梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年4月
前の月 次の月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の絵日記ダイジェスト
2020/07/13 退屈な月曜日
2020/07/12 酉年生まれ同年齢の三人会
2020/07/11 小梅は連続の仕事
2020/07/10 初の一門会
2020/07/09 番組編成会議に出席

直接移動: 20207 6 5 4 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2009/04/14(火) 別れ・・・涙雨?
 朝から雨が降っています。嫁さんに頼まれていた用事を昼からやっていました。
 夕方から阿倍野へ・・・今日は3月30日に亡くなられた露の五郎兵衛師の召天記念式があります。会場に入りきれない人達が来られて献花をされていました。
 私は梅團治襲名の際、当時、上方落語協会会長で、しかも一門の親戚筋に当たる五郎兵衛師(当時:五郎)に大変お世話になり、大都市で開催された襲名披露公演の口上では、ほとんどの公演で並んで頂きました。そして、あのときのパワフルな高座、「浮世床」が忘れられません。
 五郎兵衛師は2003年に洗礼を受けてクリスチャンになられたそうです。私は無宗教で、よく分かりませんが、天国で神様に楽しい噺を聴かせてあげてください。
 帰る頃には、益々雨が激しくなって・・・昭和の落語の灯がまたひとつ消えた涙雨でしょうか?「どうぞ、やすらかに・・・」

◎参列者に配られた品から◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.