梅團治の「梅満会」日記
ホームページ最新月全表示|携帯へURLを送る(i-modevodafoneEZweb

2009年6月
前の月 次の月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の絵日記ダイジェスト
2020/04/05 受験勉強のように・・・
2020/04/04 大阪の桜は満開なのに・・・
2020/04/03 家族も十人十色
2020/04/02 無観客の高座
2020/04/01 長期戦の覚悟

直接移動: 20204 3 2 1 月  201912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201412 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201312 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201212 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201112 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  201012 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200912 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200812 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200712 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200612 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200512 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 月  200412 11 10 9 月 

2009/06/04(木) 西宮もすっかりイメージが・・・
 昼前に家を出て阪急梅田駅へ・・・ここで、今日の落語会を世話してくれたK氏と酒井くにお、とおる師と合流しました。
 阪急の特急電車で西宮北口へ・・・久し振りにこの駅で降りました。駅から兵庫県立芸術文化センター中ホールへ向かって歩く景色は昔の西宮とは全く違うものでした。震災で大きく変わったようです。西宮球場も無くなってしまって・・・昔、絵で見た近未来都市みたい。いつの話や!まぁ、それだけ西宮には来ていなかったという事ですけど。
 ホールも立派なホールで、収容人数800名。こんなに来るのかなぁ?と思っていたら何と8〜9割の入りでした。
 番組は「転失気」梅團治・『漫才』酒井くにお、とおる・「竹の水仙」梅團治でした。私が若い頃、ビンゴゲームの司会をしていた時のスタッフM氏も楽屋見舞を持って来てくれました。
 梅田で出演者と別れてヨドバシカメラへ・・・チラシの印刷でインクが無くなってしまったのを補充しておかないと。
 帰ってから電話の嵐・・・夕方には準備が出来て出発する予定だったのですが、すっかり夜になってしまいました。

◎開場前の兵庫県立芸術文化センター中ホールの高座から客席を撮影◎


 Copyright ©2003 FC2 Inc. All Rights Reserved.