梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2008年7月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記ダイジェスト
2020/02/24 今日から喜楽館は鉄道ウィーク
2020/02/23 山陽ひとり旅
2020/02/22 事務仕事の日
2020/02/21 遂にコロナウイルスの影響が・・・
2020/02/20 てっちりの日

直接移動: 20202 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2008/07/26(土) こんなになった?
 今日は午後から、通天閣の下にあるTENGEKIに出演しました。この劇場に出演するのは初めて・・・その昔、ジャンジャン横丁にあった「新世界新花月」以来、この地の舞台に上がります。
 息子も一緒に行ったのですが、かなり小さなときにおじいちゃんに連れてもらったので、記憶に残っていなかったようです。通天閣をこんなに近くで見るのは初めてだと喜んでいました。次回は展望台まで昇ってみようと思います。
 その通天閣の周りには、家族連れやアベックや若い女性、観光客がいっぱい。串かつ屋とビリケンさんの像の多いこと。昔のイメージとは全く違う観光の街になっていました。
 TENGEKIは、二回公演ともほぼ満席。前半は漫才、後半は落語と別れています。落語の番組は「十徳」松五・「閑所板」風喬・「野ざらし」鶴二と二回とも続き、私は一回目「竹の水仙」、二回目「鬼の面」・・・舞台も昔の新世界のイメージと全く違って、落語をやり易い劇場でした。噺家になって新世界でこんなにウケタのは初めてです。
 新世界がこんな街になるなんて・・・東京の浅草みたいです。

◎新世界の街と大阪のシンボル通天閣◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.