ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2019年5月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新の絵日記ダイジェスト
2020/08/08 オオクワ材割り 今年は低調っぽい
2020/08/06 EM200異常なし
2020/08/04 去るオオクワいれば やってくるカブトあり
2020/07/26 オオクワ脱走!
2020/07/25 タカ 中総体で(多分)頑張る

直接移動: 20208 7 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  20168 7 6 5 4 3 2 1 月  20157 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 月 

2019/05/03(金) 星見に出張ってきました
今年のGWは10連休。
月回りもいいので、「10日連続で直焦三昧も夢ではないぜ」と期待していたのに、現実はそうそう甘いモノではなくて、当地は雨とか曇りとか薄曇りとか、星見には全然イケていない日が続きました。

そんな中、本日は日中からすっきり晴れた青空で、今夜いっぱいは雲のない空が続く見込みだったので、満を持して「海辺の旧道」に出張ってきました。

一番の目的は、みなみじゅうじγ星。
夜になっても透明度は良く、双眼鏡でもオメガ星団よりも南の方まで星が見えていたので、ひょっとすると写真なら写ってくれるかもしれないという期待が高まりました。
しかし、いつも構えている場所だと、γ星がちょうど南中の時に突き出た岩にさしかかるのが難点。
果たして今回も、眼視はもちろん写真でも認めることが出来ませんでした。残念!
今年挑戦できる機会はかなり限られてきましたが、次回は場所を変えて臨んでみたいと思います。

一方の直焦撮影の方はというと、何故かこの日はAXDの調子が悪くモータが脱調しまくりでした。この一晩で何度エラーのビープ音が夜空に響いたことでしょう><;
カメラのプレビューではあまり影響はしていないようにも見えましたが、画像処理の段階で目が点にならないことを祈るばかりです。。。

ところで、船長っは諸塚の方に遠征していたようで、ブログを見るとこの日も含めて何と3日間も現地に滞在しているとか!!
変わらないバイタリティーさに心から脱帽です。

*この日撮影した干潟星雲です。コンポして、とりあえずトーン調整をしてみました。


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.