ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2014年6月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記ダイジェスト
2016/08/12 夏のハウステンボス
2016/07/20 オオクワ オスのサイズ測定
2016/07/17 最後のネコが逝く
2016/07/04 実家のカブトムシ
2016/06/26 オオクワ 最後のサナギが成虫になる

直接移動: 20168 7 6 5 4 3 2 1 月  20157 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2014/06/20(金) カブトムシ近況
先月末から今月中旬初めにかけて、5匹のカブトムシの幼虫は全部サナギになりました。
そのうち、3匹は成虫になったのですが、土の上でサナギになってしまった2匹(♂、♀)は、まもなく死んでしまいました。
1匹(♂)は、比較的きれいな体で土の中から出てきて、今のところ元気そうです・・・が、思ったよりも外が寒いのか、土の中に潜ったままでエサにかぶりつく様子は見られません。。。

残りの2匹は・・・?1匹はどうもダメそうです。一番最後にサナギになった方は、モゾモゾ動いていますし、体も黒くなってきましたので、来週あたりには成虫になるかも。オスかメスか、それがきになるところですが。。。

2014/06/18(水) もう幻のトマトとはいわせない?
毎年ミニトマトの栽培にチャレンジしながら、収穫量は1桁台(しかもほとんど前半)と全く振るわず、その希少性から「幻のトマト」と自称して自らを慰めていました。

今年こそは、と懲りずにチャレンジ。

例年と異なるのは、@苗を早めに買う(いつもは7月になってから。今年は5月)、A苗を買う場所は選ばない(いつもはナフコ。今年はMr.Max)、B土は去年の古いやつを使う(いつもは毎年入れ替え)・・・・ことでした。

するとどうでしょう。
まだ予想値ながら、確実に収穫できそうなトマトは20個超になる見込みです。まだ青々したトマトばかりですので、収穫できるかどうかは今後の成り行き次第ですが、これまでは咲いた花すら1桁に止まっていたのに、今年はまだつぼみがいっぱい出来ていることからすると、大幅な記録更新は間違いありません。

もう、「幻のトマト」とは言わせないぜ!!

2014/06/11(水) コオロギ近況
先月孵化したと思ったら、その後たった1週間で爆発的に増殖してしまったコオロギたち。
その後、定期的に近くの公園に放したり、家の庭に放したり、実家の庭に引き取ってもらったりで、現在50匹ほどのチビどもがワラワラとかごの中で動き回っています。
孵化した当初は2mm程度しかない小さな幼虫だったのに、数回の脱皮を経て、今では大きいモノで体長1.5cmほど。見た目にはそれよりも大きく感じられます。これがあと数ヶ月もしたら、さらに2倍以上も大きくなるのですから、しばらくしたらまた放虫をしなければなりません><

ちなみに、これまで放虫は7回ほど実施しました。1回当たり20〜30匹ぐらい放したので、そこから逆算すると、最盛期には250匹超のコオロギがかごの中にいた勘定になります。
たしか去年は雌のコオロギは2匹ぐらいしかいなかったはず。単純計算で1匹150個ぐらいの卵をうんでいたのかもしれません。
恐るべきはコオロギの繁殖性でしょうか・・・。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.