雲が山頂付近を覆って、全景を見る事が出来る日、もしくは時間帯はかなり限られました。
が、この日の朝は雲1つなく頂上までくっきり見える絶好の天気。雪化粧した富士山が青空に映えて、心まで洗われるような美しい景色でした。携帯カメラで何枚か撮りましたが、せめてコンパクトデジカメぐらいを持ってくりゃ良かったと、かなり後悔しました。
今度ここに来るのは多分来年1月になるかと思いますが、このときに再挑戦したいと思います。

2010/11/14(日) その物欲はワタシのせいではありません
今日から1週間出張で静岡の方に滞在しますが、日曜日という事もあり、早めに出発して静岡に向かう途中でマッツン様と飲みに行く事にしました。彼の「幸せプロジェクト」の近況を聞くのが目的だったんですが、そんな危険を察知したのか、待ち合わせ先で会うやいきなり「望遠レンズってどれがいいと思う?」と切り出され、目が点。大体、一般撮影は専門外ですんで、望遠レンズのことを聞かれても・・・・。
マッツンは先月だったか高級なデジタル一眼レフを購入し、それ以来時間があれば撮影の練習に余念がないのだそうです。その結果、標準レンズだけでは物足りなさを感じ、ここ最近望遠レンズに食指が動いているらしい(その裏には船長っの暗躍があったとか無かったとか?)。おお、ここにも物欲の権化が!!

・・・いやいや、幸せプロジェクトはどうしたんですか!?
なんとかしてその話に持って行こうとしましたが、今日のマッツンは手強すぎ。飲んでいる最中もカタログを広げて、「どの望遠レンズがいいと思う?俺はねぇ、これ狙ってんだけどさ。」と、延々マッツンの<思い>を聞く羽目になりました。違う!自分が聞きたい<思い>はそんなんじゃなくて、もっと別のことなんです。
しかし、話の合間合間に幸せプロジェクトの近況に話を戻そうとしても、この日はマッツンお得意の話題そらし術が冴えに冴え、まるで荒れ狂う(?)猛牛を華麗にスルーする闘牛士のようでした。今回は幸せプロジェクトの今後を予測させるようなネタを仕入れることは出来ませんで、残念!!

ところで、物欲に絡め取られてしまったこの男、原因は何とY−daにあるとのことで、冒頭「もうさ、Y−daの物欲が移ったみたいだよ。」と言われてしまいました。
ちょっと待て!お前にカメラ買うきっかけを作ったのって、船長っだったじゃないですか。おまけに望遠レンズを買いたくなったのも、マッツンが写真にはまった結果のことであって、自分はどこにも関与してないじゃん!
・・・と抗議したものの、マッツンお得意にそらし術の前には、闘牛士に華麗にかわされる牛に過ぎませんでした。
彼にしてみれば、この欲望の発信元は何が何でもこちらにしたかったみたい??
くそ、あらゆる意味で今度は負けん。

2010/11/10(水) 根気がない男
タカはやる気はあるけど根気が続かないのが玉に瑕。
パジャマのボタンを「じびんではめる、とっ!!!」と親の手伝いを拒んだかと思えば、ものの5秒も経たないうちに「できなーーーーい!!」と発狂し、靴履きを手伝おうとしたら「じびんでやる、とっ!!」と言うので、ちゃんとできるか見てみたら、ものの10秒もせずに「できん〜〜〜〜〜〜!!!」と泣きわめき・・・。
今日も、どこかで「できない〜〜〜〜〜!!(怒)」の声がこだましております。今度は一体何に根負けしたのやら?

2010/11/07(日) 意見が合わない姉と弟
今日は晴れたので、家族みんなでクルマでおでかけ。
線路沿いのいつもの道を通ると、向こうで踏切がなっているので、どうやらそろそろ電車が通るみたいです。電車好きのタカはもう興奮状態。「電車よ!電車!電車がくるよ。大きいよ!」とまだ通ってもいないのに、電車の大きさを断言しています。

まもなくして、後ろの方から勢いよく橙色の電車がすぱーっと通っていきました。それを見たふたりは同時に
タカ: 「大きい!!!」
イオ: 「ちっちゃ!!」


あまりのタイミングの良さとお互い逆方向の感想に、親二人とも大笑いした次第です。

2010/11/05(金) お土産ロックオンする男
出張から帰ってきました。
この日は嫁さんが保護者会やら何やらで家にいないため、子供らは実家の方で面倒見てもらっていました。
仕事から帰って、9時頃実家へ迎えに行ったら、イオもタカもまだまだ起きていて、自分の姿を見るなり

イオ・タカ: 「おみやげはーーー?」


お前ら、第一声がそれかよ!
特にタカがしつこいしつこい。

タカ: 「パパー、おみやげはぁ?」
自分: 「お土産は、お家にあります!」
タカ: 「ねぇねぇ、おみやげはぁ?」
自分: 「だから、お家に帰ってからあげるけん。」
タカ: 「おみやげー、おみやげないのー?」
自分: 「だけんが、家に帰ればあるっちゅうとろうが!!」
タカ: 「(キョロキョロ)パパー、おみやげはぁ?」

自分の中で何かが壊れた気がした・・・・ってことはないですが、相変わらず人の話はスルーするタカモードに疲れが倍増した夜でした。

2010/11/01(月) 手のひら返しがうまい男
バスとかトラックとか、クレーン車などの工事車両とか、消防車やパトカーなどのサイレン物とかを見つけると、やたらバーサク状態になるタカ。ドライブしているときはこの相手をするだけで結構大変です。

タカ: 「あー!ホラホラホラ!バチュよバチュ!園バチュだ!!」
自分: 「あ、ほんとねー、普通のバスだけど。」
タカ: 「あっ、またバチュよ!その後ろにもバチュ!2ついるよ!!」
自分: 「すごいねー、バスが二台も続いているねー。」
タカ: 「・・・どこに?」


ちょっ、お前が2つ見つけたやん!!

・・・・・・・その後

タカ: 「パパ!パパ!今度はブルドーザーよ!ブルドーザー!おおきいよ!」
自分: 「タカ、ありゃショベルカーちゅうとよ。ブルドーザーじゃないと。」
タカ: 「違うもん、あれはブルドーザー!」
自分: 「えー?そうかなぁ、ブルドーザーかなぁ。まぁいいわ、ブルドーザーにしようか」

・・・・・・・そして再びショベルカー発見。

自分: 「あ、ほらほらタカ、ブルドーザーがあるよ。」
タカ: 「・・・・・ショベルカーたい。」

父ちゃんガーーン・・・・・。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.